LX100 ぷちレビュー ~夜の撮影~

新しいパートナーを伴って、初めて夜の街にくり出しました。
条件の悪い夜の撮影で、LX100の実力を試すのが目的です。

ネット上のレビューを見るとLX100の高感度性能はイマイチで、
「ISO1600までは問題ないが、3200以上は・・・ 」という意見が多い。
旧型となったE-M5でも3200まで常用できるので、
たしかに最新のカメラとしてはもの足りない。
ちなみにISO800が限界だったXZ-1に比べれば、充分向上してますけどね。 

このところ東京は冷えこんで、しとしとと小雨が降り続いています。
夜の丸の内は人出が少なく、テラス席は閑散。
おかげで遠慮なく撮影に興じることができました。

画像

(Panasonic LUMIX DMC-LX100, ISO 1600, f2.8, SS 1/125秒)

ISOの設定は、上限3200の「オート」。
E-M5と同じにしました。

暗い場所ではすぐに3200に感度を上げるE-M5に対し、
LX100は1600より上を使おうとしません。
高感度性能に自信がないのか、それとも手ブレ補正に自信があるのか・・・

結局この日撮った写真はすべて1600以下。
幸い手ブレはほとんどありませんでした。

画像

(Panasonic LUMIX DMC-LX100, ISO 1000, f2.7, SS 1/100秒)

画像

(Panasonic LUMIX DMC-LX100, ISO 800, f2.8, SS 1/125秒)

下の2枚は白飛びと黒つぶれが気になりますね。
とくにスマートフォンケースは紺と白というカメラに厳しい条件。
このカメラ、残念ながらダイナミックレンジが広いとは言えないようです。

とはいえ、ブログ掲載が前提であれば、LX100は夜の撮影にも充分使えますね。
僕の判定は「合格」。 

E-M5を持ち出す機会が減るかもしれないな・・・ 


<LX100 ぷちレビュー>

1.新しい相棒はパナソニック!
2.まずはトリセツを熟読
3.操作性
4.夜の撮影
5.ファインダーはちょっとね
6.携帯性と焦点距離
7.結論は「最良の旅カメラ」





この記事へのコメント

  • 監督

    ISO3200って、ただただ驚きです。
    フィルムカメラの頃、通常は100で、大事な写真を撮るときだけ400のフィルムを購入していたことを思い起こすに、時代の流れについていけなくなっている自分を感じずにはいられません。
    ってか、やることやりたいことがありすぎて、カメラにまで時間(もちろんお金も)がまわらないのが事実なんでしょうけどね。^^)
    2015年04月12日 11:14
  • ヴィーノ

    >監督さん
    ほんとうですね。
    僕はISO400を超えるフィルムを使ったことがありません。
    それが今ではISO1600で「もの足りない」ですからね。(笑)
    スマホのカメラの進化著しい昨今、
    あえてカメラを買うのは贅沢なことかもしれませんね。
    お金も時間も有限ですからねぇ。 
    2015年04月12日 14:47