赤だし

1月のアンダーズで印象に残ったのは、朝食の味噌汁でした。濃厚で味わい深い赤だし。僕は赤だしの味噌汁が大好きなんです。郷里の静岡は名古屋文化の影響を受けていて、赤味噌は珍しくありません。でもホテルのブッフェスタイルの朝食でははじめて。 そんな話を仙台出身の女性にしたら、彼女は赤味噌が苦手だそう。そんなものを好むのは、仙台では変わり者だけなんだって。 自作の…

続きを読む

悪花は良花を駆逐する?

アヒルさんのコメントにもありましたが、チューリップは開花の段階で大きく表情が変わります。今回買った白のパーロット咲きは、花が開くと下を向く品種。変化に合わせて、奥さんが違う花瓶に生け直してくれました。 (Olympus OM-D E-M5, M.Zuiko Digital ED 45mm F1.8) ところで・・・ 義父の墓参りに行くと、お墓に造花が多いことに驚…

続きを読む

酒量

もともとお酒に弱い僕。50歳が近づき、さらに飲めなくなったと感じています。 飲み会の席で周囲の人と比べると、酒量は1/2ぐらいかなぁ。いやもっと少ないかも。ビールなら中ジョッキ1杯飲めばもうほろ酔い。なんとか3杯くらいは飲めますが、それ以上だと翌日に影響が出る。 仕事の宴席ではビールで通すことにしています。ビールのあと焼酎や日本酒に替える人が多いと思いますが、僕がそんなことをしたら、…

続きを読む

子供の領分

久しぶりに奥さんとららぽーとに行ってきました。開店時刻の11時を狙って入ったランチブッフェの店。どの料理も美味しく、ついつい食べ過ぎてしまいました。 でもね。店内の賑やかさには参りました。写真を撮った入店時は良かったのですが、その後どんどんお客が増えて、ほぼ満席。 ららぽーと湘南平塚のお客は大半が子供連れの家族。フードコードは保育園の遠足…

続きを読む

料理の功名 -ホウボウの昆布じめ

鮮度のいいホウボウが手に入ったので、得意の昆布じめを作ってみました。ほんのり磯の香りがする逸品。醤油よりも塩が合う繊細な風味。 恥ずかしいことですが、自分で昆布じめを作るようになって、はじめて昆布の美味しさを知った気がします。 郷里の静岡は鰹の水揚げが日本一。味つけは鰹だしが主体です。静岡おでんや富士宮焼きそばには、鰹や鰯の削り節を粉にした「だし粉」をかけて食…

続きを読む

失って気づくこと

義父が亡くなって5か月。あっという間に時は過ぎていきます。月日は思い出を少しずつ風化させる・・・ でも、それによって分かることもあるようです。 生前、彼は義母からこんなふうに言われていました。 -お父さんは服装に気を遣わない。見苦しいから一緒に出かけたくない。 -いつも私に小言ばかり。そんなことまで言わなくてもいいのに。 -自分の健康を気にしすぎ。それほど頻繁に病院に行かなくても…

続きを読む

週末の朝

目覚めると部屋を満たす柔らかな光。暗いうちに起きて身支度をはじめる平日とは大違い。優しい光に包まれているだけで、すこし元気が出ます。 とはいえまだ寒くてベッドから出られません。とりあえずiPhoneでAir Playスピーカーを立ち上げて、静かに音楽を流す。と、そのまま二度寝しちゃったりして。 意を決してカーテンを開け、ふたり分の紅茶を淹れる。アールグレイの香りを楽しみながらベッドで…

続きを読む

テレビのなかの自分

先日テレビ会議システムを使った講習会があって、僕が司会を務めました。進行は上手くいき気を良くしていましたが、あとから録画を見てがっかり。自分では堂々と話しているつもりが、神経質で臆病で自信がなさそう。周囲には僕はこんなふうに見えているんだなぁ。 動画は、写真ではわからない表情や仕草、立ち居振る舞いも写るから残酷ですね。こんな狡猾な男、僕は好きになれないな。鏡のなかの自分はもっと余裕があって…

続きを読む

2017年

年末年始のお休みが終わり、弊社は今日が仕事始め。初日から通常業務で、おとそ気分はなし。いきなりアクセル全開となりそうです。 数えてみると、12月16日から昨晩まで19日間、忘年会や帰省で毎日たらふくお酒を飲んでいました。おかげで少々体重オーバー。今年の目標は、まずは体重をもとに戻すことです。 (Panasonic LUMIX DMC-LX100) 2…

続きを読む

2016年

早いもので明日は大晦日。これが今年最後のブログ更新になります。ここ数年、「何もなく穏やかだった」と年を締めくくることが多かったのですが、今年はいろいろありました。 4月に6年ぶりの人事異動で東京勤務に。毎日3時間半の通勤を強いられる日々が始まりました。9月には義父が他界。初めて経験する近親者の不幸は、僕らにとってとても大きな出来事でした。 あの日僕は期限ギリギリに夏季休暇がとれて、大…

