LIFE is BEAUTIFUL

平塚から東京まで東海道線で1時間15分。この長い通勤を少しでも快適にするには、席選びが重要です。いつもの平塚始発の電車は、僕が駅に着く時刻には8割の席が埋まっている。残る2割の争奪戦です。 自分のスペースを確保するために、隣は小柄な人がいい。でも熟睡してこちらに寄りかかってくる人はイヤ。妙齢の美女なら許すけどね。 この席選びがゲームみたいで、最近少しだけ楽しくなってきました。いい席に…

続きを読む

春の使者来たる

近所の花屋でムスカリを買ってきました。小さくて愛らしい春の使者。週末には花を咲かせ、わが家のリビングに色を添えてくれるでしょう。2週間経ったリューココリネもまだ健在。花があると、部屋が華やぎますね。 この冬は例年になく冷え込んでいる。だからでしょうか、いつもより春が恋しい。花粉症持ちの僕は、春が好きなわけではありませんが・・・ 寒い寒いといい…

続きを読む

光目線

写真に親しむようになると、光に敏感になります。歳のせいじゃないかって? いやいや違いますって。 ネットで料理のレシピを探すとき、ついつい光(ライティング)がきれいな写真を選んでしまいます。盛りつけやテーブルコーディネートよりも重要だと思う。女性の写真もそう。Youtubeの動画も「光目線」で見ちゃいます。 (Olympus OM-D E-M5, M…

続きを読む

たいせつな花

毎年、春が恋しくなるこの時期に、生花店の店頭を彩るリューココリネ。近所の花屋に並んでいるのを見つけて、思わず購入してしまいました。 学生時代、この花の性質を調べて論文を書いたことは既報のとおり。あれから四半世紀を経た今も、市場で愛されていることは嬉しい限りです。細々とでいいから、これからも生産を続けて欲しいなぁ。 僕は10代や20代に好きだっ…

続きを読む

プラントハンターにはなれないのだ

出し惜しみをしていたので、筑波実験植物園の写真が残っています。2か月前の写真ですが、温室の花は季節が分かりにくいから、まぁいいか。 さて。 植物園の楽しみのひとつは、見たことがない花に出逢うこと。世界各地からやってきた未知の花が僕を待っています。 (チランジア・ストリクタ,Olympus OM-D E-M5, M.Zuiko Digital ED 6…

続きを読む

香菜の花

先日の寒波で富士山が雪化粧。冬は空気が澄んで富士山がきれいに見えます。 外はとても寒いのに、ベランダのパクチーが花をつけました。温暖な気候を好むはずのパクチーがどうして・・・ 理由はわかりません。でもパクチーの花は可愛いですね。春は純白でしたが、この時期は低温で赤みを帯びています。それがまた愛らしい。 気がつけばもう1月も後半。日没が少しずつ遅くなり、季節の変化を感じ…

続きを読む

旅のかたち

うちの奥さんは、母、姉と来月台湾旅行に出かけます。台北3泊4日。年末年始の帰省中、旅程の詳細について3人で打ち合わせが行われました。 ここで発覚したのは、旅のスタイルの違い。奥さんは旅先ではのんびり派で、時間に追われずゆっくりしたいタイプ。一方お姉さんはアクティブ派で、観光地や博物館を漏れなく回りたいタイプ。お母さんは娘たちに配慮して中立。当然話はまとまりません。 お姉さんは国立大学…

続きを読む

・・・の無い時代

木曜日の朝、体調がおかしいと感じたものの、体温は36.3℃。「気のせいだ」と言い聞かせて出勤しました。でもやがて体全体に悪寒が走り、腰や背中が酷く痛むように。定時に仕事を切り上げて帰途につく頃には、駅まで歩くのも辛い状態・・・ 何とか帰宅して体温を測ると38.8℃でした。そりゃあ辛いわけだ。 翌朝病院で検査してもらったら、「A型インフルエンザ」という判定。1週間前に予防接種を受けたのですが…

続きを読む

控えめな花?

山茶花って地味な花だと思っていました。冬、寒風吹き荒ぶなか意地らしく咲く花。身近にあって顧みられない花・・・ でもよく見ると花の形はバラやシャクヤクのよう。八重の品種はけっこう華やかです。豪華ではないけれど、凍てつく冬を彩る花として十分魅力的。 (Olympus OM-D E-M5, M.Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro) 筑…

続きを読む

温室放浪記 -二度目の筑波実験植物園

温室巡りは僕のライフワーク(温泉巡りではありません )。先日筑波に出かける機会があったので、時間を捻出して筑波実験植物園に行ってきました。雨に見舞われ良い写真が撮れなかった6月のリベンジです。 この日は9時過ぎまで霧が出ていましたが、それ以降は快晴。初冬の柔らかな光が差し込み、なかなかの撮影日和でした。ここは「実験植物園」だからか、他の植物園と比べると花が少ないも…

