ぜんぶアイツのせいだ。 ―AMANホテルで昼食を

ゴールデンウィーク終わっちゃいましたね。 5連休前半は静岡に帰省。27回目の結婚記念日は郷里で過ごしました。後半は都内にお出かけ。自宅で過ごした昨年に比べるとあわただしい連休でした。明けて5月6日は出勤しましたが7日は有給休暇を取り、最後の金土日はのんびりできました。 静岡から戻り、たまった家事をかたづけた5月4日。結婚記念日のお祝いに都内のレストランを予約しま…

続きを読む

明日、春が来たら ーセレンディピティ

さて、デートの続きです。 「ライゾマティクス_マルチプレックス」を見終え、次はランチ。でも初めて来た清澄白河にはまったく当てがありません。僕は電車で移動してホテルのレストランに行くのが無難だと主張したのですが、奥さんはネットで見つけた「フジマル醸造所」というワイン工房が併設する店に行きたいとのこと。しばらく押し問答しましたが、結局僕が折れました。 とはいえ彼女も良い店だという確信があ…

続きを読む

北インドに通う

マンションを出て徒歩30秒で行けるインド「バルティヤ・ザイカ」。もう4回目です。かなり密に利用していますね。いやぁほんとう美味しいんです。 改めてメニューを見てみるとけっこう本格的なカンジ。 今回マダム(日本人)に聞いていろいろなことが分かりました。この店は北インドの家庭料理に軸足を置いている、カレーは作り置きせず毎日仕込む、ナンは炭火…

続きを読む

今そこにあるインド

相変わらず謎のアジア料理ブームは続いていますが、な、なんと、うちのマンションの隣にインド料理店ができました。「バルティヤ・ザイカ」。店名はヒンディー語で「インドの味」という意味で、インド人が日常食べる味にこだわっているそう。小田原本店に次ぐ2号店だそうです。 この場所、長いあいだ喫茶店が入っていました。商店街から奥まっていて目立ちませんが、平塚駅から徒歩2分ほどで、立地はまぁまぁ。…

続きを読む

料理も見た目が9割?

ギタージャンボリー参戦直前、丸の内のイルギオットーネで昼食をとりました。先日ブログにこの店のことを書いて、久しぶりに行きたくなっちゃったんです。 土曜日11時の丸の内はまだ静かで、客は僕たち2人だけ。柔らかな光が降り注ぐ席で、気持ちの良いランチをいただきました。 こうして写真を見直してみると、レストランは盛りつけが上手ですね。自分の料理を撮影するように…

続きを読む

男と女とエスニック

わが家に(ていうか僕に)謎のアジア料理ブームが到来していることは既報のとおり。週末に自分で作るだけでなく、平日の一人飯もその手の店に行くことが多くなっています。この日は仕事で立川に用事があったので、事前にリサーチしてこちらのタイ料理店に行ってきました。 タイ料理やベトナム料理の店でいつも不思議に思うのは、女性のお客さんが多いことです。この店は内外装が可愛く「…

続きを読む

酒池肉林

先日久しぶりに焼肉を食べにいきました。うちのマンションを出て徒歩1分。平塚名物(?)「大衆焼肉」。この風情なかなかいいでしょ? 平塚市民なら誰もが知る老舗。とても繁盛していて客が絶えません。壁に貼られていたのは茅ヶ崎在住徳光アナウンサーの写真。こんなところもローカル感満載でいい。 コロナ禍があろうとなかろうと入り口は開放。でももうもうと煙…

続きを読む

自然には抗えない

東京駅の丸の内口と皇居を結ぶ行幸通りの銀杏が黄金色に染まりました。 同じ内容の記事を11月8日にアップした去年とほぼ同時期。昨年は記録的な暖冬でしたが、今年はどうなりますかねぇ。 仕事帰りに新丸ビルの成城石井に寄ったら、毎年楽しみにしているオリーブの新漬けが入荷していました。例年11月上旬から出回る季節限定商品。輸入品と比べるとあっさりした味つけで僕好み。これほど美味…

続きを読む

京料理「じき宮ざわ」 ―3,000日間京都一周(特別編)

ホテルから再びタクシーに乗り込み昼食に向かった先は、堺町の京料理「じき宮ざわ」さん。奥さんの友人が紹介してくれたお店です。 予約時刻の5分前に到着するとすでに店内はいっぱいで、僕らが最後の客でした。「僕らが最後」と書いたのは、こちらはカウンターのみ10席ほどの小さな店で、客全員の着席を待って一斉に食事を始める方式だからです。カウンターだけの店はよくありますが、全員一斉というのは初め…

続きを読む

そうめんに感激

こんなに美味しいそうめんがあるんだ! いやぁ驚きました。奥さんのおみやげ。緊急事態宣言直前に母親と二人旅した小豆島で買ったきた商品です。 わが家ではいつも「揖保乃糸」という兵庫のそうめんを購入しています。これ以外食べたことがなく何の不満もありませんでした。もっと美味しいそうめんがあるなんて考えたこともなかった。 このオリーブそうめん、揖保乃糸より少し太くしっかり…

続きを読む

オヴェスト イゾラ

この5連休はもちろん僕らもステイホーム。スーパーマーケットとホームセンター以外はどこにも出かけていません。と言いたいところですが、ひとつだけ、不要不急の外出をしました。 このブログにも何度か登場している平塚の老舗イタリアン「 Ovest Isola」。緊急事態宣言以降、1日1組だけ受け入れて営業を続けていると聞いて、奥さんとふたりで行ってきました。 ブログを調べてみると、初め…

続きを読む

申し開きの余地なし

当初の予定では、2月14日から奥さんとふたりで別府温泉に行くはずでした。雑誌で見つけたANAインターコンチネンタルホテルが素晴らしく、2泊する計画を立てていたんです。ところが年明けに「2月15日から海外出張」という指令。ホテルも飛行機も泣く泣くキャンセルしました。 これを埋め合わせようと、先週の金曜日は午後から仕事を休んで、職場に近いパレスホテルに泊まる予定でした。銀座の寿司屋「太一」で昼…

続きを読む

禁断の香り

平塚の駅ビル「ラスカ」にカルディが出店し、輸入食材の購入が便利になったことは既報のとおり。生ハムやスパイスに加え、最近はコーヒーもここで買っています。 先日購入したのは「白トリュフ塩」。驚くほど香りが強く、いまわが家のキッチンはトリュフの香りに包まれています。 ケースごとガラス容器に入れて二重に密閉しても香りが漏れ出してくるほど。 こんなふうにトリュフの破片が入…

続きを読む

ランチタイムが終わる頃

「9月末までに有給休暇5日取得」という弊社の指令をこなすべく、先日午後半休を取りました。ようやくこれで任務完了です。強制的に休暇を取らせるこの制度、ちょっと疑問もあるけれど、社内に休みやすい雰囲気が生まれたのはいいことかな。 さて。 せっかくの半休ですがたいした用事はなく、金曜日の午後がぽっかりと空きました。早く帰宅しても仕方ないので、久しぶりに丸の内仲通りを散歩。 この日は暑…

続きを読む

「?」だらけのタイ料理

新宿の「ジンジャーグラス」の印象がとても良かった影響で、近ごろアジアの料理に惹かれています。先日平塚のららぽーとに行く途中でタイ料理の新店を発見。さっそく翌日行ってみました。 「湘南タイ ダイニング&バー」。「ダイニング&バー」を名乗っているけど、外観はどう見てももとの蕎麦屋のまま。改装する予算がなかったのかな。まぁ美味しければ見た目はどうでもいいんだけど。 メニューには確か…

続きを読む

ヴァカンスは新宿で ―ジンジャーグラスの昼食

少し時間がたってしまいましたが、お盆後半は休みをとって新宿に出かけました。 台風が日本海に抜けた8月16日。湘南新宿ラインに乗り込んで向かったのは、新南口のサザンタワーにある「ジンジャーグラス」。「スパイシーなタイ料理とハーブをふんだんに使ったベトナム料理のいいとこ取り」を謳うエスニックレストラン。 リゾートっぽい瀟洒な外観、モダンアジアンなインテリア。僕らの好きなテイストに胸が高鳴…

続きを読む

紅茶をめぐる冒険 ルピシア「ダージリン ファーストフラッシュ」

なかなか決定打のない紅茶探し。ゴールはまだ見えません。と言いつつ、けっこう楽しんでますけどね。 探しているのはアールグレイですが、今回はトリバンさんおすすめのファーストフラッシュにしてみました。ルピシアの「ダージリン・ザ・ファーストフラッシュ」。日本茶でいえば新茶ということでしょうか。意外だったのは12月にこれが売っていたこと。初夏限定だと思っていまし…

続きを読む

帰省の楽しみ レストラン「ビオス」

明けましておめでとうございます。帰省先の静岡から戻りました。年末年始の静岡は例年よりも暖かく、穏やかな日が続きました。 とはいえやっぱり帰省は好きじゃないなぁ。離れて25年経つ実家には居場所がなく居心地が悪いし、田舎ではクルマがないとどこにも行けません。でも今回はひとつ楽しみを用意しておきました。 レストラン「ビオス」。恵比寿のジョエル・ロブションで給仕長だった松木一浩さんが富士宮の…

続きを読む

レピドーで朝食を

炊きたての土鍋ごはんと僕好みの味噌汁、ストウブのホットプレートを使ったアツアツ料理。奥さんが作ってくれる朝食は、週末を彩るシアワセな時間。でもクリスマスイブは彼女が仕事に出かけてしまったので、久しぶりにひとり外で朝食をとることになりました。 改めてネットで調べてみると、この街で朝食を出す店は限られています。ファミリーレストラン、牛丼店、24時間営業の居酒屋くらい。どれも冴えないなぁ。クルマ…

続きを読む

和風インド料理?

2週続けてインド料理店でランチを食べました。三田の「ムンバイ」、神田の「ザ・タンドール」。どちらも美味しく満足でしたが、ちょっとした疑問が。両店ともメニューがほとんど同じなんです。鶏肉や豆などのカレー、小さいサラダと食べ放題のナン(またはライス)。もしかして同じ経営者? いやいや、これが日本にあるインド料理店のランチの基本なのでしょう。 ↑三田「ムンバイ」 …

続きを読む

飲みたい日もある

仕事を除けば、僕がお酒を飲むのは週末だけ。体質的にお酒に弱く、ちょっと飲むと眠たくなる。誰かと飲むと、後から「言い過ぎた」とか「失礼だった」とか反省しちゃうので、かえってストレスになる。でもお酒自体は好きだから、自宅で奥さんと飲むのがいい。 それでもたま~に仕事が早く片づいたときや、何かいいことがあったときは、飲んで帰りたくなる。まぁ半年に一回くらいですけどね。 そん…

続きを読む

「ふつうのごはん」のシアワセ

会議で東京大学に向かう途中、根津で昼食。事前にチェックしておいた裏路地で、定食屋さん数軒を物色しました。僕は店選びのセンスがないので、一緒にいた同僚(蕎麦屋、ラーメン屋めぐりが趣味)に任せると、彼が選んだのはこちらの「和幸」さん。地元に溶けこんだいい感じの店だけど、このディスプレイを見ると不安になります・・・ 店内に入るとやっぱり常連さんが多い。いかに…