続きを読む

空と僕のあいだに

「マンション高層階の眺望は魅力的だけど割高。景色にはすぐ飽きるから、低層階を買う方が賢い」。不動産のプロがそんな話をしているのをときどき耳にします。 まぁ割高というのは確かだと思います。新築マンションの高層階の固定資産税が上がるようですしね。でも「景色にはすぐ飽きる」には賛同しかねるなぁ。だって僕、10年以上も飽きてないもん。 (Olympu…

続きを読む

ヴィーノにららぽーと

先月平塚にオープンしたららぽーと。わが家のドアを開けて本田くんに乗り、ららぽーとの入り口に着くのにわずか7分。ほんとうに近い! でもららぽーとに行くと、物欲の減退を実感します。ここには247もの店舗があって、衣料品、雑貨、家具などあらゆるものが揃っているのに、買いたいモノがない・・・ 唯一例外は、ストウブの鍋やヘンケルの包丁を扱うツヴィリングの直営…

続きを読む

逡巡

50歳の誕生日まであと5か月になりました。20歳、30歳、40歳のときは、自分のために腕時計を購入しましたが、50歳はどうしようかな・・・ 物欲が減退していることもあり、なかなか決め手がない状態が続いています。 できれば一生使えるものがいい。とすると、製品寿命30年。これはなかなかハードルが高いですね。その点で時計はいいのですが、高額な維持費を考えるとこれ以上は無理でしょう。 ビスポ…

続きを読む

魔女の一撃

この前の週末は、義父の四十九日の法要で帰省。これに合わせて仏壇を購入したので、男性2人で持ち上げたところ・・・ やってしまいました、ぎっくり腰。 幸い寝こむほどではないので出勤してはいますが、椅子に座って事務仕事をするので精一杯。打合せや会議のための移動もしんどい。走ることはできず、電車にかけ込むなんてもってのほか・・・ ドイツ語でぎっくり腰を「魔…

続きを読む

ケンカできる幸せ

僕と奥さんは、結婚23年目となる今でもけっこう仲良し。週末はお酒を飲みながらいろいろな話をします。でもときには言いすぎてケンカになることも。先日も酔っぱらって余計なことを言ってしまいました。 もちろん小さなものでもケンカは避けたほうがいい。ただ義父が亡くなってからは、ケンカできるのは幸せなことかも・・・と思うようになりました。 生前、義父と義母はいつも小さな小競りあい。ふたりの仲が良…

続きを読む

朝焼け

秋の深まりとともに、太陽が朝寝坊になってきました。ついこのあいだまで朝焼けを見ることなどなかったのに、この頃はほぼ毎日。僕の方が早起きになるのはもうすぐです。 僕はキンと冷えた湘南の冬が好きですが、暗いうちに起きるのは苦手。ここ6年は平塚勤務だったから、朝7時に起きればよかったんだけど・・・ まぁ早起きになったといっても、所詮6時ですけどね。 気温が下がり、街角でストールやコ…

続きを読む

しきたり

義父の葬儀を経験して、四半世紀ぶりに「家」や「地域」の存在を痛感しました。正直言って、僕の苦手な分野です。 いろいろな事情から、僕は奥さんの家の婿養子になっています。これまで「義父」と書いてきましたが、「養父」とするのが正確なのでしょう。 僕がそうすることを選んだのは、「家」は長男が継ぐもの、結婚すると女性が改姓するもの、結婚は個人のものではなく「家」のものであるというような、この国…

続きを読む

おもたせ?

義母が喜んでくれるので、週末帰省する奥さんに持っていってもらった手料理。自分たちが食べる料理を少し余分に作ってタッパウェアに詰めるだけですが、看病に追われる義母の役に、少しは立ったかな? ブログ未掲載の写真がいくつかあったので、ここで大放出(笑)。上から「バターナッツカボチャのオートミール煮」、「パウンドケーキ」(奥さん作)、「根菜のラタトゥイユ」。義父が亡くなり、これから料理を持っていく…

続きを読む

階段

9月28日(水)。1日だけ夏休みが取れ、大船フラワーセンターで花の撮影に興じているとき、義父が亡くなったという知らせがありました。最近は容態が安定していて、奥さんも義母も「しばらくは大丈夫だろう」と思っていた矢先でした。 すぐに自宅に戻り、宿泊の支度をして帰省。北海道に出張していた奥さんも駆けつけ、そこから通夜、葬儀、役所や銀行の手続きと濃密な日々を過ごしました。 この一週間は、映画…

続きを読む

僕は弁当でできている

異動によって変わったのは通勤だけではありません。食生活への影響も大きい。 朝ごはん抜きは以前と同じですが、昼食は社員食堂から弁当に格下げになりました。本社には食堂がないんです。職場周辺の飲食店は混雑するし、高価なので滅多に行きません。ほぼ毎日、ビル内で販売されている弁当を食べています。 夜は東京駅周辺で弁当を買い、電車内で食べます。近隣の定食屋に寄る手もありますが、一分でも早く帰宅す…

