日本酒ことはじめ -まずはグラスから

ワイングラスって面白い形ですよね。大きなボウルの下にわざわざ長いステムを付けてとても不安定。でもそれが優雅さや華やかさを生み出していると思います。

より美味しく飲むために、品種や産地でグラスを替えるという考え方もいい。僕はワインが好きだけど、それと同じくらいワイングラスが好きかもしれない。いまわが家には赤用2、白用2、スパークリング用1、水用1、合計6種類のリーデルグラスがあります。

画像


話は変わって日本酒です。これまで僕は日本酒を敬遠してきました。理由は簡単。日本酒は飲みやすいわりにアルコール度が高く、ひどく酔ってしまうから。これまで何度か泥酔を経験しました。

でもね、日本人なのにワインに傾倒し、日本酒のことを知らないのはおかしい。そんなふうに思い始めています。郷里の静岡にも銘酒を生み出す蔵があります。海外では日本酒の評価が上がっているそうですね。

よし、2019年は日本酒を勉強する年にしよう。というわけで、まずはリーデルが純米酒のために作ったグラスを購入しました。お猪口や江戸切子ではなくリーデルを選ぶあたりが、西洋かぶれの僕らしいですね。 (つづく)

画像


画像





"日本酒ことはじめ -まずはグラスから"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: