ぜんぶ、アイツのせいだ。 ―清澄白河

予定どおり14時にチェックアウトして、ホテル直下の三越前駅から半蔵門線に乗り込みました。めざすは2駅先の清澄白河。マンダリンオリエンタルを選んだ一番の理由は、清澄白河に近いことでした。 3月の「デート」で恋に落ちた清澄白河。また来るだろうとは思いましたが、こんなに早く再訪が叶ったのは意外。 地下鉄を降りて最初に向かったのは、リバーサイドのレストラン「PITMANS」。ここは「清洲橋醸…

続きを読む

ぜんぶ、アイツのせいだ。 ―いいこともある

翌朝は日の出とともに目覚めました。 朝日とスカイツリーの共演。 この3625号室はスカイツリー側(東側)の最上階。今回のプランは部屋を指定できないので、反対側のもっと下になる可能性もありましたが、おそらく客室に余裕があり、良い部屋を割り当ててくれたのでしょう。 昨日は不満を書き連ねてしまいましたが、悪いことばかりじゃありません。 朝食は37階のレストランで。僕らの…

続きを読む

ぜんぶ、アイツのせいだ。 ―マンダリンオリエンタル

大手町のアマンで昼食を終え日本橋に移動。三井タワーのマンダリンオリエンタルホテルにチェックインしました。 ここに泊まったのは13年前の八百屋時代。好印象でしたが、プールがないのがもの足りず、長らく遠ざかっていました。 今回は、レイトチェックアウト(14時)、ホテル内で使える10,000円分のクーポン、スパークリングワイン1本付きというプランに惹かれて、再訪を決めました。 50㎡…

続きを読む

ぜんぶアイツのせいだ。 ―AMANホテルで昼食を

ゴールデンウィーク終わっちゃいましたね。 5連休前半は静岡に帰省。27回目の結婚記念日は郷里で過ごしました。後半は都内にお出かけ。自宅で過ごした昨年に比べるとあわただしい連休でした。明けて5月6日は出勤しましたが7日は有給休暇を取り、最後の金土日はのんびりできました。 静岡から戻り、たまった家事をかたづけた5月4日。結婚記念日のお祝いに都内のレストランを予約しま…

続きを読む

明日、春が来たら ー清澄白河

素晴らしいランチのあと、清澄白河の街を歩いて半蔵門線の駅に向かいました。このシリーズ、ようやくこれが最終回です。 初めて来た清澄白河について僕が知っていることは、サードウェーブブームのきっかけとなった「Blue Bottle Coffee」の海外1号店があるということぐらい。意外と東京駅から近いことも、とても魅力的な街だということも、まったく知りませんでした。 「フジマル醸造所」から…

続きを読む

明日、春が来たら ーセレンディピティ

さて、デートの続きです。 「ライゾマティクス_マルチプレックス」を見終え、次はランチ。でも初めて来た清澄白河にはまったく当てがありません。僕は電車で移動してホテルのレストランに行くのが無難だと主張したのですが、奥さんはネットで見つけた「フジマル醸造所」というワイン工房が併設する店に行きたいとのこと。しばらく押し問答しましたが、結局僕が折れました。 とはいえ彼女も良い店だという確信があ…

続きを読む

明日、春が来たら ーライゾマティクス

3月20日に始まった東京都現代美術館の「ライゾマティクス_マルティプレックス」。とても気になっていました。見るたびに「すごい」「どうやっているんだろう」と思うPerfumeのライブ映像。その舞台装置を手がけるライゾマティクスが個展をやると聞いて、いてもたってもいられませんでした。 こちらは2015年の圧巻のライブ!まさに「どうやっているんだろう」ですね。 入場して最初に目に飛…

続きを読む

明日、春が来たら

何か楽しいことないかなぁ。 引きこもり、超インドア派の僕ですが、そろそろ出かけたい気分になってきました。春ですからね。 コロナ前なら今ごろは夏休みの旅行が決まり、それを心の支えに忙しい日々をやり過ごすのですが、今年は先の予定が立てられません。 まだ桜が残っていた先日、そんな重い気分を晴らそうと、休みをとって奥さんと都内に出かけてきました。5…

続きを読む

ステイケーション@パレスホテル その3

3日目も前日と同じ時刻に目覚めてグランドキッチンで朝食。定刻の12時にチェックアウトして、ステイケーションが終わりました。アーティゾン美術館を除けば、ホテルから一歩も出ない引きこもりの2泊3日。コロナ禍らしい滞在でした。 パレスホテルに泊まるのは今回が初めてなので、感想を残しておこうと思います。 <良いところ> 1.眺望 期待以上の眺望に感激しました。…

続きを読む

ステイケーション@パレスホテル その2

2日目の朝は清々しい朝焼けで目覚めました。皇居越しの富士山、国会議事堂、東京タワー(先端だけですが)。改めて素晴らしい眺望に感激。この三連休は強力な寒気がやってきて東京も冷え込み、連日晴天が続きました。 朝食は1階のグランドキッチンで。朝の柔らかな日差しが入るレストランはサンルームみたいで気持ちがいい。やはり客数は少なく、緊急事態宣言下であることを実感します…

続きを読む

ステイケーション@パレスホテル その1

いやぁ、先週は忙しかったです。日付が変わるまで仕事をするとさすがに疲れますね。今週はいつものペースに戻りたいっす。 さて、少し前の話題になってしまいましたが、成人式の連休は例年どおり都内のホテルに宿泊して、何もしない休日を楽しみました。流行りの言い方をすれば「ステイケーション」ってヤツですね。今回の宿泊先は丸の内の「パレスホテル」。昨春宿泊予定だったのですが新型コロナの影響でキャンセル。よ…

続きを読む

料理も見た目が9割?

ギタージャンボリー参戦直前、丸の内のイルギオットーネで昼食をとりました。先日ブログにこの店のことを書いて、久しぶりに行きたくなっちゃったんです。 土曜日11時の丸の内はまだ静かで、客は僕たち2人だけ。柔らかな光が降り注ぐ席で、気持ちの良いランチをいただきました。 こうして写真を見直してみると、レストランは盛りつけが上手ですね。自分の料理を撮影するように…

続きを読む

丸の内に火が灯る

コロナ禍が再燃するなか、今年も丸の内のイルミネーションに火が灯りました。 最近は物欲もオシャレ欲も失せて、仕事帰りに仲通りを歩く機会がめっきり減りましたが、たまに来るとやっぱりいいですね。都会の魅力に溢れるこの街が、僕は好きなんだなぁ。 そこかしこにクリスマスの飾り。気づけばクリスマスまであと2週間なんですね。今年はなんとなく季節感が…

続きを読む

自然には抗えない

東京駅の丸の内口と皇居を結ぶ行幸通りの銀杏が黄金色に染まりました。 同じ内容の記事を11月8日にアップした去年とほぼ同時期。昨年は記録的な暖冬でしたが、今年はどうなりますかねぇ。 仕事帰りに新丸ビルの成城石井に寄ったら、毎年楽しみにしているオリーブの新漬けが入荷していました。例年11月上旬から出回る季節限定商品。輸入品と比べるとあっさりした味つけで僕好み。これほど美味…

続きを読む

ウィズコロナのホテルライフ@アンダーズ東京(後編)

ホテルに到着して驚いたのはロビーの混雑でした。チェックイン待ちの人が溢れ順番待ち。このホテルでは初めてかも。翌日の朝食も満席。これまでなら少し待てば眺めがいい窓際の席に座れましたが、今回はあきらめました。 海外からの客はなく、東京は「Go to Travel」の対象外。「ホテルは閑散としているだろう」という予想はハズレました。スタッフに聞いてみると、宿泊者数が…

