八百屋の年末

相変わらず消費は冷え込んでいるようで、
スーパーマーケットの野菜・果物の販売は不調。
12月の売り上げは、どの量販店も前年比▲10%といったところ。
青果物はあまり気味。

ところがここしばらくの寒波の影響で、
露地野菜の生育が鈍り、昨日から入荷量が激減。
キャベツ、レタス、大根、さやえんどう、水菜・・・
主要な野菜が足りなくなって、社内は大騒ぎ。

年末、野菜や果物が足りなくなり、価格が暴騰するのはいつものこと。
とはいえ、「年末らしくなってきたなぁ」などと悠長なことは言っていられない。

お客さんに怒鳴られ、事務処理に追われ、
心身ともに磨り減る季節がやってきた。
次に休みがとれる1月3日までのあいだ、
いったいどんなドラマが待ち受けていることやら・・・

うんざりするような悲喜劇の幕開けですな。


この記事へのトラックバック