静岡名物

静岡名物といって思い浮かぶのは何でしょうか。お茶、みかん、わさび・・・ お土産では「夜のお菓子うなぎパイ」でしょうか。

静岡は東西に広く、地域によって食文化も違います。「富士宮焼きそば」や「浜松餃子」のようなB級グルメはその典型。僕が生まれ育った静岡市では静岡おでんかな。黒はんぺんやわさび漬けも恋しくなります。

先日わけあって帰省した時、富士市出身の奥さんが「静岡おでんが食べたい」というので、駅近くの「静岡ゴールデン横丁」に行ってみました。3月にオープンしたばかりのここは、言わば飲み屋のテーマパーク。JRの高架下に昭和っぽい風情の店が軒を連ねる飲食街。「ナウでハッスルなパラダイス」がテーマだそう。

画像


画像


画像


画像

(Panasonic LUMIX DMC-LX100)

でもね、入ってから気づいたのですが、静岡名物が何もないんです。静岡おでんも黒はんぺんも。地元民にはそれでいいけれど、「静岡らしさ」を求めて来る県外の客にはもの足りないなぁ。

まぁ、静岡おでんを出す店はほかにもたくさんあるし、客はほとんどが近隣在住者だろうから、それでいいのでしょう。

雨降りの平日、早い時間にもかかわらず店はすぐに満席になって、活気にあふれていました。久しぶりの二人の外飲みが楽しめたことは確かです。




この記事へのコメント

  • 監督

    ナウでハッスルなパラダイスに爆笑です。
    ウズラ串揚げとアスパラ揚げに萌え♪
    2017年04月10日 13:34
  • ヴィーノ

    >監督さん
    ですよね(笑)。ナウとかハッスルとか、久しぶりに聞きました。
    2017年04月10日 22:26