世界最速レンズがやってきた

ボクの3本目のレンズ、フォクトレンダー Nokton 25mm F0.95。
2か月も待たされましたが、待った甲斐がありました。

画像


画像

(Nikon D7000, AF Micro Nikkor 105mm F2.8, May 14)

このレンズには「最速の標準レンズ、登場」というコピーが添えられています

最速というのは、F値が小さくシャッタスピードが速いということ。
確かにこれまでマイクロフォーサーズで最も速いレンズは
パナソニックのパンケーキレンズ、20mm F1.7。
ボクのオリンパス14-150mmはF4.0~F5.6だから、
NoktonのF0.95は驚異的に速いと言っていいんでしょうね。

実際どのくらい速いかというと、昼間の屋外だと明るすぎて開放ではシャッターが切れないほど。
減光するためにND8フィルターを付けてみましたが、
それでもしばしばPENのシャッタースピードの限界=1/4000秒を超えてしまいます。

おかげでよくボケてくれます。

画像


少し絞ってみるとなかなかキレがいい。
さすがは単焦点レンズ。

画像

(Olympus PEN E-P2, Voigtlander NOKTON 25mm F0.95, Kenko ND8 Filter, May 13)

カメラの愉しみが、またひとつ増えました。
レンズ沼に肩まで浸かっています・・・