8年 -グンゼ SEEK

8年間着たグンゼのアンダーウェア「SEEK」。擦り切れて穴が開いてきたので、一週間分を大人買いして一気に入れ替えることにしました。 当時の「SEEK」の記事を見ると、8年という時の長さを実感します。キャノンのコンデジで撮った写真は何とも稚拙。夜、帰宅してから電球の光で撮ったんだ。あの頃は写真に興味がなかったもんなぁ。文章も自意識過剰でハズカシイ。 この間「SEEK」にも変化が…

続きを読む

「2」の法則

三陽山長のビジネスシューズ、ジャガールクルトの腕時計。 気にいったものは2つ購入してしまう僕。 そういえば先日のバブァーのジャケットもDoorsのダウンも2つめでした。 スピングルムーブも2つめを入手。 いまや絶大な人気を誇る広島生まれのスニーカーは、 店頭でもインターネットでも品薄状態。 下の黒のハイカット、有楽町の阪急でようやく手に入れました。 …

続きを読む

雨ニモマケル 風ニモマケル

昨年経験した真冬の自転車通勤は思いのほか辛く、 何度も寒さに屈しそうになりました。 今年もいよいよその季節が到来。 本格的な寒波が来る前に新たな装備の追加です。 まずはダウンジャケット。 昨年高い防寒性能に感激した「DOORS」の「AURORA」をもう1着。 袖から侵入する風を防ぐベルクロや首周りにも奢られたダウンなど、 自転車通勤のアウターとしてこれに並ぶものはないんじゃ…

続きを読む

今度のバブァーは仕事用

この秋購入したビジネス用のアウターは アダム・エ・ロペがバブァーに別注したモーターサイクルジャケット「インターナショナル」。 少々カジュアル過ぎる? 今週これを着て本社に出かけましたが、 自意識過剰な僕は、周囲の目が気になってしまいました。  僕の仕事用のコートはステンカラーから始まり、 ダッフルコート、ピーコート、キルティングコートとカジュアルの…

続きを読む

「機能的」はオシャレではない?

今年のシャツは、阪急メンズ・HITOYOSHIのパターンオーダー。 久しぶりにオックスフォードの生地、久しぶりにボタンダウン。 満足のいく仕上がりです。 でも洗濯したらシワになりやすく、アイロンがけが面倒なことが発覚。 というよりこれが普通なんですね。 何しろここ数年「形態安定」の生地ばかり選んできたもので・・・  2年前に作った後ろのシャ…

続きを読む

ビルケンシュトック -48歳の限界

ドイツのサンダル、ビルケンシュトックを買いました。  これで3足目。 かなり気に入ってます。 ほかも試しましたが、履きやすさにおいて ビルケンシュトックの右に出るメーカーはありませんね。 「スキップできるサンダル」はここだけではないでしょうか。  今年も酷暑の季節がやってきました。 自転車通勤はどんどん…

続きを読む

都会の誘惑

「先立つ」ものがないために、足が遠のいていた丸の内。 久しぶりに、LX100を携えてウィンドウショッピングに出かけました。 時刻は午後10時。 飲食店以外は閉まっているので、衝動買いの心配はありません。(笑) (Panasonic LUMIX DMC-LX100) 待ち受けていたのは都会の色香ただよう美男美女。 ビジネス街らしく、端正な服装のマネキンが…

続きを読む

カジュアル化の波 -モンベル・サンダーパスジャケット-

本田君のせいで、僕の普段着はカジュアル化の一途をたどっています。 先週購入したのは、モンベルのウインドブレーカー(レインウェア)とチェックのシャツ。 完全に自転車通勤仕様ですね。  でもそのおかげで、カジュアル・ファッションの幅が広がっています。 以前はデニム+単色のシャツ+ジャケットのワンパターンでしたが、 いまはシャツのバリエーションが増え、上…

続きを読む

イヤーウォーマー

極寒の自転車通勤を気の毒に思ったのか、 奥さんがハリスツイードのイヤーウォーマーをプレゼントしてくれました。 耳の冷たさに耐えきれず、パーカーのフードを被って出かける姿を、 ねずみ男のようで見苦しいと思ったのかもしれません・・・  初めてのイヤーウォーマー、はじめは半信半疑でしたが、使ってみると効果は絶大。 もうこれなしで、寒風の中に漕ぎだす気にはなれません…

続きを読む

ついにダウン・・・

次々とやってくる寒波との厳しい戦闘が続く自転車通勤。 身を切る寒さに耐えきれず、「もうムリ!」 と思いつつ、それでもなんとか続けているのは、 モンベルのパウダーライトパーカのおかげかもしれません。 とはいえ、毎日同じ服で職場に行くのもどうかと思い、ついにダウンジャケットに手を染めることに・・・ 年末にテラスモールで手に入れたダウンジャケットは、 「DOORS」が滋賀のシ…

続きを読む

"Function is Beauty" で行こう -モンベル&L.L.ビーン

冬の自転車通勤がこんなに辛いものとは思いませんでした。  もちろん初めての経験ではありませんが、長年の徒歩生活でこの寒さをすっかり忘れていました。 温暖な湘南とはいえ、朝夕は冷えこみます。 袖口や襟元、コートの裾から入り込む風の冷たさは、僕の痩せた身体には耐えがたい・・・ おかげで、今年新たに購入したモンベルのパーカが大活躍して…

続きを読む

スピングル!

2002年の誕生以来、快進撃を続ける広島のスニーカーメーカー「スピングルカンパニー」。 以前から欲しいと思っていたこのスニーカーを、ようやく手に入れることができました。 ( Olympus OM-D E-M5, M.Zuiko Digital ED 45mm F1.8 ) 「西洋かぶれ」を自認する僕ですが、あらためて周りを見回すと実際は日本メーカーの製品が多い。 …

続きを読む

ネイビーの侵略

もう若くないんだからもっと明るい色にしたほうがいいのかも・・・ でも、ここ数年購入したネクタイはほとんどがネイビーです。  ドット、ストライプ、ペイズリーと模様はさまざまですが・・・ (Olympus OM-D E-M5, M.Zuiko Digital ED 45mm F1.8) もともとシンプルなものが好きな僕。 年齢を重ねるごとにその傾向は強くなる一方です。 …

続きを読む

無限の自由

毎朝、出勤前の身支度でバタバタしている奥さんから、「この服装で大丈夫?」と聞かれます。 女性目線ではオシャレな服装が、保守的な男性には華美に見られることがあることを、 彼女は気にしているようです。 その日誰と会いどんな仕事をするのか訊ねてから、いちおう返答はするのですが、なかなか難しいですね。 男性と違い女性の服装は「自由」だから・・・   オト…

続きを読む

絶好調 本田くん!

本日、長崎出張。 仕事は午前中で終わり、プチ観光後長崎空港に戻りました。 いま空港のスターバックスでこれを書いています。 さて。 イタリアの本田圭介の活躍に負けず劣らず、僕の本田くんも絶好調です。 秋は自転車にうってつけの季節ですね。 酷く暑かった夏もバスに寝返らず、自転車で乗りきったご褒美は、心地よい秋の風。 金木犀の香りに誘われて、毎日のように本田くんで出勤していま…

続きを読む

ジャケット&パンツ 2014

丸の内のEDIFICEからジャケット&パンツが届きました。 冠婚葬祭用を除けば、僕が最後にスーツを買ったのはなんと7年前。 ブログを調べて、自分でも驚きました。  研究所勤務となって、スーツを着る機会が減ったから・・・  というわけではなく、スーツよりも上下別々に選ぶジャケット&パンツのほうが好きなので、 スーツはめったに買わないというだけですけどね。…

続きを読む

クールビズの悩み

クールビズが導入されて今年で10シーズン目になるんですね。 職場の若手はクールビズ以前を知らない世代。 彼らはもちろん僕だって、今さら真夏にネクタイを結ぶ気にはなりません。 基本的にクールビズには大賛成なのですが、服装が他人と同じになりがちなのは悩ましい。 弊社のルールではチノパンやポロシャツもOKなのですが、 さすがにそこまでカジュアルな人はおらず、ウールのパンツに綿のシャツ…

続きを読む

身分違いの恋

35歳で手に入れてから12年。 愛するレベルソが1か月の入院から帰ってきました。 入院と言っても、老朽化したラバーベルトを交換しただけですけどね。 さすがに12年も使っていると、堅牢なラバーベルトもこのとおり。 ちなみに費用は税込み33,480円。 Gショックの5倍~10倍ですね。  相変わらず高くつきます。  このグランスポールは…

続きを読む

カジュアル化の波 -コンバース・オールスター

本田くんで通勤するようになって、通勤服がカジュアル化しています。 僕の職場では、出勤したら作業着に着替えるので、通勤服に制限はありません。 徒歩通勤では、ジーンズに綿ジャケットを基本にしていましたが、 本田くんが来てから、綿ジャケットの代わりにパーカーやナイロンジャケットを投入。 これからはジーンズにポロシャツという格好が多くなりそうです。 そんなカジュアルな装いに、スーツ用の…

続きを読む

ズボンの裾の法則

スーツも含め、仕事用のパンツを買うときに必ず聞かれるのが裾の処理。 シングルにするかダブルにするか、長めにするか短めにするか。 近ごろ僕はダブルが好みです。 「シングルのほうがラインがキレイ見えますが・・・」なんて言う店員さんもいますが、 これは個人の好みでしかなく、ダブルが似合う服、シングルが似合う服に法則はないと思う。 あえて言えばシングルのほうがフォーマルかな。 でも裾…

