ブラジル音楽

僕の好きな音楽ボサノヴァ。ジョアン・ジルベルト、ナラ・レオン、カルロス・リラ・・・ 週末は彼らのアルバムがわが家を彩ります。

僕にとってボサノヴァは30代から聴き始めた比較的新しい音楽。日本ではカフェミュージックとして人気です。でも発祥の地ブラジルでは完全に過去のものらしい。最初のボサノヴァと言われる「想いあふれて」のリリースが1958年。「ゲッツ/ジルベルト」の世界的ヒットが1964年。もう半世紀も前の音楽なんですね。

ボサノヴァに心酔している僕ですが、新しいブラジル音楽はほとんど知りません。それって、グループサウンズのファンで、ザ・スパイダースやザ・タイガースには詳しいのに、サザンオールスターズやスピッツは名前すら知らないというような、偏った聴き方なのかもしれません。

画像


こちらは先日の七夕まつりで撮った1枚。平塚にはブラジル人が数多く住んでいます。ブラジル音楽と言えば、やっぱりカーニバルの音楽ですかねえ。ボサノヴァは時代遅れ・・・ まぁブラジリアン・ポピュラー・ミュージックのクラシックなのかもね。





この記事へのコメント

  • 監督

    カウベルとホイッスルに裏打ちでノリノリのビートでしょうか。
    褐色の肌に水着のお姉さんが踊る最近のノリノリも良いですが、60年代のボッサもやはり捨てがたいです。
    新旧何であれ音楽は偏見を持たずに楽しんでいるつもりですが、EDMだけはどうもなぁ・・・。(^^;
    2017年07月14日 09:36
  • ヴィーノ

    >監督さん
    そうですね。新旧はあまり関係ないかもしれませんね。古い音源でも、「自分にとっては新しい」というのもありますからね。そういえば僕もダンスミュージックはあまり聞かないなぁ。音楽を聴くのは95%が家のなかなので、自然と静かなものを選んでしまいます。
    2017年07月15日 10:52
  • びわ子

    ボサ・ノヴァは休日感が溢れる感じ、私も全く同感です。 私もヴィーノさんと同じようなラインのほか、マイケル・フランクス、今年亡くなったジャン・ピエール・バルーなどが過去に加わります。
    穏やかで平和で音楽に包まれてる感じがたまらなくいいですよね。
    2017年07月16日 15:45
  • ヴィーノ

    >びわ子さん
    そういえばAORやフレンチボッサは聞き逃していました。さっそくツタヤのリストにいれておきました。ボサノヴァいいですよね。僕は休日の昼間はボサノヴァ、夜はジャズを聴くことが多いです。
    2017年07月17日 16:10