4/3日記 Four Thirds Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 3 days in 台南 -台湾と言えばごはんだけど・・・

<<   作成日時 : 2017/09/01 07:10   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

「台湾に行ってきた」と言うと、「ごはん美味しかったでしょ?」と聞かれることが多い。やはり食事は台湾旅行において重要な一角を占めるらしい。

でも今回は暑さで食欲がなかったこともあり、旅行中の食事はこんな感じ。台湾らしいものを食べたのは3回だけです。だからあまり語ることがない・・・

移動日:夕食=ルームサービスのサンドイッチ
1日目:朝食=ホテル、昼食=抜き、夕食=外食
2日目:朝食=ホテル、昼食=外食(麺)、夕食=外食
3日目:朝食=ホテル、昼食=抜き、夕食=ホテルの無料軽食
移動日:朝食=ホテル、昼食=抜き、夕食=空港で麺

そんな貴重な「外食」なので、旅行者向けの店は避け、地元客が多い店を選びました。もっとも台南は、バリ島やアンコールワットのような観光地ではないので、外国人向けの店は多くはありませんけどね。

画像

↑1日目の夜はホテルから10分ほど歩いて「老昌鮮魚店」へ

画像

↑こちらメニュー.円に換算するには4をかける.安い!

画像

↑左手前の「肉燥飯」(約60円!)が美味しかった.僕たち小食ですね

3軒の台南料理は、ひとことで言えば「ほっとする味」でした。ご飯は日本と同じジャポニカで食感も近い。味付けは日本人になじみ深いもの。僕らには、一皿のボリュームが小さいことも嬉しかった。あと安いのもね。

画像


画像

↑2日目の昼食は麺.中国文化圏の麺料理は確実に美味しい

唯一違和感があったのは、2日目夜の鴨肉のスープ。これは漢方薬のような独特な味つけでした。香港の亀ゼリーと京都の生八ッ橋を混ぜたようと言えばいいかな・・・ 病みつきになる味かもしれません。

画像

↑2日目の夕食は神農街周辺で.ほかもそうですが、この注文用紙のおかげでオーダーできました

画像

↑右前が件の鴨のスープ.亀ゼリー+生八ッ橋味

画像

↑野菜が足りないので青菜の炒め物を追加

というわけで、やや盛り上がりに欠ける食事ネタ。写真も今イチ・・・ 誠に申し訳ございません。

(写真はPanasonic LUMIX DMC-LX100)



<3 days in 台南>

1.想定外のはじまり
2.怒涛のアジア
3.台南にしたワケ
4.街歩きは続く
5.言葉の壁
6.台湾と言えばごはんだけど・・・
7.市場発見
8.もう暑いのはイヤだ
9.台南晶英酒店
10.台南晶英酒店
11.台南で出逢った花




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに奥様との二人分にしては少ないですね。
オイラ、一人で食えちゃう。
臭豆腐、行かなかったんですか?^^;
監督
2017/09/01 15:07
>監督さん
そうなんですよ。今回は暑さにまいっていて、クセのあるものはカラダが受けつけなかったんです。次回はチャレンジしたいです。
(^^;
ヴィーノ
2017/09/02 11:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
3 days in 台南 -台湾と言えばごはんだけど・・・ 4/3日記 Four Thirds Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる