海外出張 (木)アルハンブラの思い出

さて。

オランダ・スペインの出張もいよいよ現地最終日。この日は仕事も移動もなく観光だけです。今回の出張でもっとも気がラクな一日。

ホテルを出てバスで向かったのはグラナダ。スペイン南部アンダルシア地方の都市で、アルハンブラ宮殿などで知られる観光地です。

バスを降りて街歩きを始めると、花や柑橘が目にとまります。まだ2月とは思えぬ光景。防寒フル装備でも寒かったアムステルダムとは大違い。旅先で花の写真を撮るのは僕のライフワークですが、さすがに集団行動を乱すことはできず、被写体にじっくり向きあえないのが残念でした。 

P2201047.jpg


P2200976.jpg


P2200975.jpg


P2201051.jpg


P2200982.jpg


最初の目的地はグラナダ大聖堂。前日のアルメリア大聖堂よりも規模が大きく荘厳でした。

P2201007.jpg


P2201022.jpg


P2201027.jpg


P2201035.jpg


続いてムーア人が作った古い街並みが残るアルバイシン地区へ。ここは道路が狭く、一度小型バスに乗り換え、さらに歩いて白壁の路地を抜けて行くと・・・ アルハンブラ宮殿!

P2201058.jpg


P2201059.jpg


P2201070.jpg

(Olympus E-M1 Mark II,Olympus M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)

クラシックギターのソロ曲に「アルハンブラの思い出」という名曲があります。スペインの作曲家フランシスコ・タレガの作品で、美しいメロディとともに、「トレモロ奏法」を駆使する難曲として知られています。カラオケで言えば「天城越え」みたいな存在ですかね。「トレモロ奏法」は右手の親指で分散和音を、人差し指、中指、薬指でメロディを弾くテクニックで、アマチュアにはなかなか高度。高校時代必死で練習しましたが、僕には弾けませんでした。


↑村治佳織さんの演奏


タレガが見たアルハンブラ宮殿を自分の目で見る日が来るなんて! 入場制限があり宮殿内には入れませんでしたが、この景色を眺めることができただけで満足でした。



<海外出張> オランダ・スペイン

1.哀愁のヨーロッパ
2.(日)オランダ到着
3.(月)アールスメール花市場
4.(月)国際園芸センター
5.(火)スーパーマーケットを視察
6.(火)オランダらしさ
7.(水)アルメリア中央市場
8.海外出張 (水)アルメリアの農業①
9.海外出張 (水)アルメリアの農業②




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 監督

    虹と大聖堂のショット、最高です。
    今からでも遅くない。
    ギター、頑張っちゃいましょう!^^)/
    2020年03月23日 22:17
  • >監督さん
    写真ありがとうございます!
    アルハンブラ、いつか弾けるようになってみせますよ。甥が上手に弾けるので、教えてもらいます。(^.^)
    2020年03月24日 07:17