アンダーズの冬休み -南の島ではないけれど

三連休のなか日・・・ って、ずいぶん前のことになっちゃった。でも最後まで続けます。 三連休のなか日。食べ過ぎた罪悪感をぬぐおうと、37階にあるジムに出かけました。アンダーズのジムにはスミスマシンがありダンベルも充実しているので、ふだんと同じメニューがこなせます。これってけっこうありがたい。 ウェイトトレーニングの後はプールに移動。チェックインとチェックアウトの狭間の時間を狙っ…

続きを読む

アンダーズの冬休み -危険な朝食

クリスマスから正月まで毎日お酒を飲み、弛緩した生活を送ったせいで、体重が2kg近く増加。腰回りに大人の余裕(?)を感じます。 これにとどめを刺したのがアンダーズの朝食。何を食べても美味しいのに加え、「もとを取ってやろう」という卑しさがあるものだから、ついつい食べ過ぎてしまう。 今回は和食に魅力を感じ、とくに赤だしの味噌汁に惹かれました。はじめにご飯と味噌汁、…

続きを読む

アンダーズの冬休み -なぜかインドな日

スリランカやネパールに興味津々な僕がインドに惹かれない理由は、沢木耕太郎のせいかもしれません。 名作「深夜特急」の一節。 -下半身の動かない女が、手でいざるようにごみの小山に近づき、その中から残飯をあさっていると、どこからかふわりとカラスが舞い降り、同じように嘴を突っ込みはじめた。女は追い払う気力もないらしく、黙々と野菜の切れ端のようなものを選り分けている。人とカラスが一緒にゴミをあ…

続きを読む

アンダーズの冬休み -いつもの丸の内

三連休初日。東京の夜明けを眺めたあとは、ゆっくりと朝食ブッフェを楽しみました。贅沢に時間を使い、午後、歩いて向かったのは、ホームグラウンドの丸の内。日比谷公園を抜けて、ブリックスクエア、仲通り。最終盤となったバーゲンで、50%オフのネクタイを購入! 「丸の内なら仕事帰りに寄ればいいじゃん。都内に泊まる必要はないでしょ」 同僚はそう言います。うん、本当にそのとおりだね。反論の余地なし(笑)。…

続きを読む

アンダーズの冬休み -東京の夜明け

旅先で迎える最初の朝は、どうして早く目が覚めちゃうんだろう。遠足やディズニーランドに出かける子供みたい。 アンダーズ東京の49階の部屋で迎える初めての朝。僕は夜明け前にベッドから抜け出し、赤から青へ、青から白へ色を変える東京の空を眺めていました。この部屋は北東向きで、皇居、スカイツリーが見える。正面に勤め先のビルが見えるのは微妙ですが・・・ (Pana…

続きを読む

Autumn in Tokyo

いま東京では、銀杏が紅葉(黄葉?)の最盛期を迎えています。そびえ立つビル群に圧倒される丸の内界隈ですが、ビルの谷間には銀杏並木が多く、輝くような黄色の葉が、疲れたビジネスマンの心を慰めてくれます。 僕のお気にいりは、東京駅から皇居に向かう行幸通りの銀杏並木。広々した公園のような通り沿いに規則正しく植えられた銀杏が一斉に色づき、都会の秋の美しさを演出しています。 (Panasoni…

続きを読む

未体験アプリの威力

監督さんに教えてもらった「ラーメンマップ」というアプリ。「ラーメンデータベース」と連動して、評価点別に色分けしたピンを地図上に表示する優れモノ。先日赤羽で昼食をとることになったので、これを使ってラーメン屋を探してみました。 これによると、お気に入りの「自家製麺 伊藤」は96.9点で赤羽第2位! そのほかに「90点以上」の赤いピンが5本立っています。 しばし検討したうえで選んだ…

続きを読む

アマンの誘惑

弊社から徒歩5分の場所に一昨年開業して以来、ずっと気になっていたアマン東京。ようやく行ってきました。と言っても、ラウンジでお酒を飲んできただけですけどね。 懐に余裕がないので、まずは近くの「てんや」の野菜天丼(580円)で腹ごしらえ。涙ぐましい節約。これから都内でもっとも高価なホテルに行くというのに・・・ やや緊張しつつ33階の「ザ・ラウ…

続きを読む

充電 -その5 アンダーズ東京

わずか2泊の滞在で2週分のネタを提供してくれたアンダーズもこれで最後です。 この夏、奥さんは父親の看病と仕事で疲労困憊。夏休みは「何もしたくない」という状態。休み数日前に「やっぱり3泊にしよう」「美術館に行こう」と僕が提案しても、まったく相手にされず。結局いつにも増して「なにもしない」滞在になりました。 アンダーズ東京は、そんな僕らにとって良い選択だったようです。 …

続きを読む

充電 -その4 プジョーのソルト&ペッパーミル

バリ熱にとり憑かれていたころ、滞在先のホテルで使われている「モノ」に惹かれ、現地で購入してくることがありました。いまのわが家の食器は、そうした買い物の集大成です。 最近そういうことはなかったのですが、アンダーズ東京でめずらしく血が騒ぎました。朝食のテーブルに置かれていたプジョーのソルト&ペッパーミル。以前から小型のミルを探していたんです。ようやく理想のデザインに出逢えました。 この商…

続きを読む

充電 -その3 プール&ブレックファースト

僕にとってホテル泊の最大の愉しみは朝食です。アンダーズ東京の朝食はもちろんブッフェスタイル。51階のレストランで東京の街を見下ろして、好きなものを好きなだけ食べるシアワセ。 最近これに加わったのが「朝飯前」のプール。早起きして出かけた朝7時のプールは閑散として、水面は鏡のよう。標高100mの清々しい湖を占有して泳ぐ気持ちよさといったら! 