続きを読む

スプリングコート

「今春こそ」と思いつつ、ずっと見送ってきたスプリングコート。 今年初めて手に入れました。  分厚いウールのコートは気分じゃないけど、コートなしでは肌寒い。 桜の季節は、薄手で明るい色のスプリングコートが欲しくなります。 でも着られる期間が短いんですよね~。 湘南では3月下旬から4月中旬のほんの2、3週間ではないでしょうか。 EDIFICEで見つけたのは、…

続きを読む

10年の節目

僕のブログの記事を累積アクセス数で並べてみると、ベスト10のうちなんと7つが靴の話題。 1記事あたりのアクセス数は花やワインの50~100倍もあります。 これに次ぐのはカメラや時計ですが、靴には水をあけられている・・・ 靴に興味のある男性って多いのかなぁ。 少なくとも僕の周辺に、僕以上の靴フェチはいないけどなぁ。  だからというわけではありませんが、久しぶり…

続きを読む

今年のシャツ

気持ちを沈ませる重たい灰色の空が続く湘南。 部屋のなかでも肌寒く、秋の深まりを感じます。 僕はこれから帰省して、郷里の花火を楽しむ予定。 天気は大丈夫かなぁ・・・ さて。 「また同じようなの買ったのね」 服を買いたすたびに奥さんから突きつけられる冷たい言葉。 まぁそう言わないで。 オトコの仕事服は制服みたいなものなんだから。 いや確かに今年のシャツは昨年のシ…

続きを読む

コンバース・オールスター

永遠の定番コンバース・オールスター。 僕のブログにスニーカーが登場するのは初めてかも。 もっともこれ、僕のじゃなくて奥さんのですけどね。  懐かしいなぁオールスター。 高校時代、オシャレなヤツもそうじゃないヤツもみんな履いていたっけ。 当時キャンバス・スニーカーといえばオールスター、ジャックパーセル、トップサイダー。 今でも時おりファッショ…

続きを読む

UJ 礼賛

先日眺めていたファッシン誌に、「デニムは毎年見直そう」という記事がありました。 ボトムスのなかでもデニムは進化が著しく、放っておくとたちまち古臭くなる。 確かにそうだけど、毎年ってのはちょっとなぁ・・・と思いつつワードローブを見直すと、 あるある、5年以上も前のジーンズが。  これはヤバイと、慌ててユニクロにかけ込みました。 購入したのはメンズのスリムフィ…

続きを読む

大人買い @Tomorrow Land

本社で会議の後、例によって銀座~丸の内のセレクトショップを物色していたら、 お気に入りのTomorrow Landで、着心地の良さそうなTシャツを発見。 試着してみると肌触りがよくサイズもピッタリ。 バーゲンも近いしどうしようかなぁ・・・ 買うとしたらどの色にしようかなぁ・・・ しばし悩んだけれど、結局あきらめて、2着いっしょに大人買い。 老眼だとかお酒に弱くなっ…

続きを読む

Zoffでサングラス

今年の夏はなんとなくサングラスな気分。 歩いてすぐのところにZoffのショップがあったので、さっそく偏光グラスを購入。 僕らしく、コンサバティブでおとなしめのモデル。 999.9やオリバーピープルズもチラリとアタマをよぎったけれど、 この手のおしゃれ小物は、安価なものを流行に合わせて買い換えるべきでしょう。 と言いつつ、僕が持っている最新のサングラスは、10年以…

続きを読む

靴磨きの恍惚

靴を磨き終えたあとの穏やかな心地は、いったいどこからやってくるんだろう。 この気分を共有できる男性とは、友情を分かちあえる気がします。   古いバイクに油を注したり、とれかかったシャツのボタンを直したり。 新しいモノを買うのはもちろん嬉しいけれど、 気に入ったものを慈しみ、丁寧に手入れする充足感も、ボクは大好きです。 掃除や料理にも通じる、「地に足のつ…

続きを読む

半世紀のご褒美は?

湘南も風雨が強くなってきました。 昨年の15号のような被害が出ないことを、心から祈っています。  さて。 今年生まれた子供たちが幼稚園に上がるころ、ボクは生まれて半世紀の誕生日を迎えます。 といっても、ボクには子供がいないので、プレゼントは自分から自分へのご褒美。 まだだいぶ先ですが、今から何にしようか妄想しています。 20歳はシチズン、3…

続きを読む

「おしゃれはやせ我慢」というけれど・・・

先日の買い物の獲物。 イギリスのライフスタイル誌「MONOCLE」が日本の「PORTER」に別注したナイロンバッグ。 2年半酷使して疲弊した仕事用の革トートのリプレイスです。 ま、何のことはない、フツウのカバンですが、 購入の肩を押したのは、丈夫で軽いナイロン生地と実用的な作り。 革トートはおしゃれで気に入っていましたが、 耐久性と機能性はこの手のナイロンバッグの方がウワテですね…

続きを読む