続きを読む

ウィズコロナのホテルライフ@アンダーズ東京(前編)

「Go to Travel」キャンペーンの賛否はともかく、人生に旅は必要です。できれば2月に逃した九州か、「3000日間京都一周プロジェクト」の京都に行きたい! でも感染状況はそれほど寛容ではありませんでした。 結局4連休のデスティネーションは「いつも」のアンダーズ東京。これで5回目の宿泊です。すでに「第2のわが家」みたいなもので新鮮さはありませんが、目的はいつもどおり「何もしないこと」だ…

続きを読む

有楽町で買いましょう

京橋のイトーキで「バーテブラ」を見て、この日のミッション1を完了。ミッション2は夏服の買い物です。 まずは京橋から銀座に移動して、お気に入りのインド料理店「グルガオン」でランチ。腹が減っては戦はできぬ。 贅沢して、タンドリーチキンやデザートが付いた「グルガオンスペシャル」を食べちゃいました。 このときは11時半でまだ空い…

続きを読む

椅子を探しに

先週の金曜日に休みをとって、イトーキのショールームに行ってきました。雑誌で見つけた椅子「バーテブラ」が気になって仕方がないんです。 在宅勤務で長時間机に向かっていると、どうしても腰が痛くなります。先日「魔女の一撃」に見舞われてからはとくに辛い。これは早目に手を打たねば、という気持ちもありまして。 イトーキのショールームは京橋にあり、東京駅から徒歩5~6分。エレベ…

続きを読む

3 度目も正直 REGAL TOKYO built to Order system

9月にオーダーした靴が出来あがりました。今回もREGAL TOKYOのパターンオーダー=built to Order systemです。 名前のタグが付いた箱を開けると、丁寧に片足ずつ袋に入れられた靴が出現。3足目はローファーにしました。 ローファーはカジュアル過ぎるので、仕事では履かない主義でした。でも弊社もネクタイ不要となり、オフィス全体がカジュアルになっ…

続きを読む

変わること変わらないこと

仕事でネクタイが不要になったのはいいんだけど、やっぱり何となく締まらない(ネクタイだけにね)。対策としてポケットチーフを始めてみたけど、社内ではちょっと恥ずかしい。じゃあシャツをオシャレにしてみよう! というわけで、クレリックシャツに初挑戦。 まぁ挑戦ってほどじゃないんだけど、ポケットチーフ同様、なんとなく恥ずかしいっすね。慣れるのに少し時間がかかりそうです。 仕事用…

続きを読む

丸の内サディスティック

金曜の夜。定時にオフィスを抜け出し、奥さんの待つ有楽町に向かいました。 途中の丸の内仲通りは恒例のイルミネーションが始まったばかり。クリスマスデコレーションが輝き、行き交う人々は笑顔が多い。夜の丸の内は都会の魅力溢れる大人の街。これから年末までは、この街がもっとも華やぐ季節ですね。 有楽町の用件が予定より早く終わったので、久し…

続きを読む

通勤途中の秋

日の出の時刻が遅くなり、ベッドを出るのが辛くなってきた今日このごろ。季節感のない僕の通勤路でも、秋を感じるようになりました。 まずは、玄関を出てエレベーターに向かうと目に入ってくる富士山。先日の初冠雪で絵に描いたような富士山の姿になりました。 東京駅と皇居をつなぐ行幸通りでは、銀杏が色づいてきました。ここは周囲に比べ紅葉が早く、一足先に秋の訪れを教えてくれます。 …

続きを読む

ランチタイムが終わる頃

「9月末までに有給休暇5日取得」という弊社の指令をこなすべく、先日午後半休を取りました。ようやくこれで任務完了です。強制的に休暇を取らせるこの制度、ちょっと疑問もあるけれど、社内に休みやすい雰囲気が生まれたのはいいことかな。 さて。 せっかくの半休ですがたいした用事はなく、金曜日の午後がぽっかりと空きました。早く帰宅しても仕方ないので、久しぶりに丸の内仲通りを散歩。 この日は暑…

