やらかした

駅前暮らしで買い物に困らないわが家でも、日常的にネットショッピングを利用しています。最近は電化製品だけでなく、米や洗剤のようなコモディティーもamazonで購入することが多くなりました。 でもいまだにネットで買う気になれないのが服や靴。衣料品は素材やサイズが命。試着は必須。という僕は、考え方が古いのかもしれませんが・・・ ただし長年愛用し、試着不要な衣類は別。無印…

続きを読む

初夏の小さな仕事

ここ数週間少しずつ、冬物のコートやスーツをクリーニングに出しています。例年よりひと月遅れ。今年は不純な天気が続き、なんとなく出遅れてしまいました。 マフラーもまだ残っています。いつもならこれもクリーニング店に持ち込むのですが、代金も嵩むので、今年は自分で洗うことにしました。 専用の洗剤。 桶に入れて押し洗い。ウール素材の衣料を水に漬けるのは覚悟が必要ですね。 …

続きを読む

夏がくる

ゴールデンウィークが終わり、次の楽しみは夏休み。コロナ禍のもと、もう3度目の夏なんですね。収束の兆しはありますが、休暇を目的とした海外旅行が復活するのには、まだ時間がかかりそう・・・ 嘆いても仕方ないので、この夏は国内旅行をしようと決め、先日ホテルを予約しました。ディスティネーションはもったいぶって、まだ秘密にしておきます。 某航空会社のCMにあったように、予約したその日から旅が始ま…

続きを読む

加齢なるギャツビー

2016年以来、仕事用のワイシャツは銀座松屋のパターンオーダーを利用しています。僕の希望はアイロンがかけやすくかつ着心地がいい「形態安定加工の綿100%生地」。それとやせっぽちの体型(首回り37cm、袖丈80m)に合うサイズ。この2つを満たす既製品が見つからず、パターンオーダーにたどり着きました。そりゃ見つかりませんよね。 今年は水色の太めのストライプを選び…

続きを読む

信頼を得た者、失った者(深い意味はありません)

三陽山長のストレートチップ「友之介」。2009年6月購入だから、もうすぐ丸13年になります。でもアッパーはまったく問題なく、一目見てわかるような傷みはありません。 中敷きは色が褪せていますが、機能上は問題なし。 ところがイタリア・ビブラム製のソールがこんな状況。すり減る前に亀裂ができてしまいました。 ラバーソールとして双璧をなすイギリス・ダイナイトではこんな経験はあ…

続きを読む

靴は卒業

丸の内仲通りはここ数年で高級靴通りになりました。丸ビルから有楽町に向かっていくと、伊勢丹(写真撮り忘れ)、オールデン(ラコタハウス)、ジェイエムウェストン、ジョンロブと、欧米の高級靴を売る店が並びます。 以前の僕ならこの数十mのあいだを、ショーウィンドウにかじりつき、よだれを垂らしながら徘徊したことでしょう(変質者)。でもクツ欲が減退したいまは、とき…

続きを読む

仕事服2021

丸ビルのBEAMSで購入した今年の仕事服が届きました。 抱えるのに苦労するほど大きな箱。ワインボトルを置いたのは大きさの比較のため。箱の中にハンガーを吊るす丁寧な梱包に驚きました。ちょっと過剰ですけどね・・・ 購入したのは至って普通のジャケット。ホップサックという張りがあって皺になりにくい生地を使った、BEAMSのオリジナルです。…

続きを読む

誰も知らない

先月銀座の松屋にオーダーしたワイシャツができあがりました。平塚の研究所から大手町の本社に異動し、毎日スーツを着る生活に戻ってから5年。長袖のワイシャツはすべてここで購入しています。 オーダーと言っても、特別なことは何もありません。流行遅れの大きな襟や直線的にカットした袖口は吊るしにはない特徴ですが、あとはなんの変哲もない普通のボタンダウン。生地もボタンも既製服と変わりません。 …

続きを読む

二代目はBarbour

7年前に購入したスプリングコートが傷んできたので、入れ替えを決意しました。というより、窮屈な自粛生活をせめて服で盛り上げたいという気分が大きいかな。 丸ビルのBEAMSで購入したスプリングコートはBarbourです。Barbourこれで4着。僕はこのメーカーがかなり気に入っているらしい。ポケットが多くて機能的なのに加え、フォーマルとカジュアルの中間でオン/オフ兼…

続きを読む

京都を着て出かけよう

パレスホテルのステイケーションのために、年末にニットブルゾンを新調しました。 イタリアのニットメーカー「ZANONE」の定番「CHIOTO」(キョート)。日本の京都からとった名称だそうです。ちょっと高価でしたが、10年くらいは着るだろうと奮発しました。バーゲンでかなり割引になっていましたしね。 ブログを読み返すと「…

