最後のラジオ

4台のネットワークスピーカーで構成する「Shangri-La」が完成し、FMをインターネットで聴くようになってもうすぐ1年。わが家に残されたラジオはチボリオーディオの「Song Book」のみになりました。電池が使えるので災害用に温存。でもこれ普段もけっこう活躍しています。

画像


というのも、Wi-Fiがとても不安定なんです。パソコンを立ち上げても「Shangri-La」が見えないことが多く、4~5回も再起動が必要。ようやく起動しても、ほかのソフトを立ち上げると音が途切れる。結局インターネットを諦めて、「Song Book」のスイッチを入れることもしばしば・・・

わが家のネットワークには、スピーカー4台、パソコン3台、スマホ2台が接続されています。3年前に買ったルーターには荷が重いのかなぁ・・・

そんなわけでこのラジオ、当分手放せそうにありません。やっぱり最後はアナログですかねぇ。





この記事へのコメント

  • 監督

    ディジタルのメリットは信号処理の容易さです。
    しかしながら真のデジタルなんてのはありえず、AD変換とDA変換の間で、標本化と量子化により擬似デジタルを生成しているに過ぎません。
    したがって、根本は(最後は)アナログなんです。
    ってか、人類はアナログですし。
    マトリックスじゃねぇしっ!^^)

    え~っと、複数機種同時接続なら、MU-MIMO搭載の11ac/n/a 5GHz対応ルーターがお勧めです。
    2018年03月12日 11:43
  • ヴィーノ

    >監督さん
    「標本化と量子化により擬似デジタルを生成」! さすがもとプロフェッショナル。確かに人間はアナログもんね。ルーター情報ありがとうございます。真剣に買い替えを検討します。
    2018年03月12日 22:31