続きを読む

性分

少し前のことですが、11月23日に大掃除をしました。風呂のカビや台所の油汚れを丁寧に落とし、ブラインを1枚ずつ拭く。意外としんどい仕事で、ヘトヘトに疲れてしまいました。でも、これで年末に大掃除をしなくていいと思うと、とても気が楽。 僕は何ごとも早めに手をつけたい性分です。「計画的に物事を進める」といえばいいのですが、代わりに瞬発力が弱く、突発的な対応が苦手です。 …

続きを読む

五十肩ってほんとうに・・・

不思議なことに、あれほど辛かった五十肩の症状が軽くなってきました。ひと月前までは、お尻のポケットからハンカチを出すときや、シャツを着るときに右肩に激痛が走っていたのに。水平までしか上がらなかった腕は、60度くらいまで行けるようになり、日常生活に支障はなくなりました。 なにか特別なことをしたわけではありません。あえて言えば、しばらく休んでいた右腕のウェイトトレーニングを、痛くない範囲で再開し…

続きを読む

3 days in 台南 -台南で出逢った花

長らく続いた台南ネタもこれで最後。いつもどおり花の写真で締めくくります。 正直なところ台湾と言えば食べもので、花はまったく期待していませんでした。でも「想定外」にいろいろな花と出逢えました。 忘れられないのは「鳳凰木」です。マメ科の巨木で、大きなくれないの花をつけ実に美しい。台南のあちこちで見かけると思ったら、この街の市木だそうです。 ↑鳳凰木(ほうおうぼく).10m以上も…

続きを読む

「普通」がうれしい週末

この週末は久しぶりに「普通」でした。 土曜日は掃除、洗濯、料理。日曜日はジム、音楽、読書。特別なことは何もなく、淡々と送る日常。そんな週末がとても嬉しかった。 8月は帰省や旅行が続き、「普通の週末」は1度しかありませんでした。趣味の料理もできず本を読む時間もない。それでも何とかやっていけますが、知らぬ間に電池は減っていく。やはり充電は必要ですね。 とはいえ、いまは嬉しい「普通の…

続きを読む

晩夏

この週末は、義父の一周忌で静岡に帰省。夕方、奥さんと一緒に、彼が遺した5歳の愛娘(柴犬)の散歩に出かけました。 富士山を眺めつつ、広々とした富士川の河川敷を歩く。路傍にはオシロイバナ、サルスベリ、ノウゼンカズラ。まだ暑さを残した太陽が次第に傾いていく。 (Panasonic LUMIX DMC-LX100) この時期の夕暮れの風景…

続きを読む

アジアの難点

アジアの国を旅すると、エアコンの効きすぎに閉口することがあります。3年前のシンガポールもそうでした。ホテル全体が推定23℃くらいに冷えていて、どこに居ても寒い。部屋は温度を変えられましたが、上限25℃という仕様。強い冷房が苦手な僕は、体調を崩してしまいました。 台湾旅行もこのことが不安。シンガポールの二の舞を踏まないように、長袖・長ズボンをトランクに詰め…

続きを読む

消極的休養?

日曜日を安息日にするために、いろいろ工夫を重ねてきました。掃除はノー残業ディの木曜日に、洗濯・アイロンがけ・家計簿は土曜日に・・・ その甲斐あって、最近は穏やかな日曜日を過ごしています。 朝ゆっくり起きたらジムに行き1時間のトレーニング。帰宅してシャワーを浴びてブランチ。この時点でだいたい13時。ここから、風呂に入り夕食をとる20時までの7時間は、自分のために自由に使える時間です。 …

続きを読む

道しるべ

わが家ではお盆休みに旅行に出かけるのが恒例。でも昨年は義父の病気と本社への異動が重なり、それどころではありませんでした。今年も諸事情あり諦めていたのですが、突如雲行きが変化。6連休が取れそうです。 先週そのことが分かってから、奥さんと一緒に猛烈リサーチ。慌ただしく情報収集しています。いまのところ第一候補は台湾。いままで行きそびれていた身近な国を、この機会に訪ねてみようと思っています。 …

続きを読む

香菜咲いた

ベランダのパクチーが花をつけました。強い香りの葉からは想像できない小さく可憐な花。とてもかわいいので、摘みとってキッチンに飾ってみました。 パクチーの隣のレタスとフェンネルもとう立ちし、花芽が伸びています。これらが終わると、ベランダに残るのはオリーブ、ローズマリー、イタリアンパセリ、スイスチャード。ちょっと寂しいなぁ。 そういえばもうすぐ梅雨ですね。関東の平均的な梅雨入りは6…

続きを読む

温室放浪記 -筑波実験植物園ー

花が好きな僕は、植物園、とくに温室のある植物園が大好き。最寄りの大船フラワーセンターは年に1度は訪れる身近な聖地。3年前には温室見たさにシンガポールまで行きました。そういえば新婚旅行のロンドンは、ウィズリーガーデンが目的のひとつだった。 茨城にある「筑波実験植物園」は、以前から気になっていた植物園。先日筑波で仕事があったので、後泊し、翌日半休をとって行ってきました。少々重いけれど、E-M5…

