50歳の変革

先日、会社の指示で3泊4日の研修に行ってきました。50人ほどの受講生が8~9人のグループに分かれて討議。それぞれのリーダーとしての長所と短所をあぶり出す。もっとも苦手なタイプの研修でした。

グループのメンバーから指摘された長所は、「理論的で説得力があり信用できそう」。一方短所は、「人間関係に淡白で、他人を受け入れない」。う~ん。そうか。

僕はほんとうに人づきあいが苦手です。子供のころからずっとそう。一見人当たりが良さそうですが、実際は常にバリアを張ってガードしている。他人の懐に入り込むのも苦手。

でも、そういうことを改めて他人から指摘されるのって、けっこうイヤなものですね。物心ついてから自分の欠点だとわかっているんだから。その性格を変えろと言われても、今さらできるはずもない・・・

おっと、そう言ってしまっては、せっかく研修に行った意味がありませんね。まぁ真摯に受け止めて、自己改革に取り組むとしましょうか。

画像

(Olympus OM-D E-M5, Voigtländer Nokton 25mm F0.95、10月8日撮影)





この記事へのコメント

  • かおりん

    分かります。私も一見人当たりのいい0型ですが、ぐっと懐に入られたり入っていったりはとても苦手。表面上のお付き合いって感じになります。
    自分の弱点は、この年になったら痛いほど分かっているのに、改めて他人に指摘されると私だったら不機嫌になってしまいそうです(笑)…この性格は直りそうにありませ~ん
    2017年10月20日 12:16
  • 監督

    なんでもかんでも画一的に『企業にとって優秀な人材』を育て上げるような研修には疑問を感じます。
    その人の性格に合わせた上で個性を伸ばすそれのほうがよっぽど良いと思うのですが…。
    終身雇用、年功序列、画一的社員、ぶら下がり社員の増大・・・・・・、これで世界で戦っていける企業が育つと思っているほうが不思議です。
    (ヴィーノさんのお勤め先を揶揄しているわけではありません あくまで私的一般論です)
    2017年10月20日 14:00
  • ヴィーノ


    >かおりんさん
    そうですか。かおりんさんもそういうタイプなんですか。確かに自分でわかっていることを改めて言われるのはイヤですよね~。けっこうへこみますよね。
    2017年10月20日 22:22
  • ヴィーノ

    >監督さん
    まぁ「ダメ出し」が日本流人材育成の基本ですからねぇ。30年前の日本の成長モデルには適していたのかもしれませんね。独創的なアイデアが求められる現代に「ダメ出し」は合いませんね。
    2017年10月20日 22:30
  • アヒル

    相手の内面を尊重して程よく距離を置くことも、人付き合いの方法の一つだと思うんですけどねえ。そう思うのは私が内向的だからかな?外交的な人たちからは、心を閉ざしているように見えるのかもしれませんね。(でも、"人付き合い"が苦手というのは決して"人"が苦手ということではない、と言いたい。)
    2017年10月22日 16:27
  • ヴィーノ

    >アヒルさん
    そうですね。あえて踏み込まないというやり方もありますよね。僕は人づきあいだけでなく、人が苦手かもしれません。自分の殻に閉じこもるタイプです。
    2017年10月23日 19:52