30分の恩恵

50代ともなると、奥さんと一緒に出かけることは滅多になく、週末も思い思いに過ごすのが通常です。 とはいえそこは共同生活。最低限のルールは決めています。 目が覚めるのは7時頃。紅茶を淹れ、ベッドでゆったりと過ごして8時半に活動開始。9時半頃から朝食。夜は20時からそれぞれ風呂に入り、21時に夕食開始。23時頃就寝(というか、酔っぱらって沈没)。 でも最近は季節のせいか歳のせいか、…

続きを読む

夏の扉 ―クルクマとスターチス

最近、花が長もちしません。先週のカラーは1週間経たずにベントネック。前夜まで元気だった花が、朝起きるとぐったりと折れ曲がっていて、とても悲しくなりました。梅雨入りとともに気温と湿度が上昇。切り花には受難の季節ですね。 そこで今週は少し早いと思いつつ、夏でも長持ちするクルクマを購入しました。併せてはじめからドライフラワーのようなスターチス「ミスティブルー」も。 クルクマといえば…

続きを読む

ギガンチウム

いまわが家のキッチンでは、初夏に開花期を迎えるアリウム・ギガンチウムが咲き誇っています。 球根植物好きの僕にとって以前から気になる存在ではありましたが、購入したのは初めてです。なんか近所の畑のとう立ちしたネギ=ネギ坊主みたいで、「わざわざ買うものなぁ」というカンジ。まぁ同じアリウム属ですからね。 でもギガンチウム、想定外の面白さがありました。 最…

続きを読む

最近の読書事情 ―「心淋し川」

西條奈加「心淋し川」読了。昨年下半期の直木賞受賞作。しっとりとした静謐な文章、胸に沁みる物語。期待を裏切らない名作でした。 週末は終日J-WAVEをかけっ放しにするのが結婚以来の習慣でしたが、最近日曜の午後は2時間だけNHKの「ジャズトゥナイト」を、残りはジャズやクラシックのアルバムを聴いています。この時間が僕の読書タイム。インストゥルメンタルは大きめの音量でも読書の邪魔になりませ…

続きを読む

クスリってすごい!

昨年の検査で総コレステロールとLDL(悪玉)コレステロールが上限値を超えたため、毎朝これらを下げる薬を飲んでいます。このことを知人に話すと、たいてい驚かれます。「痩せっぽちなのにコレステロール?」と思うのでしょうね。 薬を飲み始めたのは最近ですが、コレステロール値は30代から指摘されていました。父親も同様なので、これは遺伝によるものなのでしょう。 痩せていることは子供の頃から…

続きを読む

ねぇ 今年もあの花が咲いたね

今年も「あの花」が店頭に並ぶ季節になりました。リューココリネ。学生時代、リューココリネを早く咲かせる方法を研究していた僕にとって特別な花。花屋で見かけると一も二もなく購入してしまいます。 研究材料の花は写真のように綺麗には咲きません。たいがいは2〜3輪しか花がつかず草丈も短い。花数や重さを測った後のちょっとさびしい切り花を数本新聞紙に包んで、当時つきあっていた彼女の部屋をよく訪ねま…

続きを読む

赤いスイートピーではないけれど

いつからかLDKに加え、テーブルや洗面所に一輪挿しを飾るようになりました。ここではガーベラやブルースター、ミニバラといった小さな花が主役。大輪のユリとは違う世界です。 今回はめずらしくスイートピーを選んでみました。 ちょっと意外かもしれませんが、かつて神奈川ではスイートピー栽培が盛んでした。日本でもっとも古い産地で、農業試験場が育成したオリジナル品種もたくさん…

続きを読む

ユリを愛でる

目覚めると柔らかな光が部屋を包み、ふわっと甘い香りが鼻をくすぐる。朝のベッドからの眺め。いまわが家では大輪のユリが満開です。オリエンタルハイブリッドは実に華やか。わずか2本で見慣れた景色が一変しました。 花屋でアルバイトをしていた学生時代、日本のユリを親にしてオランダで品種改良された「オリエンタルハイブリッド」が大人気でした。白の「カサブランカ」、ピンクの「ルレーブ」という品種が一…

続きを読む

「キャッシュレス化大作戦」の4年後

家計と小遣いのキャッシュレス化をめざして、新たにカードを作ったのが4年前。当時「完全キャッシュレス化」は霧の彼方だと思っていましたが、コロナ禍の影響もあるのかな、ゴールが見えてきました。 吉野家やなか卯など、頻繁に行く牛丼チェーン店は比較的早くSUICA等に対応しました。続いて小規模な飲食店もpaypayの普及でキャッシュレス化が進みました。 会社ビル地下の飲食店が店の前で売っている…

続きを読む

チューリップは真冬がいい

春を感じさせるチューリップ。僕は愛らしいこの花が好きで、しばしば購入しています。近所の花屋「花長」の品揃えがいいことも影響しているかも。その結果、ブログ登場回数が最も多い花になっています(たぶん)。 チューリップの自然開花期は桜と同じくらいですが、低温処理と温室栽培で早生化でき、切り花は11月から出回ります。もっとも出荷量が多いのはちょうど今ぐらい(たぶん)。先週末「花長」では10…