続きを読む

ハナミズキ

4月15日。ようやく風が止んだので、桜めあてに近所の公園へ。でも案の定もう見ごろを過ぎ、桜から葉桜に変わろうとしていました。瞬発力のない僕は、今年も撮り逃してしまったようです。 早くも盛期を迎えていたのは、街路樹のハナミズキ。もうそんな時期なのですね。 ( Olympus OM-D E-M5, M.ZUIKO DIGITAL E…

続きを読む

半世紀

とうとう50歳を迎えてしまいました。時の経つのは早いものですね。 先日ブラフマンのTOSHI-LOWがこんなことを言っていました。 -自分の中に10代の自分がいて、いまの俺をアジるんだ。「まったくお前、そんな大人になっちまって。お前みたいな男、全然信用できねぇよ」って。俺はそいつをねじ伏せることを歌詞にする。そいつを納得させられるような歌詞が書けたときは、良しと思う」 この気持…

続きを読む

桜は瞬発力?

僕はものごとを計画的に進めるタイプ。早い時期に日程を決めて準備に取り掛かる。そういう人は花見に向いていませんね。 1か月前に予報を見て「4月○日に花見」と決める。その日に向けて友人に声をかけ、お酒を用意して・・・ でも、当日花が見ごろでかつ好天なんてことはほとんどない。 誰かが「花見は瞬発力」だと言っていました。予定していなくても、「天気がいいから今夜出かけよう」「仕事は何とか調整し…

続きを読む

春が来た日

目黒川沿いの夜桜。おととい撮った写真です。 東京では全国に先駆けて「開花宣言」「満開宣言」が出ましたが、冷え込みが続いて「それってどこの話?」という状況でした。でもこの日、ついに春がやってきました! (Panasonic LUMIX DMC-LX100) 歳をとったせいか、近ごろ日本的なものに心を動かされます。20代のころは、いまほど桜に愛着はなかったのに・・・  …

続きを読む

2012年の桜

今年全国に先駆けて開花宣言が出た東京ですが、その後の冷え込みで足踏み。昨日から気温が上がっているので、この週末には見ごろになるかも。 (Olympus OM-D E-M5, M.Zuiko Digital ED 45mm F1.8、2012年4月撮影) ブログ写真が枯渇しているので、撮りためたアーカイブを探してみたら、こんなのが出てきました。 写真部の女性が結婚したとき、お…

続きを読む

悪花は良花を駆逐する?

アヒルさんのコメントにもありましたが、チューリップは開花の段階で大きく表情が変わります。今回買った白のパーロット咲きは、花が開くと下を向く品種。変化に合わせて、奥さんが違う花瓶に生け直してくれました。 (Olympus OM-D E-M5, M.Zuiko Digital ED 45mm F1.8) ところで・・・ 義父の墓参りに行くと、お墓に造花が多いことに驚…

続きを読む

酒量

もともとお酒に弱い僕。50歳が近づき、さらに飲めなくなったと感じています。 飲み会の席で周囲の人と比べると、酒量は1/2ぐらいかなぁ。いやもっと少ないかも。ビールなら中ジョッキ1杯飲めばもうほろ酔い。なんとか3杯くらいは飲めますが、それ以上だと翌日に影響が出る。 仕事の宴席ではビールで通すことにしています。ビールのあと焼酎や日本酒に替える人が多いと思いますが、僕がそんなことをしたら、…

続きを読む

みにくいアヒルの子?

ベランダではとう立ちしたルッコラが花盛り。 でもこの花かわいくないですね。花弁が血走った目のよう。もしくは僕の苦手な昆虫の羽みたい。 この花を見るたび「来年はルッコラはやめよう」と思います。ひどい話ですね。ルッコラの花には何の罪もないのに。 そう言いつつ、毎年のように作ってますけどね。

続きを読む

ホワイトディに花束を

奥さんへのホワイトディのプレゼントは、チューリップの花束にしました。 花束は、贈る方の気持ちも上げてくれますね。もともと花好きで、学生時代は花屋でアルバイトしていた僕。お店で花に囲まれていると、ウキウキした気分になってきます。春は花の種類が多くて楽しさ倍増。しばらく考えた末、この季節らしいチューリップを選ぶことにしました。 (Olympus OM-D E-M5, …

続きを読む

失って気づくこと

義父が亡くなって5か月。あっという間に時は過ぎていきます。月日は思い出を少しずつ風化させる・・・ でも、それによって分かることもあるようです。 生前、彼は義母からこんなふうに言われていました。 -お父さんは服装に気を遣わない。見苦しいから一緒に出かけたくない。 -いつも私に小言ばかり。そんなことまで言わなくてもいいのに。 -自分の健康を気にしすぎ。それほど頻繁に病院に行かなくても…

続きを読む