XMとBX

dマガジンで車と時計の雑誌「ENGINE」を眺めていたら、シトロエンXMにもたれてたたずむ美しい女性の写真が目にとまりました。XMの横には、同時代のシトロエンBX。どちらも四半世紀前のクルマです。

学生時代、僕は油圧を使ったサスペンション「ハイドロニューマチック」を搭載したシトロエンに憧れていました。BXは比較的安価な「ハイドロ」車で、就職してお金が貯まったら買うつもりでした(中古でね)。XMは当時シトロエンのフラッグシップ。雲の上の存在で、夢のクルマでした。

使わないものは何でも捨ててしまう僕ですが、XMとBXのカタログは今も本棚に残っています。この2車種は僕にとって特別な存在だったんです。

P7070360.jpg


P7070355.jpg


P7070357.jpg


記事を読み進めると、写真の美女はアートディレクターを生業とするこの2台のオーナーで、熱心なXMの愛好者だそう。以前サーブ9-3を所有していたこともあるそうですが、これまた僕の大好きなクルマです。

恐らく僕よりひと回りより以上若く、ハイドロニューマチックを知らない世代だと思いますが、それでXMやBXを選ぶとはかなりマニアック。女性では稀有でしょう。

彼女はこんなふうに語っています。

「少しでも納得のいかないものは、自分のまわりの空間に置きたくない。衣類もそうだし、カトラリー1つ、蛇口やドアノブ1つにしても、自分にとって世界で一番いいものかどうか、調べないと気がすまない。家を建てたときなんか、なかなか物を置けなかったんです」

わかるなぁその気持ち。僕もマンションを購入するとき、納得のいくドアノブを探してカタログを取り寄せたっけ。こんなに好みが合う人がパートナーだったら、今よりもっと素敵な人生だったかも・・・?

P7040153.jpg


P7040182.jpg


P7040156.jpg


P7040160.jpg


P7040166.jpg


いまわが家を彩っているのは夏の花、フロックスとクルクマ。

どんな花を買ってきても、「可愛い」といって喜んでくれるうちの奥さん。いまわが家が平穏なのは、おおらかな彼女のおかげです。僕のような人がもう一人いたら、花を買うこともできないでしょう。

理想主義的なXMやBXには今も憧れています。でも僕に必要なのは、同じシトロエンでも、合理的・実用的でありながら強い個性を放ち続けた、2CVのようなクルマなのかもしれません。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 監督

    似た者同士は上手くいかないって言いますね。
    最初は、「わぁ~、理想の相手だ!」となるのでしょうが、似ているが故に些細な違う部分が許せなくなってくる。当然、相手も同じ考えなのでますます互いに棘が出てくる。最後は、はいサヨウナラ。
    我が家も、おおらかなO型家内なので平穏です。^^
    2021年07月09日 09:46
  • ヴィーノ

    >監督さん
    まったくもっておっしゃる通りですね。近いからこそ微差が気になっちゃうんですよね。
    監督さんもおおらかに見えますが、奥さんはその上を行くんですね。まさに円満ですね〜。(^^)
    2021年07月09日 12:56
  • トリバン

    ”時計の雑誌「ENGINE」”、、、、、。
    なんと的確な表現でしょう。(笑)
    私の数少ない定期購読誌ですが、車の記事より時計眺めるほうが長いかも。
    てかさ、奥様のお話に入っていけない。(笑)
    違い過ぎるのはそれはそれで大変ですよ。
    まあでも、車の趣味は合ってるかも。(大笑)
    2021年07月09日 14:35
  • ヴィーノ

    >トリバンさん
    dマガジンでENGINEは「クルマと時計とファッションがテーマの男のライフスタイル・マガジン」とされています。でも分類は「男性ライフスタイル」ではなく「スポーツ・車」ですけどね(笑)。
    確かに「違い過ぎる」のも大変ですね。何ごとも「ほどほど」がよろしいようで。(^-^;
    2021年07月09日 21:48