続きを読む

ちょっとだけクリスマス

先週末はクリスマス前最後の休日だったので、ちょっとだけそれっぽい料理を作ってみました。 前菜はポワロねぎのマリネ。ではなく、普通の根深ねぎのマリネです。マスタードとワインビネガーを使った僕の得意料理。 次は豚肉のコンフィ。オリーブオイルで40分コンフィした後、グリルパンで軽く焼きました。いつもならグリルパンのままテーブルに出すのですが、この日はお皿に盛りつけ。この辺が…

続きを読む

Everlasting Rose

学部時代の教科書「花卉園芸総論」(大川清,1996,養賢堂)に、こんな図が載っていました。 切り花には流行り廃りがある。トルコギキョウはこれから生産量が増えるが、ストレリチアは減少著しい。人気を保つには品種改良が重要とのこと。 この図を見るともうすぐ頂点に達する位置にバラがあります。この図が発表されて35年経っているので、減少期に入ってもおかしくないのですが、そんなことはあり…

続きを読む

変なおじさん

近所の花屋「花長」に通うようになって2年半が経ちました。この老舗の花屋は繁盛していて、いつも5~6人のスタッフが働いています。そのうちの一人、たぶん20代の女性が僕の顔を覚えてくれたようで、最近目が合うと笑顔を返してくれます。 1~2週間ごとに現れる53歳のオジサンは、彼女の目にどう映っているんだろう。 来店するのは決まって土曜日の13時頃。買い物帰りでデイパックに一杯の荷物を背負い…

続きを読む

クスリ漬け?

6月の健康診断で、悪玉コレステロールが多いことと緑内障の疑いを指摘されました。どちらも10年前から悪い数値が出ていましたが、今回は閾値を超えたようです。再検査しろと会社から指令があり、「面倒だなぁ」と思いつつ、ようやく重い腰を上げて病院に行ってきました。。 検査の結果は・・・みごとに「黒」。 悪玉コレステロールは6月よりも数値が高く、「クレストール…

続きを読む

disrespect

アメリカ大統領選が近づき、毎日両者の動向がニュースで流れてきます。僕は現政権の政策や振る舞いにうんざりしているので、大統領は交代して欲しいと思っていますが、まだ余談を許さない状況のようですね。 選挙戦の行方はともかく、報道を見ていて気になるのは、互いになじり揶揄する発言です。政策を批判するのはいいけれど、揚げ足をとったり根拠のないことで罵ったりするのは、子供のケンカのようでげんなりします。…

続きを読む

クリザール

最近、切り花保存剤を国産の「キープ・フラワー」からオランダの「クリザール」に変えました。 「キープ・フラワー」を使うと花持ちは良いのですが、葉が黄化しやすいと感じていました。理由はよくわかりませんし、きちんと比べたわけではないので「濡れ衣」かもしれません。そこで一度違う商品を使ってみようと、こちらも古くからある「クリザール」を買ってみたというわけ。 クリザールは世界の花の…

続きを読む

君に薔薇薔薇…という感じ

湘南にも僕が好きな秋がやってきました。台風と前線の影響もあって、ここ数日は肌寒いと感じるほど。もう暑さが戻ることはないでしょう。 夏場はクルクマのような熱帯の花がわが家を彩っていましたが、花持ちの心配がなくなったので、今季はじめてバラを飾ってみました。 キッチンでは夏と秋が同居しています。ピンクッションが「まだ夏は終わってないぞ」とがんばっている。でも主役を務めるのはこれが最…

続きを読む

君しかいないんだ

毎週のように切り花を購入している平塚の老舗「花長」。生け花やアレンジメントの教室、スナックなどを顧客に持っているらしく、回転が良くて鮮度がいい。いつも店内をぐるっと一回りして、気に入った花を5本ほど選びます。 でも花長といえども、夏場は欲しくなる花が少なくて困ります。この時期バラやひまわりはおそらく3日しかもたないでしょう。トルコギキョウやカーネーションは少しはマシだと思うけど、本来の花持…

続きを読む

にんげんだもの

アンダーズホテル宿泊前日。朝5時にホテルから覚えのない「予約変更」のメールが届きました。「2人×1室」の予約が「2人×2室」に変更されたとの連絡です。 調べてみると、最初にハイアットグループのサイトで行った予約が「1人×2室」となっていました。僕のミスです。チェックイン前日にシステムがこれを発見し、自動的に予約を変更したのでしょう。 慌ててWebサイトで修正しようとしたら、「変更は電…

続きを読む

風と共に去りぬ

昨年末から患っていた五十肩がようやく回復しました。 3年前の右肩に負けず劣らず、今回の左肩も辛かった。上着を着るとき、高い場所のモノを取るとき、ちょっと油断するとギクっときて、そのあと数十秒痛みが残る。「魔女の一撃」ほどではないけれど、想像以上に生活に支障がありました。 4月頃から快方に向かい、いまはまったく問題なし。筋トレもストレッチも、普通にできるようになりました。 五十肩…

