夏の満員電車は・・・

平塚から東京まで1時間10分の満員電車。少しでも快適に過ごすには、隣にどんな人が座るかが重要です。でも自分では選べませんから、運を天に任せるしかありません。 妙齢の美女だったら・・・ オトコは妄想しますが、そんなことは年に1度もありませんね。巨漢だったり、不潔そうなオジサンだったりと、まぁたいがい良いことはない。 先日はタバコと汗の混じった匂いの大男が隣に。気分が悪くなりそうでしたが…

続きを読む

もの忘れ

本社勤務で忙しいからでしょうか。近ごろ職場の外でも、仕事のことを考える時間が増えました。とくに朝起きてから出かけるまでは、身支度しながらずっと考えている。 そのせいかなぁ。出勤前のもの忘れがひどい。シャワーを浴びたあと「あれ、シャンプーしたかなぁ?」とか、「スマホが見当たらない!」とか・・・ 先日奥さんから、「牛乳を注いだら水が出てきた!」と驚きの声。原因は僕でした。空になった牛乳パ…

続きを読む

湖国の夕焼け

先日めずらしく滋賀に出張。草津駅前のホテルで会議のあと、会食で25階に移動したらみごとな夕焼け! くれないに染まる湖国の景色を堪能しました。 琵琶湖を見るのは何年ぶりだろう。滋賀は稲、麦、大豆の国だから、野菜が専門の僕が訪れることは滅多にありません。 いつも海ばかり見ている僕には、湖のある景色は新鮮です。梅雨の晴れ間に草津に来て、日暮れの時間に25階にいる。いくつもの偶然が重ならない…

続きを読む

「最良の仕事靴」の10年後

REGAL TOKYOにオーダーしたサイドエラスティック。天気予報から傘マークが消えないこの時期、ダイナイトソールとウォータープルーフレザーが最強のコンビネーションを発揮しています。 紐なしの着脱のしやすさ、簡易オーダーによる完璧なフィットと相まって、「最良の仕事靴」は期待どおり最良。少なくともこの先10年、僕の仕事のパートナーとして大いに活躍してくれることでしょう。 …

続きを読む

僕は弁当でできている

異動によって変わったのは通勤だけではありません。食生活への影響も大きい。 朝ごはん抜きは以前と同じですが、昼食は社員食堂から弁当に格下げになりました。本社には食堂がないんです。職場周辺の飲食店は混雑するし、高価なので滅多に行きません。ほぼ毎日、ビル内で販売されている弁当を食べています。 夜は東京駅周辺で弁当を買い、電車内で食べます。近隣の定食屋に寄る手もありますが、一分でも早く帰宅す…

続きを読む

電車で熟睡できますか

往復3時間半の通勤を強いられる生活で、油断すると失われるのが睡眠時間。目覚ましが5時50分に鳴るので、23時50分には寝て、6時間の睡眠を確保したい。 同じ平塚在住の同僚は、「電車で寝るから大丈夫」なんだそう。確かに車内で過ごす往復2時間を睡眠時間として加算できればずいぶん楽になります。 でも僕は電車では寝られないんですよね~。混んでいるととなりの人が気になるし、首がカクンと落ちるた…

続きを読む

少数派の嘆き

先週の土日は両日とも出張で、家事がまったくできませんでした。僕は週末にまとめて家事をします。土日がつぶれると、洗濯、アイロンがけ、靴磨きが滞り、仕事に支障が出てしまう。やむを得ず月曜日に半休をとって、これらをかたづけました。 このことを職場で話すと、思いのほか理解者が少なくて驚きました。「奥さんがやってくれないの?」という反応が多い。「うちでは自分でやるんです」と答えると、ポカンとされます…

続きを読む

シャツ探しの旅 再び

昨年購入した「形態安定でない」ボタンダウンシャツは、4月の異動とともに戦力外となりました。毎週末、5枚のシャツと5本のパンツにアイロンをかけるとなると、1枚に20分もかかる生地は辛い。 あのとき「形態安定でない」シャツをオーダーしたのは、阪急メンズのシャツ屋が変わり、その手の生地を扱わなくなったから。仕方がないので、東京駅周辺で、「形態安定加工の綿100%生地」を用意しているシャツ屋を探し…

続きを読む

トゥミ復活 -僕はオシャレではありません (^_^;)

本社勤務再開を機に、2004年に購入したトゥミを復活させました。若干くたびれてはいるものの、使い慣れたこのバッグには抗いがたい魅力があります。 12年前の古めかしいバッグを復活させてしまうなんて、僕は自分で思うほどオシャレさんではないようです。トゥミの特長は頑強なバリスティックナイロンとたくさんのポケット。アメリカ的合理主義の産物で、優美さやトレンド感はありません。 思えば先…

続きを読む

富士山とともに

猛烈な南風が吹き荒れた昨日から一転。今朝の湘南は清々しい青空。澄んだ空気に映える富士山が美しい。 ゴールデンウィークの影響もあり、異動から1か月経った今も、僕の生活のリズムは安定していません。 僕は新しい環境に順応し、枝葉を広げるのに時間がかかるタイプ。早起きや通勤電車、新しい仕事に慣れるのには、もう少し時間が要りそうです。そのかわり一度根を下ろせば、容易には枯れない丈夫さも持ってい…