続きを読む

電車で熟睡できますか

往復3時間半の通勤を強いられる生活で、油断すると失われるのが睡眠時間。目覚ましが5時50分に鳴るので、23時50分には寝て、6時間の睡眠を確保したい。 同じ平塚在住の同僚は、「電車で寝るから大丈夫」なんだそう。確かに車内で過ごす往復2時間を睡眠時間として加算できればずいぶん楽になります。 でも僕は電車では寝られないんですよね~。混んでいるととなりの人が気になるし、首がカクンと落ちるた…

続きを読む

女には敵わない

祖母が他界した日、義父が自宅で吐血して再入院しました。がんと闘っている義父。久しぶりに許可がおりて帰宅した矢先でした。 義母は自分の母親の葬儀と夫の入院で、心身ともに疲労困憊。時おり弱音を吐きますが、それでも献身的な看病を続けています。 そんな義母を、近所に嫁いだ義姉が支え、さらに妹(うちの奥さん)がサポート。父親のがんが発覚して以来、奥さんは頻繁に帰省するようになりました。母と娘2…

続きを読む

夕暮れ散歩

「おばあちゃんが危ない」と連絡があり、先日、急きょ帰省しました。 彼女は奥さんのおばあちゃん。3月に100歳を迎え、多くの人に祝福されたばかりです。 ベッドに横たわる彼女はほとんど眠ったまま。時おり目が覚めて、見守る娘たちに何かを話そうとします。向こうの世界との境目をさまよっているのかもしれません。 これまでたいした病気もせず、呆けてしまうこともなかった。施設に入ってからも娘2人の…

続きを読む

普通?

先日話をしていた同僚は、仕事用の服を奥さんに買ってもらっているそうです。その場で、「あ、オレも」と手を挙げたのがもう一人。どちらも僕と同世代です。 これ、僕にはけっこう衝撃でした。僕の場合、服を買うのは大きな楽しみのひとつ。それを奥さんにゆずり渡すなんてできません。それに、どんなに彼女がオシャレでも、自分好みの服を選んでくれるはずがない。 多様性・個性の時代において、「普通」という言…

続きを読む

富士山とともに

猛烈な南風が吹き荒れた昨日から一転。今朝の湘南は清々しい青空。澄んだ空気に映える富士山が美しい。 ゴールデンウィークの影響もあり、異動から1か月経った今も、僕の生活のリズムは安定していません。 僕は新しい環境に順応し、枝葉を広げるのに時間がかかるタイプ。早起きや通勤電車、新しい仕事に慣れるのには、もう少し時間が要りそうです。そのかわり一度根を下ろせば、容易には枯れない丈夫さも持ってい…

続きを読む

誰も知らない

先月送別会で訪れたダイニング・バーで、片隅に置かれたCDラジカセから、「Getz/Gilberto」が流れていました。 このアルバムは、はたちの頃に出逢い、以来30年間、僕の心の「ベストテン第1位」に君臨し続ける愛聴盤。まるでわが家に居るような気分で聴き入ってしまいました。 周囲にいた同僚たちにそのことを話すと、ただ「へぇ」という反応。誰ひとり、流れてくる美しい音楽に興味がない様子。…

続きを読む

Happy Birthday to Me

先週××歳の誕生日を迎えました。 「誕生日おめでとう」と言ってくれたのは2人だけです。年々減っていく・・・ まぁ誕生日が嬉しい年齢ではありませんしねぇ。  (Olympus OM-D E-M5, M.Zuiko Digital ED 75mm F1.8、4月9日撮影) 来年はいよいよ大台を迎えます。記念に何を買うべきか、そろそろ検討をはじめなくては。…

続きを読む

通勤

平塚・東京間は東海道線で1時間10分。この長い乗車に耐えられるのは、始発や連結車両を選べば何とか座れるからです。僕も今週から7時8分の始発を利用しはじめました。 席を確保してパソコンを広げ、急ぎの仕事やブログの下書き。こんなふうに時間を使えば、長時間の通勤も悪くない。 でもそんな余裕は戸塚まででした。横浜に着くと大量の人がドカドカと乗り込み、パニックかと思うほどの大混雑。座っている僕…

続きを読む

年齢 vs 個性

自分が20代だったころ、年齢が若いほどオシャレに敏感だと思ってしました。でも最近はそうでもないなぁと感じています。 20代でも40代でも、服装に興味がある人はあるし、ない人はない。ま、程度が同じなら、20代のほうが魅力的に見えるのは否めませんが。 IT機器に関する興味や知識も同様。パソコンやスマートフォンに詳しいオジサンはけっこういるし、その逆の20代もいる。 音楽や本も。世代…

続きを読む

小さな懸念

あさ目を覚まし、小声で「おはよう」と声をかけると、眠そうに微笑んで「おはよう」と返してくれる。ふたりのベッドには、毎朝小さなシアワセが訪れます。 でも来週から、そうはいかなくなりそう。 いま僕らが目を覚ますのは6時45分ですが、これからは僕だけ1時間早く起きなくてはいけません。通勤時間は1時間45分。彼女を起こさないように静かにベッドを出て、ひとり身支度を始めます。 こういう些…

続きを読む