パプリカ? ピーマン?

職場から大量のカラーピーマンをもらってきました。

「ミニパプリカ」と言ったほうがいいのかな。
でもパプリカとピーマンは同種で、両者を分ける明確な定義はないんです。
大型で肉厚のピーマンを「パプリカ」と呼んでいるみたい。

さて、これで何を作ろうか。

大きなパプリカなら得意の「ペペロナータ」ですが、
果肉が薄いカラーピーマンだともの足りないかも。
サラダでは使いきれないから、炒めものか煮ものかな・・・

画像


画像


画像


悩んだ末、小さくて大量にあるのはピクルスに、
大きめの赤いのは挽肉とお米を詰めてトルコ料理のドルマに、
平べったい品種はクミン、トウガラシと一緒にフードプロセッサーにかけて、
ポルトガル風のソースにしました。

カラフルな食材は、食卓を華やかにしてくれますね。 

画像

(Olympus OM-D E-M5, M.Zuiko Digital ED 45mm F1.8)



この記事へのコメント

  • かおりん

    パプリカとピーマンって、大きさや味、厚みも異なるので違うものと思っていましたが、分類はそうはきっちりとされている訳ではないのですね。何れにせよ私としては美味しければいいのですが
    赤や黄色オレンジ、食欲がそそられるし食べると元気になりそうですよね。
    2015年03月01日 20:53
  • 監督

    この際だから統一してパプリーマンに改名したらどうでしょうか。^^)
    私は両方とも好きです♪
    特に生でサラダに入れて!
    2015年03月02日 18:50
  • ヴィーノ

    >かおりんさん
    市販されているパプリカとピーマンはだいぶ違いますが、
    中間的な品種もいろいろあって線引きが難しいようです。
    ま、確かに美味しければいいですよね。(笑)
    パプリカには紫や白や茶色もあるんですが、
    やっぱり赤、黄、オレンジが美味しそうですよね。 
    2015年03月02日 21:29
  • ヴィーノ

    >監督さん
    「パプリーマン」ってデキの悪いサラリーマンみたいですね。
    僕のことでしょうか。(大笑)
    もしかして監督さんは好き嫌いが少ないですか?
    個性のあるタイ料理も楽しめそうですね。 
    2015年03月02日 21:32
  • 監督

    んじゃ『ピリカ』で!^^)
    好き嫌いは少ないと思います。
    どうしてもダメなのは、海鞘、海鼠、酸っぱい古漬けとゲテモノ系です。
    2015年03月03日 18:11
  • ヴィーノ

    >監督さん
    やっぱり好き嫌い少ないんですね。
    羨ましいっす。 
    2015年03月03日 23:01