続きを読む

昼散歩

こちらは弊社会議室からの眺め。 僕の職場は皇居にほど近く、お堀までなら歩いて1分。天気がいいので、昼休みにぶらりと散歩に出てみました。 大手町は30階を超えるオフィスビルが林立し、何万という人が働くビジネス街。そこに隣接する緑あふれる皇居は、殺伐とした企業戦士の心を少しだけ柔らかくしてくれます。 (Panasonic LUMIX DMC-LX100)…

続きを読む

ごほうびはみどり色

東京に通い始めて2週間が経ちました。毎朝5:45に起きて7:08の始発電車に乗る。当分これが僕の「日常」になりそうです。 そんな日常に小さな彩りを加えようと、金曜日だけグリーン車を利用することにしました。平塚-東京のグリーン券は980円。週に1度ならなんとか許容できる出費です。 7時ごろ駅に着くと普通車はほぼ満席で、何両か探してようやく席を確保するのが「日常」。でもグリーン車は同じ時…

続きを読む

通勤

平塚・東京間は東海道線で1時間10分。この長い乗車に耐えられるのは、始発や連結車両を選べば何とか座れるからです。僕も今週から7時8分の始発を利用しはじめました。 席を確保してパソコンを広げ、急ぎの仕事やブログの下書き。こんなふうに時間を使えば、長時間の通勤も悪くない。 でもそんな余裕は戸塚まででした。横浜に着くと大量の人がドカドカと乗り込み、パニックかと思うほどの大混雑。座っている僕…

続きを読む

年齢 vs 個性

自分が20代だったころ、年齢が若いほどオシャレに敏感だと思ってしました。でも最近はそうでもないなぁと感じています。 20代でも40代でも、服装に興味がある人はあるし、ない人はない。ま、程度が同じなら、20代のほうが魅力的に見えるのは否めませんが。 IT機器に関する興味や知識も同様。パソコンやスマートフォンに詳しいオジサンはけっこういるし、その逆の20代もいる。 音楽や本も。世代…

続きを読む

時代遅れ?

本社初日はスーツで出勤しました。僕のビジネススタイルはジャケット&パンツがほとんど。でも初日くらいは正装しなくちゃ。 わが家のワードローブにスーツは2着しかありません。若干華やかなピンストライプのほうを引っぱりして着用。でもどこか違和感・・・  ブログで調べてみたら購入したのはなんと9シーズン前でした。さすがに古さは否めませんね。  本社勤務は8年ぶり。…

続きを読む

小さな懸念

あさ目を覚まし、小声で「おはよう」と声をかけると、眠そうに微笑んで「おはよう」と返してくれる。ふたりのベッドには、毎朝小さなシアワセが訪れます。 でも来週から、そうはいかなくなりそう。 いま僕らが目を覚ますのは6時45分ですが、これからは僕だけ1時間早く起きなくてはいけません。通勤時間は1時間45分。彼女を起こさないように静かにベッドを出て、ひとり身支度を始めます。 こういう些…

続きを読む

わかれうた

一日一日、異動の日が近づいています。先日は研究室関係者30名が集まって送別会。立派な花束と記念品(みごとに僕好みの土鍋)をいただきました。 「恋の終わりはいつもいつも 立ち去る者だけが美しい」 そう歌ったのは中島みゆき。でも仕事の別れはそうはいきませんね。引継ぎやあいさつ、残務整理に忙殺されています。「異動で戸惑う者たちは 片づけと整理に泣き狂う」といったところでしょ…

続きを読む

さらばトマト

僕のいまの勤務先は平塚ですが、千葉県内の某所にも700坪ほどの温室があり、ここで様々な品種のトマトを栽培しています。 思えばこの6年間、僕の仕事の半分がトマトの研究・開発。仕事とはいえなかなか楽しく、農業の技術者として幸運だったと感じています。 何より残念なのは、トマトの「現物支給」がなくなること。ふだん新鮮で美味しいトマトを食べていると、スーパーマーケットで…

続きを読む

転勤

先日人事異動の発表があり、4月から東京の本社に勤務することになりました。8年ぶりの本社、6年ぶりのスーツ生活がはじまります。 これまで30分だった通勤時間が1時間40分となり、睡眠時間が短くなりそう。本田くんにも乗れなくなります。 本社には社員食堂がないので、ランチを食べるのもたいへん。都会だと何かと出費も嵩むでしょう。 おまけに今よりも休みにくくなるので、年に一度の海外旅行が…

続きを読む

A3

A3といってもアウディの話題ではありません。(笑) 30代の本社時代、上司に「この表はA3にしてくれ」と言われるのが本当にイヤでした。僕が作ったA4サイズの資料の表は小さくて見にくいから、拡大してA3にして欲しいというのです。 会議資料をオフィスで印刷した経験のある方は分かってくれると思いますが、A4で作る資料にA3が混じるのはとても厄介です。 プリンタによっては、A4・A3の…

