スペイン マルケス・デ・ヴィトーリア クリアンサ 2002

昨晩は奥さんの郷里のお祭り。 親戚が集まっての飲み会があるので、奥さんは帰省。 ボクは出張で間に合わないので、今回は帰省を見送り。 というわけで、今週末も独り宴会です。 羽田空港からの帰り、新丸ビルの成城石井でワインを仕入れて、 同じくイルカランドリーノ・ドルチェサラートで手に入れたスペインのサラミをツマミに、独り飲み。 今夜のワインはこちらです。 スペイン マルケ…

続きを読む

独りで過ごす日曜日

永遠に終わらないんじゃないかと思った今年の酷暑。 でもボクが気がつかないうちに、秋はそこまで来ていたらしい。 昨日あたりから急に冷え込んで、すっかり秋めいてきた。 夏の終わりとともにクールビズも終わり。 今日は衣替えと家事に一日費やした。 まず夏物のウールのパンツ6本と、ジャケット3本をクリーニングに出す。 次は半そでシャツの洗濯。 ようやく空いたクローゼットに、冬物のパン…

続きを読む

アルゼンチン ボデガ・ノートン・エクストラ・ブリュット

ようやく週末がやってきた。 仕事はなんとか落ち着きを取り戻し、今日の商談は久しぶりに順調。 まずまずの気分で土曜の夜を迎えている。 しかし今日は奥さんが学会にかこつけて京都旅行に行っているので、 ボクは平塚に帰るのを見送って、赤羽の部屋で一人過ごしている。 嘆いていも仕方ないので、一人の時間を楽しむことにしよう。 まずは音楽。 サラボーンがブラジルのスーパースターと作った「…

続きを読む

男の台所

赤羽の一人暮らしの部屋のキッチン。 何もない殺風景な台所。 引っ越した当初はコーヒーを淹れたりしたけれど、 今はそれもしなくなったので、このやかん、しばらく使われていない。 冷蔵庫もすっからかん。 入っているのは酒とツマミだけ。 食事はすべて外で済ませることにして、 鍋も包丁も、調理道具は一切買わないと決めた。 職場で「うちには包丁がない」というと…

続きを読む

赤羽 酒菜「からく」

昨晩、浜松町で仕事を終えた奥さんが9時頃来訪。 近所の居酒屋「からく」で落ちあってプチ宴会。 独り暮らしの部屋のすぐ近くに、 こういうカンジのいい居酒屋があるのはうれしい。 こちらは「焼き枝豆」。 香ばしくて美味しかった。 部屋に帰ってワインで二次会。 このごろ毎週奥さんが赤羽に泊まりにきてくれる。 ということは、土日+1日で、 1週間の…

続きを読む

今日は家事の日

一週間に一日だけの休日を平塚のわが家で過ごす。 ボクにとってとても大切な時間だけれど、ひとつだけ困ったことがある。 家事をする時間がないのだ。 洗濯はやらないと明日着るものがなくなるので、 仕方なく仕事から帰ってから洗濯機を回す。 でもアイロンがけ、掃除、靴磨きは、 やらなくてもすぐに困るわけではないので、ついつい後回しになってしまう。 こう…

続きを読む

単身赴任の功罪

単身赴任生活も3ヶ月目。 この間、単身赴任のたいへんさについて、 書いたことは少なかったなぁ。 正直になところ今の生活、 思ったほどツライものではないと感じている。 いや、仕事はシンドイですよ。 休みが少ないのもたいへん。 でも、もしもフツウに土、日休める仕事で、 不慣れでストレスのある仕事でなければ、 この生活を楽しんでいるかもしれない。 マイナス面・・・ …

続きを読む

大戸屋礼賛

赤羽にはしゃれた店は全くないかわりに、 定食屋やファーストフードショップがいっぱいある。 駅から徒歩1分圏内に松屋、なか卯、吉野家、大戸屋、てんや、 マック、ケンタッキー、モスなどなど。 赤羽は単身赴任にはありがたい街だ。 なかでも大戸屋の存在は大きい。 今夜もまた行ってしまった。 焼き魚や野菜料理が食べられるのがとっても嬉しい。 値段は少し張るけど、納得…

続きを読む