ウィズコロナのホテルライフ@アンダーズ東京(後編)

ホテルに到着して驚いたのはロビーの混雑でした。チェックイン待ちの人が溢れ順番待ち。このホテルでは初めてかも。翌日の朝食も満席。これまでなら少し待てば眺めがいい窓際の席に座れましたが、今回はあきらめました。 海外からの客はなく、東京は「Go to Travel」の対象外。「ホテルは閑散としているだろう」という予想はハズレました。スタッフに聞いてみると、宿泊者数が…

続きを読む

ウィズコロナのホテルライフ@アンダーズ東京(前編)

「Go to Travel」キャンペーンの賛否はともかく、人生に旅は必要です。できれば2月に逃した九州か、「3000日間京都一周プロジェクト」の京都に行きたい! でも感染状況はそれほど寛容ではありませんでした。 結局4連休のデスティネーションは「いつも」のアンダーズ東京。これで5回目の宿泊です。すでに「第2のわが家」みたいなもので新鮮さはありませんが、目的はいつもどおり「何もしないこと」だ…

続きを読む

有楽町で買いましょう

京橋のイトーキで「バーテブラ」を見て、この日のミッション1を完了。ミッション2は夏服の買い物です。 まずは京橋から銀座に移動して、お気に入りのインド料理店「グルガオン」でランチ。腹が減っては戦はできぬ。 贅沢して、タンドリーチキンやデザートが付いた「グルガオンスペシャル」を食べちゃいました。 このときは11時半でまだ空い…

続きを読む

椅子を探しに

先週の金曜日に休みをとって、イトーキのショールームに行ってきました。雑誌で見つけた椅子「バーテブラ」が気になって仕方がないんです。 在宅勤務で長時間机に向かっていると、どうしても腰が痛くなります。先日「魔女の一撃」に見舞われてからはとくに辛い。これは早目に手を打たねば、という気持ちもありまして。 イトーキのショールームは京橋にあり、東京駅から徒歩5~6分。エレベ…

続きを読む

3 度目も正直 REGAL TOKYO built to Order system

9月にオーダーした靴が出来あがりました。今回もREGAL TOKYOのパターンオーダー=built to Order systemです。 名前のタグが付いた箱を開けると、丁寧に片足ずつ袋に入れられた靴が出現。3足目はローファーにしました。 ローファーはカジュアル過ぎるので、仕事では履かない主義でした。でも弊社もネクタイ不要となり、オフィス全体がカジュアルになっ…

続きを読む

変わること変わらないこと

仕事でネクタイが不要になったのはいいんだけど、やっぱり何となく締まらない(ネクタイだけにね)。対策としてポケットチーフを始めてみたけど、社内ではちょっと恥ずかしい。じゃあシャツをオシャレにしてみよう! というわけで、クレリックシャツに初挑戦。 まぁ挑戦ってほどじゃないんだけど、ポケットチーフ同様、なんとなく恥ずかしいっすね。慣れるのに少し時間がかかりそうです。 仕事用…

続きを読む

丸の内サディスティック

金曜の夜。定時にオフィスを抜け出し、奥さんの待つ有楽町に向かいました。 途中の丸の内仲通りは恒例のイルミネーションが始まったばかり。クリスマスデコレーションが輝き、行き交う人々は笑顔が多い。夜の丸の内は都会の魅力溢れる大人の街。これから年末までは、この街がもっとも華やぐ季節ですね。 有楽町の用件が予定より早く終わったので、久し…

続きを読む

通勤途中の秋

日の出の時刻が遅くなり、ベッドを出るのが辛くなってきた今日このごろ。季節感のない僕の通勤路でも、秋を感じるようになりました。 まずは、玄関を出てエレベーターに向かうと目に入ってくる富士山。先日の初冠雪で絵に描いたような富士山の姿になりました。 東京駅と皇居をつなぐ行幸通りでは、銀杏が色づいてきました。ここは周囲に比べ紅葉が早く、一足先に秋の訪れを教えてくれます。 …

続きを読む

ランチタイムが終わる頃

「9月末までに有給休暇5日取得」という弊社の指令をこなすべく、先日午後半休を取りました。ようやくこれで任務完了です。強制的に休暇を取らせるこの制度、ちょっと疑問もあるけれど、社内に休みやすい雰囲気が生まれたのはいいことかな。 さて。 せっかくの半休ですがたいした用事はなく、金曜日の午後がぽっかりと空きました。早く帰宅しても仕方ないので、久しぶりに丸の内仲通りを散歩。 この日は暑…

続きを読む

都会でなくてよかった

15年前に購入したわが家から。今のところ周囲に高い建物はなく、湘南の海と空の眺めは健在です。 こちらは先日のアンダーズホテル。皇居側に40階を超えるビルが建築中。筑波山まで見渡せた素晴らしい眺望もこれでは台なし。レストランもプールも同じ方向に窓があるので、このホテルの魅力が大きく削がれてしまいました。 ↑37階のプールから ↑5004号室から 都内ではタケ…

続きを読む

女子3人とめぐる東京 ふたりの時間

2日間の東京観光が終わり、ようやくふたりの時間が訪れました。はい。このネタまだ続いています。 義母たちと別れてホテルに戻り、ルームサービスで軽食。借りておいた「ハウルの動く城」と「魔女の宅急便」を見ながら、いつもの部屋飲みです。調子に乗ってワイン2本を空け、10時頃に沈没・・・翌日は早起きしてプールへ行き、腹を空かしたところで朝食。 典型的な都内泊のパターンで…

続きを読む

女子3人とめぐる東京 朝食&はとバスツアー

東京観光2日目は、アンダーズホテルの朝食ブッフェから。 和洋中。ブッフェ台に並ぶ豪華な料理にはしゃぐ姉と妹。取ってきた料理をいちいち写真に撮る様子を見ると、心から楽しんでいることが伝わってきます。彼女たちは好き嫌いがなく、70歳を超えているとは思えない健啖ぶり。少食の僕には羨ましい限り。8時半に席に着き、食べ終えたのは10時半でした。朝食とは思えませ…

続きを読む

女子3人とめぐる東京 河童橋&銀座

この3連休は静岡に住む奥さんのお母さんを東京に招いて、東京観光を楽しんできました。2年前に夫を亡くし落ちこんでいた義母ですが、最近は元気を取り戻し、新しい人生を楽しんでいます。体調も万全で、いまなら街歩きも楽しめる。「親孝行と火の用心は灰にならぬ前」ですからね(笑)。 今回は彼女と、仲の良い妹(奥さんの叔母)、僕たち夫婦の4人。というより女子3人旅+僕という構図です。ま、女子といっても50…

続きを読む

飲みたい日もある

仕事を除けば、僕がお酒を飲むのは週末だけ。体質的にお酒に弱く、ちょっと飲むと眠たくなる。誰かと飲むと、後から「言い過ぎた」とか「失礼だった」とか反省しちゃうので、かえってストレスになる。でもお酒自体は好きだから、自宅で奥さんと飲むのがいい。 それでもたま~に仕事が早く片づいたときや、何かいいことがあったときは、飲んで帰りたくなる。まぁ半年に一回くらいですけどね。 そん…

続きを読む

ことしの冬は

皇居から東京駅へと続く行幸通りのいちょう並木。毎年ここの黄葉を楽しみにしています。でも今年は遅かったなぁ。ブログで記事にした日を確認してみたら、昨年は11月10日、一昨年は11月21日。やっぱりね。 丸の内ではいまだにコートを着ていない人が多い。マフラーや手袋はほとんど見かけません。そういう僕は早くお気に入りのダッフルコートが着たいんだけど、なかなかその日が来なくてうずうず…

続きを読む

「ふつうのごはん」のシアワセ

会議で東京大学に向かう途中、根津で昼食。事前にチェックしておいた裏路地で、定食屋さん数軒を物色しました。僕は店選びのセンスがないので、一緒にいた同僚(蕎麦屋、ラーメン屋めぐりが趣味)に任せると、彼が選んだのはこちらの「和幸」さん。地元に溶けこんだいい感じの店だけど、このディスプレイを見ると不安になります・・・ 店内に入るとやっぱり常連さんが多い。いかに…

続きを読む

キャンパスの記憶

こちらは慶應義塾大学三田キャンパス。大きな銀杏の紅葉がキレイ。 こちらは東京大学安田講堂。荘厳な建物と周囲の大樹が長い歴史を感じさせる。 ときどき会議やイベントで大学に行くことがありますが、そのたび「いいなぁ」と思います。緑が溢れ、笑顔の学生たちが行き交うキャンパス。大学にしかない自由な空気で満ちている。 僕が卒業した地方大学には、慶應や…

続きを読む

恋人たちの季節

今年も丸の内にイルミネーションが灯りました。ロマンチックな夜景に心ときめく齢ではありませんが、それでも少しは気分が上がります。 丸ビルには巨大なクリスマスツリーが出現。15分ごとにユーミンの曲に合わせてライティングが行われるそうです。僕が通りかかったときは「恋人がサンタクロース」が流れていました。これが20代や30代にうけるのか、ちょっと疑問ですが・・・ …

続きを読む

アガパンサスの季節

東京では、僕の好きな花のひとつ、アガパンサスが咲き始めました。長い花茎の先に、子供の顔ほどもある大きな花。どんよりとした梅雨空に屹立する清々しい青。今年も逢えました。 都内は意外と緑が多く、街路樹や植栽にいろいろな花が植えられています。いまは紫陽花やヤマボウシが最盛期。カバンに忍ばせているパナソニックのLX100が大活躍・・・ と言いたいところですが、街を歩い…

続きを読む

セレンディピティ

このところ赤坂で会議があり、2か月に1度のペースでアメリカ大使館近くのビルに通っています。いつも国会議事堂前で地下鉄を降り、足早にこのビルの会議室をめざす。途中目に入るのはビルとクルマぐらいです。 でもこの日は珍しく早く駅についたので、ほんの少し遠回りして、ビルの裏手からアプローチしてみました。するとビルのすぐ横にこんな緑地を発見。ヤマボウシやヤマアジサイが咲き乱れ、小さな里山のよう。1本…

続きを読む

三度目も正直@アンダーズ東京 -四度目は・・・?

アンダーズ東京は三度目も期待を裏切ることなく、素晴らしい時間を僕らに提供してくれました。 このホテルの居心地のよさはどこから来るんだろう。シンプルで現代的なインテリア? フロントがない、ユニフォームにデニムを取り入れるといった新しさ? ゲストと距離をおいたクールなサービス? きっとそういうことすべてが僕らの好みに合うんだろうなぁ。 (Panasonic LUMIX DMC…

続きを読む

三度目も正直@アンダーズ東京 -もっとも贅沢な場所

このところ恒例となっている朝食前のプール。 37階にあるこのプールはアンダーズ東京でもっとも贅沢な場所でしょう。大量の水を高層階まで引き上げ温めるのに、どれだけ費用がかかるんだろう。しかも人口密度がきわめて低い。 この日の朝プールにいたのは僕だけでした。鏡のような静かな水面に波を立てるのは僕ひとり。海に放たれたイルカのように、誰にも邪魔されず20分間の宇宙遊泳…

続きを読む

三度目も正直@アンダーズ東京 ―2日目も・・・

お腹いっぱいになったあとは腹ごなし。37階のジムで念入りにウェイトトレーニング。ここはホテルのジムとは思えないほどマシンやフリーウェイトが充実していて嬉しい。 体重が危険水域にある奥さんは、いつもにも増して力が入ってます。僕は彼女ほどの危機感はないので、いつもどおりのんびりペース。 ジムの後は部屋に戻って昼寝。夜は銀座コリドー街に繰り出して、「鳥よし」…

続きを読む

三度目も正直@アンダーズ東京 -朝食のシワヨセ

日の出ショーを堪能したあと、少しオシャレしてレストランへ。朝食は僕らにとってホテル泊のメインイベントです。前夜ふたりでワイン2本とラム酒少々を飲んだわりには体調がよく、食欲モリモリ。51階のレストランは光が溢れ、気分が上がります。 アンダーズの朝食は、和食の充実ぶりが嬉しい。味噌汁や豆腐、海苔のような、基本的なものが美味しいことに驚かされます。 …

続きを読む

三度目も正直@アンダーズ東京 -ベイビューは季節限定

今回泊まった部屋は、東向き(ベイビュー)の4910号室。朝は正面に昇る太陽とともに目覚めました。日の出時刻の6時51分ピッタリに太陽が水平線に顔を出し、赤く燃えながら昇っていく。僕らはベッドで紅茶を飲みながら、ショーを見るようにこの光景を眺めました。 しばらくすると景色の主役は東京湾に変わります。朝日を受けてキラキラと輝く海。49階の高みからベイエリアのビル群越しに、海を見…

続きを読む

三度目も正直@アンダーズ東京 -旅のかたちⅡー

成人の日の連休は、今年も虎ノ門のアンダーズ東京で過ごしました。都内泊は3回連続でこのホテル。とても気に入っています。 3回泊まる問題は、ブログネタとしてマンネリ化すること。とくにこの手のリア充ネタは、「あっそう」「で?」となるだけですからねぇ。まぁわかってはいますが、自分のための旅の記録として書かせていただきます。 1月5日は職場からホテルに直行。…

続きを読む

東京駅で締めくくり

永遠に終わらないのでは・・・と思っていた、東京駅丸の内側の工事がついに完了。サッカーの試合ができそうな、広くて気持ちのいいスペースができました。 毎朝ここを通って職場に向かうとき、東京で働いていることを実感します。振り返って駅舎を眺めると、少し晴れやかな気分になる。まぁ仕事のことを思うと、また気が重くなりますが・・・ (Panasonic LUMIX DMC-…

続きを読む

楽しんだモノ勝ち

今年も丸の内仲通りのイルミネーションが始まりました。気がつけばもう12月。クリスマスが間近ですね。 こちらはわがマンションのイルミネーション。丸の内とは比べるべくもありませんが、けっこうがんばってます。 10代や20代の頃は、クリスマスなんてくだらないと思っていました。キリスト教徒でもないのにキリストの生誕を祝う必要なんかない。欧米文化に踊らされているだけだろ、と。で…

続きを読む

君の嫌いな東京も

東京駅から皇居に向かう行幸通りのいちょう並木が、今年も美しく色づきました。職場には少し遠回りになりますが、晴れた日には黄葉見たさにこのルートを選んでいます。  君の嫌いな東京も 秋は素敵な街  でも大切なことは ふたりでいること この風景を眺めるたびに、35年前のオフコースのヒット曲「YES-YES-YES」を口ずさんでしまいます。都会には秋が似合いますね。まぁ、口ずさむ曲が古すぎ…

続きを読む

さらばラジオ -秋葉原でとほほ (^_^;)

わが家のネットワークオーディオ「シャングリラ」でFM放送が聞けるようになったので、災害時用を除きラジオが不要になりました。10年間ラジオ&CDプレーヤーとして愛用してきたバング&オルフセンのBeosound1。ついに処分の決心がつき、秋葉原のショップに買い取ってもらうことにしました。 久しぶりに来た秋葉原。以前とはだいぶ変わりましたね。電気街口側にひしめいていた家電店は激減し、オーディオ店…

続きを読む