続きを読む

スローダウンノススメ

「伊勢丹新宿本店や三越銀座店など首都圏を中心に一部の三越伊勢丹店舗が1月3日、例年よりも1日遅く初商を迎えた。販売スタッフの労働環境改善を図るため正月中の休店日を2日まで伸ばしたが、3日の初売り実績は売上が前年初商日を上回る見込み。初売りを後ろ倒したことによる売上への影響は特にないという見方を示している。」 この三越伊勢丹のやり方、大賛成です。 小売や外食の店舗が年初の営業を始めたの…

続きを読む

冬はこうでなくっちゃ

ここ数日、湘南は清々しく晴れて、雪化粧した富士山も上機嫌。 日差しがリビングの奥まで伸びて、冬の到来を実感します。 でも今年は天候が不順で、冬らしい晴天日が少ないですね。 やはり過去最大と言われるエルニーニョ現象の影響なのでしょうか。 気温が高いせいで出荷量が多く、野菜は安値が続いています。 わが家の家計は助かるものの、農業界に身を置くものとして手放しでは喜べま…

続きを読む

雨ニモマケル 風ニモマケル

昨年経験した真冬の自転車通勤は思いのほか辛く、 何度も寒さに屈しそうになりました。 今年もいよいよその季節が到来。 本格的な寒波が来る前に新たな装備の追加です。 まずはダウンジャケット。 昨年高い防寒性能に感激した「DOORS」の「AURORA」をもう1着。 袖から侵入する風を防ぐベルクロや首周りにも奢られたダウンなど、 自転車通勤のアウターとしてこれに並ぶものはないんじゃ…

続きを読む

悪夢の日曜日

それは突然やってきました。 TOEICの受験の朝、目覚めると妙に体が重い。 念のため体温を測ると37.5℃・・・ 参ったなぁ。 点数に影響するかなぁ。 朝食をとって1時間ほど横になりもう一度計測。 38.3℃。 いやはや・・・  さすがにこれで受験は無理。 万一インフルエンザだったら受験者に迷惑がかかるし。 結局日曜日は…

続きを読む

ミニトマトで作るカプレーゼ

昨日仕事でカゴメのトマト温室に行ったら、可愛らしいミニトマトを持たせてくれました。 さすがはカゴメさん。 ネーミングやパッケージのデザインも上手いですね。 収穫したばかりで鮮度抜群のミニトマト。 どうやって食べようかしばし悩んだ結果、 得意料理の「ミニトマトとモッツァレラのカプレーゼ」を作ることにしました。 まずはトマトを熱湯に10秒ほど浸けて湯剥き。 近ごろは湯剥…

続きを読む

半日休暇の使い方

本日ハ「午前振休」ナリ。 弊社の休日出勤の振替は丸一日が基本ですが、半日振休×2回という手もアリ。 忙しくて一日休むのが難しいときは重宝します。 今朝起きて、まずしたことは窓掃除。 この夏は台風や低気圧で荒れた天気が多く、 潮風を受けたわが家の窓はベタベタに汚れていました。 ずっと気になっていたこの汚れを数か月ぶりに一掃。 気分爽快です。 (OLYMP…

続きを読む

雨あがる

長いあいだ不順な天候に悩まされた湘南。 昨晩も雨が降ったようです。 早起きして近所を散歩してみると、まだ露に濡れた花々。 でもこの時間は太陽が顔をのぞかせ、暑さが戻ってきました。 (Olympus OM-D E-M5, M.Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro) いま野菜産地は秋から冬の作付けに向けた農繁期を迎えていますが、 こ…

続きを読む

ビルケンシュトック -48歳の限界

ドイツのサンダル、ビルケンシュトックを買いました。  これで3足目。 かなり気に入ってます。 ほかも試しましたが、履きやすさにおいて ビルケンシュトックの右に出るメーカーはありませんね。 「スキップできるサンダル」はここだけではないでしょうか。  今年も酷暑の季節がやってきました。 自転車通勤はどんどん…

続きを読む

時節柄・・・

先週から今週にかけて、毎夜遅くまで続く送別会や歓迎会の酒宴。 人事異動の時期だからやむをえないとはいえ、 お酒に弱い僕にはけっこう辛い。 おまけにこの前の週末は、学会に参加するために休日返上・・・  ちょっとお疲れモードですね。 掃除ができないので、家の中も荒れていますし・・・   月曜の夜に家計簿と洗濯、金曜の夜に掃除…

続きを読む

冬から春へ

先週の前半、網走に行ってきました。 湿った雪が一日中ふり続け、最高気温は2℃。 初めて経験する雪道のドライブに、終始緊張を強いられる出張でした。 目的地の東京農業大学オホーツクキャンパスには、僕の背丈ほどもある雪。 こんな環境で4年間を過ごしたら、いまとは違う自分になっていただろうな。 週の後半は湘南の農家を訪問。 ビニールハウスにとり残されたコマツナがとう立ちし…

続きを読む