豆のしあわせ

味噌、醤油、納豆、枝豆・・・

日本は大豆の国。
大豆はお米とともに和食文化を形作る重要な食材ですよね。

それが西洋では家畜の餌とみなされ、料理に使われないのは残念なこと。
でも代わりにレンズ豆やひよこ豆、白インゲン豆などがレシピに登場します。

大豆の国の人だからか、僕は豆を使った料理が大好き。
栄養的にも、脂肪が少ない良質のタンパク質が摂れるのが嬉しい。

簡単で美味しい「白いんげん豆とツナのトスカーナ風マリネ」。
いつもは缶詰を使いますが、この日は乾し豆から始めてみました。

乾し豆は一晩水に漬けてから煮るので、準備は前夜から。
忙しいと面倒ですが、愉しみに料理を作る僕にはどうということはありません。
ひと手間かけたおかげで、やさしい豆の香りと歯ごたえが楽しめました。

豆っていいなぁ。
豆を食べると、気持ちもほっこりするのは僕だけでしょうか。

画像


画像


画像

(Olympus OM-D E-M5, Voigtländer Nokton 25mm F0.95)

<備忘のためのレシピ> 白いんげん豆とツナのトスカーナ風マリネ 4人分

 白いんげん豆(乾物) 180ml
 ツナ 1缶
 紫玉ねぎ 1/4
 ミニトマト 10個
 イタリアンパセリ 少々
 レモン 1/2
 オリーブオイル 大さじ6
 塩、こしょう 少々

 1.白いんげん豆を3倍ほどの水に漬けて一晩おく。
 2.漬けた水のまま鍋に移して、火の通りを確かめながら15分ほど煮る。
 3.ざるに移して冷ます。
 4.レモンを絞りボウルに入れ、オリーブオイル、塩、こしょうを加えてマリネ液を作る。
 5.紫タマネギは薄切りに、ミニトマトはヘタをとり半切りにする。
 6.水、オイルを切った白いんげん、ツナを2と一緒にボウルに入れて混ぜる。
 7.室温で15~30分おいてからお皿に盛りつけ、イタリアンパセリを飾ったらできあがり。

<この日の3皿>
 1.白いんげん豆とツナのトスカーナ風マリネ
 2.しめ鯖 (レシピはこちら
 3.じゃがいもとチーズのオーブン焼き




この記事へのコメント

  • かおりん

    おせち料理には必須の黒豆…年の初めに毎年「来年こそは黒豆を自分で煮るぞ!」なんて思うのですが、毎年思うだけです。おせちの黒豆はいつも母からもらっています(^_^;) 食べたときのあのホッコリ感というかしあわせ感がいいですよね。
    私も豆は好物です。豆を煮るのは難しいそうですが、来年こそトライしてみようかな…みます。(宣言しちゃった)
    2014年02月14日 08:25
  • びわ子

    私も豆料理は大好きです。サラダに金時豆を入れたり、納豆オムレツを作ったり、お正月の黒豆も必ず作ります。市販のものは味が濃くて、ちょっと飽きるので…。以前はよくチリも作りました。ファストフードのお店の中ではウェンディーズがごひいきだったのは、チリがあったからです
    2014年02月14日 19:50
  • mayu

    私も豆好きです。
    毎朝の納豆に豆腐にお味噌。煮豆もあるととことん食べてしまうくらいです(笑)。
    乾物からコトコトと煮たお豆の甘味、時間はかかってもこだわりたい手間ですね!
    2014年02月15日 08:23
  • ヴィーノ

    >かおりんさん
    黒豆いいですね。
    では来年はぜひ! まだ1年近くありますしね。(笑)
    豆はやっぱりホッコリ感ですよね。
    箸で豆をひと粒ずつ食べるとき「日本人だなぁ」と思います。 
    2014年02月15日 11:15
  • ヴィーノ

    >びわ子さん
    チリバーガー!
    手元のレシピ集にチリコンカンがあるので、
    以前から作ってみたいと思っていました。
    和食以外にも豆料理っていろいろありますね。
    インドの豆のカレーなどもいいなぁと思っています。 
    2014年02月15日 11:25
  • ヴィーノ

    >mayuさん
    いいですよね、豆料理。
    缶詰やレトルトの豆は、僕の好みではちょっと柔らか過ぎるんです。
    やっぱり手間をかけるだけの価値はあるなぁと思いました。
    あ、香りもいいですよね。 
    2014年02月15日 11:32
  • 監督

    あうっ、好んでは食べない部類でして・・・。
    お豆腐は好きですが・・・(困)
    2014年02月15日 22:45
  • ヴィーノ

    >監督さん
    あらら、豆はお好きでないんですね。 
    豆を食べるとマメになりますよ。
    仕事にも女性にも。(笑)
    2014年02月16日 18:21