続きを読む

待ってました

クラスターの発生で悪者になっていたスポーツクラブがようやく営業再開。うちの目の前にある「NAS平塚」も再開したので、この週末に行ってきました。 思い起こすと、海外出張の準備やその後の体調不良で2月もほとんどジムに行けなかったので、コロナ禍による閉鎖と合わせて約4か月! 緊急事態宣言下でもっとも不自由を感じていたのはこのことでした。 久しぶりにジムの高性能な体組成計で計ってみると、…

続きを読む

第二波まで来るなんて

土曜日の夜。何度も寝返りをうち寝汗をかき、どんよりとした一夜を過ごしました。明るくなっても起きられず、全身から気力が抜け落ちたよう。いつもより1時間以上も遅く、ぐったりとした身体を引きずってトイレに向かうと、酷い下痢。体温を測ってみたら38℃もあるじゃないですか。 これはまさかコロナウィルス・・・ そういえば先週職場で何度か「密」な会議があったなぁ。昨日のスーパー…

続きを読む

二度と来ない春

初夏を迎え、ベランダのハーブが次々と花を咲かせています。 とはいっても、ハーブの花は地味ですけどね・・・ もっとも目立つのはディル。花芽がつくと葉が収穫できなくなるので。早く片づけても良かったのですが、きれいなのでとっておきました。これが最後の一輪です。 タイムとパクチー。パクチーはあの独特な味からは想像できない可憐な花を咲かせます。 …

続きを読む

悪いことばかりじゃない

今月いっぱい続くと思っていた緊急事態宣言がついに解除。やっと自粛生活が終わる! でもね、こんなこと書くと不謹慎かもしれないけど、正直この7週間は僕にとってけっこうイイ時間でした。 仕事では、SkypeやWebexといったテレワークツールを経験したことが良かったですね。こんな形で強制されなければ、うちみたいな保守的な職場で使うことはなかったでしょう。ま、僕も保守的だしね。でもこれからは…

続きを読む

仲良きことは

緊急事態宣言から2週間。ほぼ毎日、20坪ほどの小さなマンションに奥さんと籠もっていますが、幸い仲睦まじく、ふたりとも笑顔で過ごしています。もともとふたりでよく話すほうですが、以前にも増して会話が多くなりました。ついつい厳しい状況や政治への不満が話題になりがちで、意見が合わないこともありますが、そこは大人。笑いに変えてやり過ごしています。 ネットからは「コロナ離婚」なんて声も聞こえてきますが…

続きを読む

チューリップは魔性の女?

チューリップは春らしく愛らしい花。この時期花屋に行くといろんな品種が並んでいて楽しい。ついつい手が伸びちゃいます。 でもチューリップほど変化の激しい花はありません。以前買った品種は恐ろしい形相になっちゃった。先日の品種は日に日にベントネックして、最後はこんな状態。実るほどに頭を垂れるチューリップ。 こうなることは初めから分かってるんだけど、それでも可…

続きを読む

ユリで花見を

イベント自粛で花が売れない昨今。もともと輸入物に押されて国産が減っているところにこれだから、大きな打撃です。農家のために僕ができることといえば花を買うこと。というわけで、先日は、高価なので滅多に手が出ないユリを2本も買いました。 いやぁ、やっぱユリは華やかだな〜。ベイエリアの高級マンションにいるような気分です。っていうより銀座のクラブかな。行ったことないけどね。{%…

続きを読む

時差ニモマケル

僕の体内時計はしっかり者らしく、毎日ケータイのアラームが鳴る10分前に目が覚めます。目覚まし不要です。 でも海外旅行ではそれが災いして、昨年のアメリカも今年のヨーロッパも時差が辛かった。今回現地で熟睡できたのは2日のみ。残りは目をつぶっていただけで、「睡眠」と呼べるものではありませんでした。 オランダ・スペインと日本の時差はマイナス8時間で、現地の午前0時は日本の朝8時。この時間に寝…

続きを読む

三度目も不正直

一度目の温泉旅行は海外出張が入りキャンセル。二度目のパレスホテル&銀座の鮨屋は、僕の仕事が忙しくキャンセル。相次ぐ失態の代償として、この週末都内泊を目論んでいました。が・・・ コロナウイルス感染者急増による自粛要請で敢えなくキャンセル。3連敗です。 諸事情あり近ごろ多忙を極めていますが、今日は奇跡的に休みが取れました。ホテルは空いているので、直前にどこか…

続きを読む

海外出張  (月)アールスメール花市場

翌日は朝6:45にホテルロビー集合。昨晩は時差でほとんど眠れず、どんよりと曇った頭を抱えたまま、とりあえず出発です。 早起きして向かったのは、アールスメール花市場。生産者組織である「フローラホランド」が運営する世界最大規模の花市場です。オランダは世界で流通する花の6割が集まる花卉産業の聖地。アールスメール市場は業界人なら一度は訪れる場所。という僕はこれで…

続きを読む