続きを読む

充電 -その2 いつもと違う夏  

最後にお盆休みを国内で過ごしたのはいつのことでしょうか。途中八百屋時代は夏休みがなかったので、これを除くと15年ぶりくらい?・・・ お盆には帰省して墓参り。日本的な慣習を無視して、毎年海外に出かける僕らを、両親は呆れて見ていたのかもしれません。 今年、僕は仕事が変わり、以前より休みがとり難くなりました。さらに義父の体調を案じて、海外旅行は見送り。 仕事のこと、両親のこと・・・ …

続きを読む

充電

例年なら「夏季休暇」5日をまとめてとって7連休にするお盆。今年は8月11日からの4連休だけ。それでも少しは楽しもうと、都内に2泊3日の小旅行に出かけました。 行先はこちら。 滞在中、ホテルのある虎ノ門ヒルズから出たのはほんの30分ほど。ホテル内で食べて飲んで寝るだけの怠惰な休暇でした。ジムとプールには行きましたが、焼け石に水。昨日体重計に乗ったら、2kgも増えていまし…

続きを読む

丸の内vs神田

弊社のオフィスから丸の内まで徒歩10分。神田もほぼ同じ距離 以前は仕事が早く終わったら、丸の内を徘徊するのが常でした。オシャレなセレクトショップやブティック。都会の色香漂う大人の街。 でもこのところ神田にも惹かれています。手ごろな値段の飲食店がたち並び、居酒屋、中華料理、ラーメン屋などよりどりみどり。何でもありのゴッタ煮感は日本らしく、アジア的でもあります。 この日は、有楽町の…

続きを読む

もうモノではないのか

不満ばかり書いていますが、本社勤務は悪いことばかりではありません。オフィスのある大手町から少し足をのばせば、銀座、有楽町、丸の内。仕事のあと、グルメ天国、買い物天国にくり出すことができます。 先日めずらしく19時半に仕事が終わったので、丸の内に寄ってみました。ユナイテッドアローズ、トゥモローランド、エディフィス、コンランショップ、成城石井と、いつものルートをひと回り。これぞ東京勤務の醍醐味…

続きを読む

東京は別格

赤羽に来るとつい立ち寄ってしまうお気に入りのラーメン店「自家製麺 伊藤」。というよりも、ここに来るために赤羽で下車してしまう。  煮干し系のスープに噛みごたえのある麺。チャーシューと少しばかりのネギ以外は何もない潔さ。6年前と変わらない美味しさに胸が熱くなります。(笑) 久しぶりに赤羽で下車したので、あの頃よく来たラーメン屋さんを巡ってみました。…

続きを読む

「最良の仕事靴」発見す

5年の探索の末、ついに見つけました「最良の仕事靴」  「靴を訪ねて三千里」でにゃん太さんが教えてくれた「REGAL TOKYO」。さっそくWebサイトを見ると、あるじゃないですか「ラバーソールで黒のサイドエラスティック」。 正確に言うと、「ラバーソールのサイドエラスティックが選択できる比較的安価なパターンオーダー」。でも「理想の仕事靴」が手に入ることに変…

続きを読む

靴をたずねて三千里

5年ほど前に「最良の仕事靴は・・・」という記事を書きました。あれ以来「最良の仕事靴」である「ラバーソールで黒のサイドエラスティック」を探し続けています。今年に入ってから探索レベルを「High」にアップ。でもいまだに見つかりません。 先日も銀座周辺のショップを10軒以上見てまわりましたが、「ラバーソールで黒のサイドエラスティック」は発見できませんでした。 「ラバーソール」というハードル…

続きを読む

新宿御苑「大温室」

温かいに所に行きたいナリー! ということで、3年前に建て替えが終わった「新宿御苑大温室」に行ってきました。温室マニアとして一度行ってみなくては。そう思いつつ3年がたってしまいました。 国内のすべての展示温室を訪ねてみたいと思っているものの、実現したのは京都府立植物園、大船フラワーセンター、夢の島熱帯植物館、熱川バナナワニ園のみ。道のりは険しい・・・  新宿御苑は新宿駅から歩いて…

続きを読む

ライカには敵わない

僕のセカンドカメラ、パナソニック LUMIX LX100がデビューしてから1年3か月。発売当初、カメラ好きのあいだで少しは話題になりましたが、今はもうネットを賑わすことはありません。11万円ほどだった価格は6万円前後に下落。電気屋のコンパクトカメラはそういう運命なのでしょう。  一方、同じ製品がライカのバッジをつけて「D-LUX Typ109」として売られています。外観…

続きを読む

LX100 ぷちレビュー ~夜の撮影~

新しいパートナーを伴って、初めて夜の街にくり出しました。 条件の悪い夜の撮影で、LX100の実力を試すのが目的です。 ネット上のレビューを見るとLX100の高感度性能はイマイチで、 「ISO1600までは問題ないが、3200以上は・・・ 」という意見が多い。 旧型となったE-M5でも3200まで常用できるので、 たしかに最新のカメラとしてはもの足りない。 ちなみにISO800が限…

続きを読む

春まだ遠し 丸の内

大手町の本社で会議を終えて、 例のごとく丸の内、有楽町を徘徊してきました。 ファションは「先取り」が命。 仲通りのショーウインドーは春の装いでいっぱい! と思いきや、春らしいディスプレイは案外少なく、 フォトジェニックな被写体はごくわずか。 夜はまだ肌寒く、テラス席も閑散としています。  大好きな丸の内ですが、オフィス街という土地柄か、 季節に敏感ではないようです。 …

続きを読む