ROGANとの戦い

ブログサイトが大幅なリニューアル工事を行いました。今のところ使いにくくなっただけで、何もいいことはありません。 それはさておき。 先日ちょっとした手違いでコンタクトレンズ(ハード)を壊してしまいました。自分の不覚を恨みながらも、もう10年目になるのでそろそろ潮時と思い、仕事を休んで駅ビルの「しまだ眼科」に。そこで発覚したのは視力の変化でした。 …

続きを読む

ふたつめのバックパック

ちょっとお洒落して愛車「本田くん」に乗るときのために、革製のバックパックを購入しました。自分へのクリスマスプレゼントです。 カゴも荷台もない本田くんにはバックパックが必須。愛用の「ミステリーランチ」でだいたいは事足りますが、ジャケットやキレイめシャツにはカジュアル過ぎる。 メーカーは8年前に買ったトートバッグと同じ「アニアリ」。いつもの丸の内、有楽町…

続きを読む

憧れのブラシ・・・?

20年ほど使い込んだわが家の洋服ブラシ。さすがに毛が抜けてくたびれてきました。そろそろ買い替えが必要です。 洋服ブラシといえば、英国王室御用達の「G.B.ケント」。1777年創業、洋服好き垂涎のブラシメーカー。でも憧れの「ハンドメイド豚毛ブラシ」は21,384円と高価です。さすがに手が出ないなぁ・・・ と思っていたところ、ららぽーとの東急ハンズで…

続きを読む

スーツにバックパックはアリか?

通勤途中の丸の内や大手町では、スーツにバックパックを背負ったビジネスマンが増殖しています。割合は4人に一人といったところ。丸ビルや仲通りのかばん屋をのぞくと、背負うタイプの商品が明らかに以前より増えている。よく売れるんだろうなぁ。 バックパックだと両手が空くので、スマートフォンの操作に便利。PCやタブレットを持ち歩くようになり、荷物が重くなったのも影響しているかもしれない。利便性を求めたら…

続きを読む

鎌倉シャツはネクタイもいい

オトコのスーツスタイルで、ネクタイはもっとも費用対効果が低いアイテムだと思う。3,000円でも30,000円でも、見た目は大差なし。一目で良否が分かる靴とは大違い。 だからというわけではありませんが、最近僕が選ぶネクタイは徐々に値段が下がっています。10年前はイタリア製やフランス製にも手を出していましたが、いまは国産ばかり。価格だけでなく品質も国産のほうがいいと思う。 …

続きを読む

毛玉とるとる

昨年購入したツイードのジャケット。生地はイタリア・ロロピアーナの「ドリームツイード」。柔らかで着心地が良く気に入っていたのですが・・・ ひどい毛玉。とくに両袖の内側は生地同士が擦れて、他人が見ても気づくほど。 ネットで対策を調べてみると、電動の毛玉とりが効果がありそう。同様に毛玉が気になり始めたダッフルコートにも使えるかも! とい…

続きを読む

カジュアル服の新陳代謝

平日スーツを着る生活だと、週末のカジュアル服が疎かになります。夏は短パン+Tシャツ、冬はデニム+長袖シャツ+ダウンジャケットがそれぞれひと組あればいい。オトコとしては便利でいいけれど、奥さんから「いつも同じ格好だね」とときどきジャブが入ります。 そんなワケで冬用のシャツをリニューアルすることにしました。Tomorrow Landの太いストライプのシャツ。写真では判りにくいのですが、生地に凹…

続きを読む

わずかな変化

秋冬のジャケット&パンツを購入しました。「定番」のネイビーのジャケットと、「いつも」のチャコールグレーのパンツ。「いつもどおり」すぎて、たぶんうちの奥さんでも新調したことに気づかないでしょうね~。写真も昨年とほとんど同じ。 とはいえ何も変わっていないわけではありません。今年のパンツは「プリーツあり(ワンタック)」。ここ数年パンツを購入しているBEAM…

続きを読む

英国紳士はコートを洗わないの?

この夏、バブァーのワックスドジャケットを初めてクリーニングに出しました。いつのまにか購入から5年半。「えー初めてクリーニング?」「きたなーい」という声が聞こえてきそう・・・ バブァーの特徴はオイルを染みこませた独特の生地。ジャケットの裏地に「バブァーケアー」としていろいろと禁止事項が表示されています。Webサイトにはこんなふうに書かれています。 <お手…

続きを読む

ネクタイ結びの極意

ネクタイ歴10年超。最近ようやく1回で結べるようになりました。ついに極意を会得したのです。 ネクタイを結んだとき、大剣の先端がベルトの位置にくるのが基本。これより長いとだらしなくなり、短いとチャップリンになります(笑)。でも意外とこれが難しい。 以前はネクタイを首に下げ、襟から大剣の先端が60㎝とちょっとになるように調整して結んでいました(上の写真)。で…

続きを読む

モチベーション・アップ!