続きを読む

都会でなくてよかった

15年前に購入したわが家から。今のところ周囲に高い建物はなく、湘南の海と空の眺めは健在です。 こちらは先日のアンダーズホテル。皇居側に40階を超えるビルが建築中。筑波山まで見渡せた素晴らしい眺望もこれでは台なし。レストランもプールも同じ方向に窓があるので、このホテルの魅力が大きく削がれてしまいました。 ↑37階のプールから ↑5004号室から 都内ではタケ…

続きを読む

女子3人とめぐる東京 ふたりの時間

2日間の東京観光が終わり、ようやくふたりの時間が訪れました。はい。このネタまだ続いています。 義母たちと別れてホテルに戻り、ルームサービスで軽食。借りておいた「ハウルの動く城」と「魔女の宅急便」を見ながら、いつもの部屋飲みです。調子に乗ってワイン2本を空け、10時頃に沈没・・・翌日は早起きしてプールへ行き、腹を空かしたところで朝食。 典型的な都内泊のパターンで…

続きを読む

女子3人とめぐる東京 朝食&はとバスツアー

東京観光2日目は、アンダーズホテルの朝食ブッフェから。 和洋中。ブッフェ台に並ぶ豪華な料理にはしゃぐ姉と妹。取ってきた料理をいちいち写真に撮る様子を見ると、心から楽しんでいることが伝わってきます。彼女たちは好き嫌いがなく、70歳を超えているとは思えない健啖ぶり。少食の僕には羨ましい限り。8時半に席に着き、食べ終えたのは10時半でした。朝食とは思えませ…

続きを読む

女子3人とめぐる東京 河童橋&銀座

この3連休は静岡に住む奥さんのお母さんを東京に招いて、東京観光を楽しんできました。2年前に夫を亡くし落ちこんでいた義母ですが、最近は元気を取り戻し、新しい人生を楽しんでいます。体調も万全で、いまなら街歩きも楽しめる。「親孝行と火の用心は灰にならぬ前」ですからね(笑)。 今回は彼女と、仲の良い妹(奥さんの叔母)、僕たち夫婦の4人。というより女子3人旅+僕という構図です。ま、女子といっても50…

続きを読む

飲みたい日もある

仕事を除けば、僕がお酒を飲むのは週末だけ。体質的にお酒に弱く、ちょっと飲むと眠たくなる。誰かと飲むと、後から「言い過ぎた」とか「失礼だった」とか反省しちゃうので、かえってストレスになる。でもお酒自体は好きだから、自宅で奥さんと飲むのがいい。 それでもたま~に仕事が早く片づいたときや、何かいいことがあったときは、飲んで帰りたくなる。まぁ半年に一回くらいですけどね。 そん…

続きを読む

ことしの冬は

皇居から東京駅へと続く行幸通りのいちょう並木。毎年ここの黄葉を楽しみにしています。でも今年は遅かったなぁ。ブログで記事にした日を確認してみたら、昨年は11月10日、一昨年は11月21日。やっぱりね。 丸の内ではいまだにコートを着ていない人が多い。マフラーや手袋はほとんど見かけません。そういう僕は早くお気に入りのダッフルコートが着たいんだけど、なかなかその日が来なくてうずうず…

続きを読む

「ふつうのごはん」のシアワセ

会議で東京大学に向かう途中、根津で昼食。事前にチェックしておいた裏路地で、定食屋さん数軒を物色しました。僕は店選びのセンスがないので、一緒にいた同僚(蕎麦屋、ラーメン屋めぐりが趣味)に任せると、彼が選んだのはこちらの「和幸」さん。地元に溶けこんだいい感じの店だけど、このディスプレイを見ると不安になります・・・ 店内に入るとやっぱり常連さんが多い。いかに…

続きを読む