続きを読む

仕事服2020

秋冬の仕事服を2年ぶりに新調しました。今回は珍しくジャケット&パンツではなくスーツです。 僕の仕事服選びは年々保守的になり、今年は入社時以来のダークグレイ! さすがにこれでは個性がないので、シャツは太めのストライプにしました。こちらはいつもの松屋銀座のパターンオーダーです。 このところずっとお気に入りのEDIFICEは、今季も生地違いで2ラインのスーツを用意しています。僕が選…

続きを読む

JINS vs Zoff 2way グラス対決

以前から気になっていたJINSの「Switch」を購入しました。 フレームにプレートを被せてマグネットで固定することで、サングラスに早変わりする機能的なメガネ。このモデルはプレート側に4つのマグネットを仕込んで、フリップアップもできるようになっています。 メガネ男子にとってサングラス問題は悩ましい(女子も同じだけど)。度付きサングラスをかけて出かけても…

続きを読む

#音楽を止めるな

白地にプリントのTシャツって何年ぶりだろう。もしかして、学生時代に買った憂歌団のツアーTシャツ以来? とすると30年ぶりですね。 これを着た僕を見て、奥さんが最初に発した言葉は「あなたには似合わない」でした。 新型コロナウィルスの影響でライブやコンサートができず、深刻な影響を受けている音楽業界。愛聴するJ-WAVEが…

続きを読む

新しいミステリー

2016年12月手に入れたミステリーランチのアーバンアサルト。気に入りすぎて、色違いの2つめを買っちゃいました。 前回はららぽーとで2時間かけて、推定500種類のバックパックから選定。当時ミステリーランチというメーカーを知りませんでしたが、僕の目に狂いはありませんでした。 とくにガバッと開くY字型のファスナーが秀逸。週末、食品の買い物で2〜3店舗を回ると、荷物を詰め直す作業が発生…

続きを読む

有楽町で買いましょう

京橋のイトーキで「バーテブラ」を見て、この日のミッション1を完了。ミッション2は夏服の買い物です。 まずは京橋から銀座に移動して、お気に入りのインド料理店「グルガオン」でランチ。腹が減っては戦はできぬ。 贅沢して、タンドリーチキンやデザートが付いた「グルガオンスペシャル」を食べちゃいました。 このときは11時半でまだ空い…

続きを読む

サイドエラスティック vs. ローファー

僕の仕事靴は、サイドエラスティック2足、ローファー1足、ストレートチップ2足。半分以上が「紐なし」になりました。朝慌ただしく出かける時や座敷の宴会など、やはり紐なし靴は便利。次に買う仕事靴もたぶん紐なしでしょう。 じゃあサイドエラスティックとローファーとどっちがいいの?  というのが本日のお題です。 まず脱ぎ履きのしやすさ。これはほぼ同じです…

続きを読む

レンズもビスポーク

昨年服を買わなかったので、年末に少し小遣いが残りました。使い道をいろいろ考えましたが、滅多にないことなので、久しぶりに奥さんにプレゼントを贈ることにしました。 予算を伝えて、その範囲で何が欲しいか聞いたところ、眼鏡とのこと。彼女は僕ほど重度の近視ではありませんが、眼鏡を最後に作ったのは10年以上前で、そろそろ更新が必要。先日ふたりで丸の内の金子眼鏡に行ってきました。 …

続きを読む

リザーブだけじゃ意味がない

僕の愛機、8日巻きのレベルソ。4年ぶりにベルトを新調しました。 パワーリザーブが8日あると週に1度ゼンマイを巻けばよく管理が楽。2日しかもたない一般的なムーブメントと比べ巻き忘れの心配が少ない。高い実用性を備えていますが、実はここ数年ほとんど使っていません。 理由は明白です。艶やかなリザードベルトをつけた大ぶりのレクタンギュラーは仕事では使いにくい。休日はほぼ「引きこもり」で…

続きを読む

変わること変わらないこと

仕事でネクタイが不要になったのはいいんだけど、やっぱり何となく締まらない(ネクタイだけにね)。対策としてポケットチーフを始めてみたけど、社内ではちょっと恥ずかしい。じゃあシャツをオシャレにしてみよう! というわけで、クレリックシャツに初挑戦。 まぁ挑戦ってほどじゃないんだけど、ポケットチーフ同様、なんとなく恥ずかしいっすね。慣れるのに少し時間がかかりそうです。 仕事用…

続きを読む

帽子好きなモノで

そういえば今まで書いたことがなかったけど、僕、けっこう帽子好き。服は「いいものを少し」だけど、帽子は別腹。数えてみたら12個もありました。 先日購入したのはこちら。近所のお店で見かけて、珍しく衝動買いしちゃった。 昨年来のお気に入りはこちらのキャップ。まぁどちらもごくフツーの帽子ですけどね。 メーカーにこだわりなし。金額は3,00…