久しぶりにジムで着るトレーニングウェアを新調しました。こちらは穴が開いたわけではなく、気分転換が目的です。 週末ジムに通うようになって18年。もう習慣になっているはずなのに、いまでもときどき面倒になります。「今週は休んじゃえば?」と悪魔が耳元でささやく。そんな誘惑に屈しないために、新しいウェアでモチベーションを上げようという魂胆。そういうわけなので、トップはあえて明るい色を、ボトムは七分丈…

続きを読む

アナーキーなワイシャツ

6年前に購入したワイシャツ。襟が擦れて傷んでいます。左の腰のあたりにはスレてできた穴が。この位置にベルトが当たるのが原因のようです。 先月、銀座松屋でいつものパターンオーダー。先週末、新しいワイシャツが届きました。 モノに溢れたいま、服を買う理由は「飽きたから」とか「流行遅れだから」がほとんどではないでしょうか。擦り切れて買い替えるのは下着ぐら…

続きを読む

意外と日本製

西洋かぶれの僕ですが、改めて自分の周りを見渡すと、意外と日本メーカーのモノが多いことに気づきます。 50歳記念と決めた「シャングリラ」は、4台のスピーカーすべてがソニー製。服はエディフィスなどのセレクトショップモノが多く、下着や部屋着は無印良品かユニクロ。靴は三陽山長、リーガル、スピングル・・・ 最近とくに「国産がいいなぁ」と感じるのはネクタイです。イタリアやフランスのネクタイも持っ…

続きを読む

クールビズ終わる

弊社は「10月末」という当初の予定を繰り上げて、先週でクールビズ終了。今日からネクタイ・ジャケット着用です。涼しくなったし、そろそろクールビズにも飽きたので基本的には歓迎ですが、少しだけ困ることがあります。 まずは5分の早起きを強いられること。僕、ネクタイを締めるのに5分近くかかるんです。一回ではうまく結べず何度もやり直す。電車の中という手もありますが、そういうのは好きではありません。 …

続きを読む

慣性の法則 -細身スタイルはいつまで続くんだろう

今シーズンもEDIFICEで秋冬の仕事着を購入しました。サイズ42(XS)のタイトなジャケットと、腿に貼りつくような細身のパンツ。ここ数年続いてきたスリムなスタイルの延長です。 写真だと判りにくいけどね。 雑誌を見てみると、女性の服はこのところビッグシルエットが主流。ガウチョパンツのような極太ボトムに、袖に装飾を施した大ぶりのトップ。パンツやス…

続きを読む

靴だけに苦痛?

リーガル東京で「最良の仕事靴」を手に入れて1年半が経ちました。脱ぎ履きがしやすいうえに雨に濡れても平気。サイドエラスティック×ラバーソールの組み合わせは期待どおり最良でした。 唯一の難点は靴が頑丈すぎて足に馴染んでくれないこと。サイドエラスティックは紐で絞れないので窮屈なフィットになっているらしく、いまも履くたびに甲が痛みます。帰りの電車で…

続きを読む

お直しは「チューニング」なのだ

購入から7シーズンを経たキルティングコート。袖が擦れて穴が開きそうなので、内側に縫い込んでもらいました。新しいシャツはお腹周りがダブついていたので、背中にダーツを入れて調整。近所にある「ママのリフォーム」はお直し好きの僕の強い味方です。 僕にとって服は自分の周囲にある「モノ」のひとつ。つきあい方はカメラやオーディオと同じです。買うだけでなく、改造や修理も楽しみの一部。僕はオシャレさんではな…

続きを読む

TUMIは罪

13年使ったTUMIのブリーフケースを買い替えました。同じアルファシリーズの同じエクスパンダブルブリーフ。干支がひと回りする間にあちこち進化していますが、基本的には同一商品です。 違いはバリスティックナイロンがネイビーブルーであること。SHIPSによる別注です。これなら他人と被ることも少ないでしょう(それでも被るのがTUMIの難点)。 …

続きを読む

物欲旺盛?

お気づきの方もいるかもしれませんが、このところ買い物づいています。トートバッグ、ワイシャツのことは書きましたが、密かにマフラーとパンツも購入。誰が物欲減退だって?(笑)。 今回のブツはバックパック。先日ららぽーとで2時間かけて、推定500種類のなかから選んだ逸品です。ららぽーと湘南平塚は、L.L.Bean、モンベル、グレゴリー、コロンビアなど、バックパックを売る店がものすごく多いんです。お…

続きを読む

魅力的なオジサンって

銀座の松屋にオーダーしたシャツが届きました。今年3着目。かなり気にいってます。ボタンダウンが2着続いたので、今度はカッタウェイ。生地はこれまで同様、形態安定加工を施した綿100%。 このところ僕の仕事服はコンサバティブなものばかり。研究員時代にカジュアル化した揺り戻しが来ているのかもしれません。もともと奇をてらったものよりも、定番のほうが好き。僕らしいといえば僕らしい選択か。 …

