わずかな変化

秋冬のジャケット&パンツを購入しました。「定番」のネイビーのジャケットと、「いつも」のチャコールグレーのパンツ。「いつもどおり」すぎて、たぶんうちの奥さんでも新調したことに気づかないでしょうね~。写真も昨年とほとんど同じ。

画像


画像


とはいえ何も変わっていないわけではありません。今年のパンツは「プリーツあり(ワンタック)」。ここ数年パンツを購入しているBEAMSの丸ビル店では、ついに「プリーツあり」が主流になりました。昨年は「あり」「なし」半々だったのが逆転。10年以上続いたノータックの流行が潮目を迎えたようです。

ただしあいわらずのスリムフィット。プリーツが入るので下腹あたりは少し余裕がありますが、腿から下は足に貼りつく細さ。これも少しずつ変わっていくのでしょう。

画像


今年は秋冬物の購入時期を少し遅らせてみました。例年シーズンイン前の9月に購入していましたが、今年は10月。クールビズになって半年近くたつ9月だと、秋冬服の感覚が鈍っていて、ほんとうに必要なものが選べない。これを避けるために、秋冬を着はじめてから買いに行くことにしたんです。その結果が、この「ど」定番のジャケット&パンツというワケです。

物欲が減退しているこのごろは、おしゃれの意識も下降気味。でも新しい服はやっぱり嬉しいですね。通勤の足どりが少し軽くなった気がします。





この記事へのコメント

  • 監督

    ジャケパン、もう4~5年購入してません。
    おしゃれの意識なんざぁ遥か遠く彼方に置き忘れてきた感こそあります。
    あ~、こうやって地味地味親爺になっていくんですね。
    う~ん、たまにはLEONでも買うか!^^;
    2018年10月24日 12:49
  • ヴィーノ

    >監督さん
    オトコにとっておしゃれは優先順位が低いものですよね。それよりも上等なレンズが欲しいというのが、男子の感覚ではないでしょうか(僕の場合)。まぁだからこそがんばらないとヤバいんですけどね~。
    2018年10月24日 22:07