続きを読む

金子眼鏡

久しぶりに上等な眼鏡を買いました。今年は服をほとんど買っていないので、残ったお金で小物を充実させる魂胆。近所のZOFF以外でフレームを買うのは6年ぶりです。 金子眼鏡。辻堂のテラスモールで見て気になっていたのですが、最近丸の内に店舗ができたのを知り、さっそく行ってみました。 店頭で数十本のフレームをとっかえひっかえして選んだのは、セルのラウンド型。僕らしくない…

続きを読む

修理の快感

ポロ ラルフローレンの30年もののトートバッグ。分厚い革と頑強な生地でできたこのメーカーらしい逸品。就職したばかりの奥さんが、友人に頼んでアメリカで買ってきてもらったものですが、彼女には重すぎたようで、だいぶ以前に僕が譲り受けました。 ただその時点ですでにハンドルの革がボロボロ。オイルを塗っても良くならない。革の厚さが災いしたのかな。それ以外は問題ないので、ハンドルさえ交換…

続きを読む

「5の原則」が崩れる日

週5日勤務の僕は、ジャケット&パンツとシャツを5組常備しています。週に一度×5シーズン着用したら新調。毎年ひと組ずつ、5年かけて入れ替える。このローテーションが僕の「5の原則」。 でも最近この原則が崩れつつあります。いま最古の現役ジャケットは2013年に購入したエディフィス。7シーズンめに突入しました。さほど傷んだ様子はなく問題なく着られるので、今年も新調を見送り。夏服も同様で、仕事服の購…

続きを読む

ROGANとの戦い

ブログサイトが大幅なリニューアル工事を行いました。今のところ使いにくくなっただけで、何もいいことはありません。 それはさておき。 先日ちょっとした手違いでコンタクトレンズ(ハード)を壊してしまいました。自分の不覚を恨みながらも、もう10年目になるのでそろそろ潮時と思い、仕事を休んで駅ビルの「しまだ眼科」に。そこで発覚したのは視力の変化でした。 …

続きを読む

ふたつめのバックパック

ちょっとお洒落して愛車「本田くん」に乗るときのために、革製のバックパックを購入しました。自分へのクリスマスプレゼントです。 カゴも荷台もない本田くんにはバックパックが必須。愛用の「ミステリーランチ」でだいたいは事足りますが、ジャケットやキレイめシャツにはカジュアル過ぎる。 メーカーは8年前に買ったトートバッグと同じ「アニアリ」。いつもの丸の内、有楽町…

続きを読む

憧れのブラシ・・・?

20年ほど使い込んだわが家の洋服ブラシ。さすがに毛が抜けてくたびれてきました。そろそろ買い替えが必要です。 洋服ブラシといえば、英国王室御用達の「G.B.ケント」。1777年創業、洋服好き垂涎のブラシメーカー。でも憧れの「ハンドメイド豚毛ブラシ」は21,384円と高価です。さすがに手が出ないなぁ・・・ と思っていたところ、ららぽーとの東急ハンズで…

続きを読む

スーツにバックパックはアリか?

通勤途中の丸の内や大手町では、スーツにバックパックを背負ったビジネスマンが増殖しています。割合は4人に一人といったところ。丸ビルや仲通りのかばん屋をのぞくと、背負うタイプの商品が明らかに以前より増えている。よく売れるんだろうなぁ。 バックパックだと両手が空くので、スマートフォンの操作に便利。PCやタブレットを持ち歩くようになり、荷物が重くなったのも影響しているかもしれない。利便性を求めたら…

続きを読む

鎌倉シャツはネクタイもいい

オトコのスーツスタイルで、ネクタイはもっとも費用対効果が低いアイテムだと思う。3,000円でも30,000円でも、見た目は大差なし。一目で良否が分かる靴とは大違い。 だからというわけではありませんが、最近僕が選ぶネクタイは徐々に値段が下がっています。10年前はイタリア製やフランス製にも手を出していましたが、いまは国産ばかり。価格だけでなく品質も国産のほうがいいと思う。 …

続きを読む

毛玉とるとる

昨年購入したツイードのジャケット。生地はイタリア・ロロピアーナの「ドリームツイード」。柔らかで着心地が良く気に入っていたのですが・・・ ひどい毛玉。とくに両袖の内側は生地同士が擦れて、他人が見ても気づくほど。 ネットで対策を調べてみると、電動の毛玉とりが効果がありそう。同様に毛玉が気になり始めたダッフルコートにも使えるかも! とい…

続きを読む

カジュアル服の新陳代謝

平日スーツを着る生活だと、週末のカジュアル服が疎かになります。夏は短パン+Tシャツ、冬はデニム+長袖シャツ+ダウンジャケットがそれぞれひと組あればいい。オトコとしては便利でいいけれど、奥さんから「いつも同じ格好だね」とときどきジャブが入ります。 そんなワケで冬用のシャツをリニューアルすることにしました。Tomorrow Landの太いストライプのシャツ。写真では判りにくいのですが、生地に凹…

続きを読む