続きを読む

紅茶をめぐる冒険 紀伊国屋「アールグレイ」

最良のアールグレイを探し求める冒険。えぇ。このネタまだ続いているんです。 ディーン&デルーカ、ルピシア、フォートナム&メイソン、トワイニングを試した後、しばらくルピシアに落ちついていましたが、久しぶりに新しい銘柄を買ってみました。紀伊国屋のアールグレイ。80gで810円(税込み)だから1杯(3g)30.4円で、ルピシアよりも安い。 これ…

続きを読む

ベトナムの小さな街 -ホイアンはおいしい

四大名物最後の「揚げワンタン」には、旧市街のバーで出会いました。確かにこれ、食事というよりお酒のツマミ。ワンタンのパリパリ感がタマリマセン。 ベトナムといえばフォーですが、街で食べることはありませんでした。というのは、ホテルの朝食で毎日食べたから。麺や具が日替わりで、存分に堪能できました。 四大名物以外で忘れられないのは「バインミー」です。ド…

続きを読む

ベトナムの小さな街 -ホイアン四大名物

―ホイアン名物といえば、「ホワイトローズ」、「カオ・ラウ」、「揚げワンタン」、「コム・ガー・ホイアン」の4品だ。(中略)4品ともにホイアンが本場で、しかもほかの町ではなかなか食べられない。ホイアンに来たからには旅の思い出にもなるホイアン四大名物、ぜひお試しあれ。(地球の歩き方2018~19、ベトナム、2018年、ダイヤモンド社) こんなふうに書かれたら、ぐぅたら旅行者でも食べてみたくなりま…

続きを読む

鶏ごはんを食べるなら

鶏肉好きの僕は、アジア各国の鶏ごはんが大好物。タイのカオマンガイ、シンガポールの海南鶏飯、インドネシアのナシアヤム。ときどき無性に食べたくなります。先日仕事帰りに、神田で評判のカオマンガイ専門店に行ってきました。 鶏だしでしっとり炊いたごはん(国産の長粒米)。優しい味つけのもも肉。スープ付きで650円はリーズナブル。なかなかいい店です。 でもふと沸いてくる不遜な気持ち…

続きを読む

紅茶をめぐる冒険 Ⅱ

フォートナム&メイソンのアールグレイが無くなったので、新しい茶葉を買いました。トワイニングの「クオリティ・アイリッシュブレックファースト」。1杯3gで計算する24.8円と、これまででもっとも安価。本当はアールグレイが欲しかったのですが、間違えて買っちゃった。 このパッケージ、いいですね。でもあまり美味しくないなぁ。香りや味が弱く渋味が目立つ。…

続きを読む

金曜日の幸せ

東京駅のグランスタにイータリーが復活して、「これでプロシュートが買える」と安堵したのですが、なぜか以前ほど美味しく感じません。期待値が高すぎるのかな・・・ で、最近のマイブーム(死語?)はチーズです。金曜の夜、週末を迎える喜びをかみしめながら、新丸ビルの成城石井で買って帰るのが楽しみ。 この日はカマンベールを選んでみました。芯まで柔らかいのが好きなので、数週間熟…

続きを読む

本田くんとクロワッサン

昨日の湘南は朝からよく晴れて、この時期らしい清々しい一日でした。 いつもの日曜日は朝活=ウェイトトレーニングで始まりますが、今週は土曜日に済ませてしまったので、少しだけ朝寝坊。のんびりとアールグレイを飲んで、愛車「本田くん」で出かけました。 行く先はお気に入りのパン屋さん「ブーランジェリーニコ」。おやつのクロワッサンと夕食用のパンを買ってきました。 …

続きを読む

妄想カメラ   

本社に異動してから写真を撮る機会が激減。カメラに対する興味も減退しています。50歳記念にカメラとレンズという選択肢もありましたが、購入しても頻繁には使わないだろうと思い踏みとどまりました。 カメラ業界も元気がないですね。コンパクトカメラはスマートフォンに市場を奪われ、レンズ交換式は一巡してしまった。メーカーは利益を確保するために、僕には手の届かない高級機に注力しています。5年前の活況が懐か…

続きを読む