ユリを愛でる

目覚めると柔らかな光が部屋を包み、ふわっと甘い香りが鼻をくすぐる。朝のベッドからの眺め。いまわが家では大輪のユリが満開です。オリエンタルハイブリッドは実に華やか。わずか2本で見慣れた景色が一変しました。

P2202022.jpg


花屋でアルバイトをしていた学生時代、日本のユリを親にしてオランダで品種改良された「オリエンタルハイブリッド」が大人気でした。白の「カサブランカ」、ピンクの「ルレーブ」という品種が一世を風靡。1輪1,000円、1本3,000円以上で売られていました。いま思うとバブル景気を象徴する花でした。

P2202051.jpg


僕はこの頃のことが脳裏に焼きついていて、オリエンタルハイブリッド=高価と思っていましたが、最近はそうでもないようです。この品種「ヴァンドーム」は2本1,600円。同じ花瓶をいっぱいにするチューリップ10本は2,000円。単価は4倍ですが、豪華さと花持ちを考慮すると費用対効果はユリの方が高いかもしれません。

P2202033.jpg


ユリの欠点として挙げられる焦茶色の花粉。これがお客さんの服に着いたらたいへんなので、ユリが開いたらすぐに葯を除去するのがアルバイトの仕事でした。でもこの「ヴァンドーム」、葯が開かず花粉が出ないんです。品種改良で花粉の問題を解決しちゃったんですね。30年近く経つと品種も変わるんだなぁ。

P2202039.jpg


バレンタインディのお返しにオリエンタルリリーはいかがでしょうか。3本を花束にしたらかなり豪華なお返しになると思います。

ちなみに今年も奥さんがチョコレートをプレゼントしてくれましたが、彼女に切り花の返礼は通用しません。毎週贈っているようなものですからね。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

  • 監督

    あの甘い香りは魔性を感じますね。^^;
    花の返礼が通じない女性、こりゃハードル高いなぁ。^^
    2021年02月24日 10:25
  • ヴィーノ

    >監督さん
    ユリの香りはセクシーですよね。堕ちてしまいそうです(笑)。
    花は消えモノですしそれほど高価でもないので、贈り物にいいんですけどね。うちの奥さんを喜ばすのは、けっこうたいへんかもしれません。(^_^;)
    2021年02月24日 20:38