愛される理由 ー茅ヶ崎「ボージャン」

♪ 砂まじりの茅ヶ崎 人も波も消えて〜 というわけで、久しぶりに隣町の茅ヶ崎に行ってきました。ここは、結婚した1994年から4年間暮らした懐かしい街。平塚に引っ越してから四半世紀がたちますが、いまでも愛着があります。 鉄砲通りのおしゃれな店を眺めながら、辻堂方面にクルマで10分。目指したのはインド料理店「ボージャン」です。 この店、茅ヶ崎時代に何度か…

続きを読む

何もしない休日

この4連休は、初日に食事に出かけたことを除けば、ほんとうに「何もしない休日」でした。後半2日は一歩も外に出ない引きこもり生活。音楽三昧、読書三昧。 テレビもネットもほとんど見なかったので、連休明けは浦島太郎でした。さすがにオリンピックの開会式は見ましたが、バッハ会長の演説で沈没。まぁそれは僕だけではないかもしれないけどね。 そうそう。天気が良かったので、一度だ…

続きを読む

大きいことはいいことだ ーEVICIV モバイルモニター

4連休が終わってしまいましたね。僕はとくに用事もなく、料理と読書で過ごした4日間。良い休養になりました。 さて。 御多分に洩れず、僕も老眼が進行しています。以前は平気だった小さなノートパソコンの画面が、最近は見づらくて辛い。職場では20インチのモニターを買ってもらい、だいぶ楽になりました。 次は自宅です。メインのパソコンには23インチのEIZOを繋いでいますが、サブ機の…

続きを読む

大胆レシピ ー渡辺麻紀さん「かつおの黒こしょう、赤ワインマリネ」

毎度おなじみ磯野さんちのカツオくん。あいかわらず手頃な値段で売られているので、ついつい手が伸びちゃいます。とはいえ、燻製、たたき、コンフィと、持ち駒は使い果たしました。 そこで今回は、僕の座右のレシピ本、渡辺麻紀さんの「ごちそうマリネ」に載っている、「黒こしょう、赤ワインマリネ」を作ることにしました。 カツオに塩と砂糖をまぶして冷蔵庫で1時間。一口大に切ったら、赤ワイ…

続きを読む

30分の恩恵

50代ともなると、奥さんと一緒に出かけることは滅多になく、週末も思い思いに過ごすのが通常です。 とはいえそこは共同生活。最低限のルールは決めています。 目が覚めるのは7時頃。紅茶を淹れ、ベッドでゆったりと過ごして8時半に活動開始。9時半頃から朝食。夜は20時からそれぞれ風呂に入り、21時に夕食開始。23時頃就寝(というか、酔っぱらって沈没)。 でも最近は季節のせいか歳のせいか、…

続きを読む

こぶみかん日記

5月に静岡からやってきたこぶみかん。移植してからずっと成長が止まっていました。 上は5月23日、下は6月27日撮影。1か月も経ったのにあまり変化がありません。タイ・マレーシア原産のこの植物には気温が低いのか、それとも永年作物である果樹は成長が遅いのか。理由はよく分かりませんが、葉色も悪く心配していました。 でもよく見ると、小さな新芽ができていました。赤ちゃんみたいな初…

続きを読む

おすそ分け

先日の日曜日、奥さんは実家に帰省して、母親と姉、姪とで持ち寄りランチ会。70代、50代、20代と年齢層は広いものの、いちおう「女子会」です(笑)。 彼女からここに出す料理を2種類作ってほしいと頼まれたので、快諾することにしました。土曜日に多めに料理を作り、2人分をその日に食べ、残りを翌日のランチ会に回せばいいだけなので、さほど手間はかかりません。 さて、一皿目は「枝豆とモッツァレラ、…

続きを読む

悟りか、堕落か

最良の仕事靴を求めてさまよった果てにRegal Tokyoの「Built to order system」に出会い、以来5年の月日が流れました。 すっかり惚れ込んだ僕は、サイドエラスティック2足とローファーをオーダー。仕事靴の過半数がRegal Tokyoになりました。 仕事で履くのはどうかと思っていたローファーですが、カジュアル化の流れに乗って、今はまったく違和感ありません…

続きを読む

XMとBX

dマガジンで車と時計の雑誌「ENGINE」を眺めていたら、シトロエンXMにもたれてたたずむ美しい女性の写真が目にとまりました。XMの横には、同時代のシトロエンBX。どちらも四半世紀前のクルマです。 学生時代、僕は油圧を使ったサスペンション「ハイドロニューマチック」を搭載したシトロエンに憧れていました。BXは比較的安価な「ハイドロ」車で、就職してお金が貯まったら買うつもりでした(中古でね)。…

続きを読む

タイに行きタイ! ―イサキのカルパッチョ ナンプラージュレ添え

このところ、月1回くらいのペースでタイ料理(っぽいもの)を作っています。この日も「タイに行こう」と決めてから、食材を買いに出かけました。。 それなのに、今が旬のイサキちゃんが潤んだ瞳で僕に猛烈アタック。タイ料理にイサキはないよな〜。と思ったものの、この子を逃したら当分イサキには会えない気がして決断しました。値段も手頃だったしね。 何はともあれ、まずは3枚おろし。多めの塩を振っ…

続きを読む

愛と憎しみのダイソン ーDyson Digital Slim Fluffy (後編)

前編で書いたように、ダイソン「Digital Slim」の性能は満足のいくものでした。吸引力、メンテナンス性、デザイン、いずれも良好。とくにデザインは毎回惚れ惚れします。不満があるとすれば、重さとトリガースイッチくらいかな。 でも、病的なきれい好きの僕にとって、この気高い英国紳士は大いなる矛盾をはらんだヤツでした。ルンバやブラーバは確実に家事の負担を減らしてくれたのに、ダイソンは逆…

続きを読む

愛と憎しみのダイソン ーDyson Digital Slim Fluffy (前編)

昨年末、自分へのクリスマスプレゼントとして購入したダイソンのコードレス掃除機「Dyson Digital Slim Fluffy」。僕がこれを持ち出すと、「ゴーストバスターズだ!」と奥さんに笑われます。同世代にしかわからないネタですね。 半年が経ち、良いところ悪いところがわかってきたので、そろそろレビューを書いてみようと思います。 まず購入前に心配だっ…

続きを読む