続きを読む

パンツの法則

7~8年前に買った仕事用のパンツを履いてみたら、なんだかスタイルが古臭い。腿のあたりも裾のあたりもモッサリとして足が短く見える。当時はスリムフィットだったはずだけど・・・ そこで手持ちのパンツの裾幅を比べてみたら、年々細くなっていることを発見。件のパンツは21cm、今年のは17㎝。ここ数年、毎年1本、同じセレクトショップで一番細いモデルを購入してきましたが、毎年徐々にタイトになっていること…

続きを読む

カモナ・ネイビー

50歳を目前にして、初めてネイビーのスーツを購入しました。この秋ぼくはトラディショナルなものやベーシックなものに惹かれています。平凡すぎて敬遠してきたこの色が、今年は新鮮に見えました。 コートもネイビー。表地にハリスツィードを奢ったキルティングコート。これまたコテコテのトラッドですね。 10年前、最初の本社勤務のころは、オシャレに見られたいと思って服を選んでいた気がし…

続きを読む

「最良の仕事靴」の10年後

REGAL TOKYOにオーダーしたサイドエラスティック。天気予報から傘マークが消えないこの時期、ダイナイトソールとウォータープルーフレザーが最強のコンビネーションを発揮しています。 紐なしの着脱のしやすさ、簡易オーダーによる完璧なフィットと相まって、「最良の仕事靴」は期待どおり最良。少なくともこの先10年、僕の仕事のパートナーとして大いに活躍してくれることでしょう。 …

続きを読む

10年目のお色直し -カミーユフォルネの時計ベルト

40歳を記念して手に入れた「憧れ」の8日巻きレベルソ。10年目ともなるとさすがに傷が目立ちます。革ベルトもだいぶくたびれてきたので、思いきって交換することにしました。 購入したのは丸の内伊勢丹サローネのカミーユフォルネ。僕の手首は女性並みに細いので、今回もオーダーメイドです。 革はこげ茶のリザード。そのほかは前回と同じ。汗対策として裏側にラバーを貼り、Dバックルを継続使用。リザードは…

続きを読む

シャツ探しの旅 再び

昨年購入した「形態安定でない」ボタンダウンシャツは、4月の異動とともに戦力外となりました。毎週末、5枚のシャツと5本のパンツにアイロンをかけるとなると、1枚に20分もかかる生地は辛い。 あのとき「形態安定でない」シャツをオーダーしたのは、阪急メンズのシャツ屋が変わり、その手の生地を扱わなくなったから。仕方がないので、東京駅周辺で、「形態安定加工の綿100%生地」を用意しているシャツ屋を探し…

続きを読む

不良在庫

そうか、デニム1本でいいんだ・・・ オフィスワークが中心だと、平日はスーツかジャケパン。カジュアルな服は週末しか着ません。 そうなるとパンツはデニムが1本あればいい。これにスニーカー1足、ポロシャツ2枚あれば秋までこと足りちゃう。 よくオジサンの週末の見苦しい恰好が揶揄されますが、これじゃぁ仕方ないかもなぁ。1組あればいいカジュアル服をいくつも揃えて、コーディネートを楽しむなん…

続きを読む

「最良の仕事靴」来たる

心待ちにしていたパターンオーダーの靴ができあがりました。 まずは開梱の儀式。型番とサイズが記された箱には「いいモノ」感が溢れています。中敷きの色に合わせた紫の靴袋が心憎い。商品の良し悪しと無関係とは知りながらも、こういう演出は嬉しいものです。 広範なシーンに対応できる黒のアッパー、宴席で脱ぎ履きしやすいサイドエラスティック、突然の雨にも安心のラバーソール。これらすべて…

続きを読む

時代遅れ?

本社初日はスーツで出勤しました。僕のビジネススタイルはジャケット&パンツがほとんど。でも初日くらいは正装しなくちゃ。 わが家のワードローブにスーツは2着しかありません。若干華やかなピンストライプのほうを引っぱりして着用。でもどこか違和感・・・  ブログで調べてみたら購入したのはなんと9シーズン前でした。さすがに古さは否めませんね。  本社勤務は8年ぶり。…

続きを読む

「最良の仕事靴」発見す

5年の探索の末、ついに見つけました「最良の仕事靴」  「靴を訪ねて三千里」でにゃん太さんが教えてくれた「REGAL TOKYO」。さっそくWebサイトを見ると、あるじゃないですか「ラバーソールで黒のサイドエラスティック」。 正確に言うと、「ラバーソールのサイドエラスティックが選択できる比較的安価なパターンオーダー」。でも「理想の仕事靴」が手に入ることに変…

続きを読む

靴をたずねて三千里

5年ほど前に「最良の仕事靴は・・・」という記事を書きました。あれ以来「最良の仕事靴」である「ラバーソールで黒のサイドエラスティック」を探し続けています。今年に入ってから探索レベルを「High」にアップ。でもいまだに見つかりません。 先日も銀座周辺のショップを10軒以上見てまわりましたが、「ラバーソールで黒のサイドエラスティック」は発見できませんでした。 「ラバーソール」というハードル…

続きを読む