ネットで靴が買えますか?

研究職時代に職場で履いていたニューバランスの紐なしスニーカー。久しぶりに靴箱の奥から引っ張り出して、筋トレ用に履いています。でも仕事用ならいいけれど、スポーツ用だとフィット感が物足りない(ちょっと大きい)。そこで「筋トレ週2回」のモチベーションを上げる意味も込め、思いきって買い替えることにしました。 まずはネットで検索。選択肢を広げるとキリがないので、ブランドはウェアと同じナイキに限定。紐…

続きを読む

「最良の仕事靴」は確かに最良だった

あれ?どこかで見たことのあるこの箱。おや?見覚えのあるこの靴。もしや・・・ えぇ。2足目を買っちゃいました。リーガル東京のパターンオーダー。前回と同じサイドエラスティック、ウォータープルーフレザー、ダイナイトソール。「同じ靴を買ったの?」という奥さんの呆れ顔が目に浮かびます(まだバレてない)。まぁどんな批判も甘んじて受けましょう(笑)。 …

続きを読む

靴だけに苦痛?

リーガル東京で「最良の仕事靴」を手に入れて1年半が経ちました。脱ぎ履きがしやすいうえに雨に濡れても平気。サイドエラスティック×ラバーソールの組み合わせは期待どおり最良でした。 唯一の難点は靴が頑丈すぎて足に馴染んでくれないこと。サイドエラスティックは紐で絞れないので窮屈なフィットになっているらしく、いまも履くたびに甲が痛みます。帰りの電車で…

続きを読む

「最良の仕事靴」の10年後

REGAL TOKYOにオーダーしたサイドエラスティック。天気予報から傘マークが消えないこの時期、ダイナイトソールとウォータープルーフレザーが最強のコンビネーションを発揮しています。 紐なしの着脱のしやすさ、簡易オーダーによる完璧なフィットと相まって、「最良の仕事靴」は期待どおり最良。少なくともこの先10年、僕の仕事のパートナーとして大いに活躍してくれることでしょう。 …

続きを読む

「最良の仕事靴」来たる

心待ちにしていたパターンオーダーの靴ができあがりました。 まずは開梱の儀式。型番とサイズが記された箱には「いいモノ」感が溢れています。中敷きの色に合わせた紫の靴袋が心憎い。商品の良し悪しと無関係とは知りながらも、こういう演出は嬉しいものです。 広範なシーンに対応できる黒のアッパー、宴席で脱ぎ履きしやすいサイドエラスティック、突然の雨にも安心のラバーソール。これらすべて…

続きを読む

「最良の仕事靴」発見す

5年の探索の末、ついに見つけました「最良の仕事靴」  「靴を訪ねて三千里」でにゃん太さんが教えてくれた「REGAL TOKYO」。さっそくWebサイトを見ると、あるじゃないですか「ラバーソールで黒のサイドエラスティック」。 正確に言うと、「ラバーソールのサイドエラスティックが選択できる比較的安価なパターンオーダー」。でも「理想の仕事靴」が手に入ることに変…

続きを読む

靴をたずねて三千里

5年ほど前に「最良の仕事靴は・・・」という記事を書きました。あれ以来「最良の仕事靴」である「ラバーソールで黒のサイドエラスティック」を探し続けています。今年に入ってから探索レベルを「High」にアップ。でもいまだに見つかりません。 先日も銀座周辺のショップを10軒以上見てまわりましたが、「ラバーソールで黒のサイドエラスティック」は発見できませんでした。 「ラバーソール」というハードル…

続きを読む

スピングル!

2002年の誕生以来、快進撃を続ける広島のスニーカーメーカー「スピングルカンパニー」。 以前から欲しいと思っていたこのスニーカーを、ようやく手に入れることができました。 ( Olympus OM-D E-M5, M.Zuiko Digital ED 45mm F1.8 ) 「西洋かぶれ」を自認する僕ですが、あらためて周りを見回すと実際は日本メーカーの製品が多い。 …

続きを読む

カジュアル化の波 -コンバース・オールスター

本田くんで通勤するようになって、通勤服がカジュアル化しています。 僕の職場では、出勤したら作業着に着替えるので、通勤服に制限はありません。 徒歩通勤では、ジーンズに綿ジャケットを基本にしていましたが、 本田くんが来てから、綿ジャケットの代わりにパーカーやナイロンジャケットを投入。 これからはジーンズにポロシャツという格好が多くなりそうです。 そんなカジュアルな装いに、スーツ用の…

続きを読む

10年の節目

僕のブログの記事を累積アクセス数で並べてみると、ベスト10のうちなんと7つが靴の話題。 1記事あたりのアクセス数は花やワインの50~100倍もあります。 これに次ぐのはカメラや時計ですが、靴には水をあけられている・・・ 靴に興味のある男性って多いのかなぁ。 少なくとも僕の周辺に、僕以上の靴フェチはいないけどなぁ。  だからというわけではありませんが、久しぶり…

続きを読む

コンバース・オールスター

永遠の定番コンバース・オールスター。 僕のブログにスニーカーが登場するのは初めてかも。 もっともこれ、僕のじゃなくて奥さんのですけどね。  懐かしいなぁオールスター。 高校時代、オシャレなヤツもそうじゃないヤツもみんな履いていたっけ。 当時キャンバス・スニーカーといえばオールスター、ジャックパーセル、トップサイダー。 今でも時おりファッショ…

続きを読む

靴磨きの恍惚

靴を磨き終えたあとの穏やかな心地は、いったいどこからやってくるんだろう。 この気分を共有できる男性とは、友情を分かちあえる気がします。   古いバイクに油を注したり、とれかかったシャツのボタンを直したり。 新しいモノを買うのはもちろん嬉しいけれど、 気に入ったものを慈しみ、丁寧に手入れする充足感も、ボクは大好きです。 掃除や料理にも通じる、「地に足のつ…

続きを読む

最良の仕事靴は・・・?

