ツタヤDISCASでCDを借りる

一人暮らしの部屋で映画を観ようと入会したツタヤのDISCAS。
奥さんとの二人暮らしに戻ってからは、
映画は奥さん、音楽はボクという役割分担になっているので、
ボクがDVDを借りることは無くなってしまった。

一方赤羽にはジャズのアルバムが揃ったレンタル・ショップがあり、
週1回のペースで通っていたのだが、平塚にはそういうショップがない。

結果として、DISCASでCDを借りるようになった。
これが思いのほか使い勝手がよろしい。

ボクの音楽情報は、週末つけっ放しにしているJ-WAVE。
ラジオを聴いていていい曲があると、
DISCASのサイトを開いてCDレンタルを予約する。
DISCASのCDのライブラリーはポピュラー中心で、
ジャズやボサノヴァがすべて揃っているわけではない。
だからマイナーなものはamazonで買うことになる。
それでも、CDを買う機会は少ない。

iPodの普及は、CDのレンタルと相性がいいと思う。
かつてのようにCD-Rを焼くのに比べたら、
iPodへのCDのリッピングは手間いらずだ。
リクエストしていたCDが届いたらリッピングして返送する。
ボクのiPodはどんどん太っていく。

もちろんiTunesストアでダウンロードすればもっと便利だろう。
けれど大人にとっても、DISCASの価格は魅力的。
今ボクは、月4枚で980円というプランを利用している。
1枚250円弱という価格は、
ショップに行く手間を考えれば十分安価だと思う。
むしろアーティストに申し訳ないぐらい。

43歳目前の今、ボクの音楽ライフは、
これまでにないほど充実している。


※ツタヤの回し者ではありません。念のため。







この記事へのトラックバック