ボクの最新の仕事靴は、2年前に手に入れた三陽山長の友之介。 最新ということは、これまで重ねてきた失敗を考慮した、最良の一足ということでもあります。 黒のストレートチップ。 茶靴や他の靴型に比べオシャレ度は低くなりますが、 その代わりこの靴はほとんどのビジネスシーンに対応できます。 プレゼンテーションでも冠婚葬祭でもパーティーでも、黒のストレートチップはオールマイティー。 …

続きを読む

8年物 Tomorrow Land by Alfred Sargent

1年以上も靴ネタを書いていなかったので、本日は古靴自慢といきましょう。 「気に入ったものを長く使う派」のボクにとって、靴はもっとも萌えるアイテムです。 「俺のジョンロブは20年物さ」とか「ベルルッティで色を塗り直してもらった」 みたいなことに、単純に憧れてしまいます。 とはいえ、仕事では作業着生活が長く、頻繁にスーツを着るようになってまだ10年。 それにジョンロブやベルルッティ…

続きを読む

サンダルが届きました

BEYESに発注していたサンダルが届きました。 靴を通販で買うのは初めて・・・と思っていたのですが、 20年近く前、L.L.Beanのブーツをアメリカから 取り寄せたことを思い出しました。 モノもちのいいボクですから、今でもちゃんととってあります。 もう履くことはほとんどありませんが・・・ 久しぶりに靴を通販してみて思ったのですが、 やはり靴は店頭で…

続きを読む

三陽山長 勇之介

三陽山長のパンチドキャップトゥ「勇之介」を手に入れて2年。 いまだに履くたびに「いいなぁ」という気分になる。 ときどきニヤニヤしながらクリームを塗る。 日本人向けに日本で作った靴というのは、 やっぱり日本人の足に合うんだなぁ。 手に入れたときから履き心地がよく、今も履いていて気持ちがいい。 確かにイギリスやイタリアには、頑強だったりセクシーだったり、 様々な魅力的を…

続きを読む

靴は黒に限る?

久しぶりにベルトを購入した。 3月に手に入れたローファーに合わせるためのベルト。 靴とベルトは色や素材を合わせるのが基本。 とはいえこれはあくまでも基本であって、 カジュアルなローファーに、 無理にベルトの色を合わせる必要はないとは思うが・・・ 新宿で仕事があったので、帰りに伊勢丹へ。 ローファーを持参して「これに合わせるベルトを」とお願いしたところ、 10,00…

続きを読む

YANNKOのローファー

じっくりと時間をかけて手に入れたYANNKOのローファー。 フェラーリ(というより、初期型アウディTTかな)のシートのような色の革と、 少し長めのトウのデザインが気に入っています。 けれど、今までに3度履いて出かけ、まめを3つ潰しました。 考えてみると、最後に輸入モノの靴を買ったのは2005年のこと。 その後、リーガル、三陽山長、三陽山長、スコッチ…

続きを読む

ローファーが欲しいのだ(後編)

(昨日の続き) しばし悩んだのですが、結論を先送り。 ボクのサイズが残り1足だというので、 とりあえず、しばらく取りおきしてもらうことにしました。 そうして次に向かったのは、骨董通りのJ.M.ウェストン。 ローファーといえばウェストンですよ。 狙うはこちらの靴。 けれど残念なことに、このモデルは店頭になく、 国内では扱いがない模様。 残念。 気を取りな…

続きを読む

ローファーが欲しいのだ(前編)

ここ半年ほど、ローファーを物色中。 イメージは・・・ フェラーリの内装のようなタン、ややロングノーズ、 カジュアルすぎないデザイン。 「価格は気にしない」と言いたいところだけれど・・・ 憧れは、ジョンロブのアシュレイ  で、何ヶ月か前に丸の内のジョンロブに出撃。 けれど、あいにく好みの色がなく、入荷も未定とのこと。 パターン・オーダーなら…

続きを読む

靴の価格

2足のストレートチップ。 左がスコッチグレイン、右が三陽山長。 木型が似ているのでしょう。 トゥのスタイルや全体のフォルムがよく似ている。 いずれもラバーソール。 どちらも履き心地がよく、かつしっかりしたいい靴。 価格はスコッチグレインが30,000円、山長が57,750円。 比較してみると、スコッチグレインはコストパフォーマンスが際立っている。 けれど、しば…

続きを読む

三陽山長 友之介

6月は八百屋にとってうれしい月でした。 通常2~3週に1回ある水曜休市が、6月は毎週。 しかし、それも今日で最後・・・  名残を惜しんで(?)、今日は買い物です。 京浜東北線を東京駅で降りて、OAZO、丸ビル、丸の内仲通り、 有楽町のマロニエゲート、ベルビア館というコース。 ポロシャツ、ワインなど、いろいろと散財し、最後に購入したのが靴。 三陽山長…

続きを読む

勇之介の近況

たいそう気にっている三陽山長の勇之介。 相変わらず抜群のフィットを維持している。 履くたびに「いいなぁ」とニヤニヤしてしまう。 3月に手に入れてから、はや9ヶ月。 先日、かかととつま先を修理してもらった。 革底の靴はどれもそうだけれど、半年ぐらいでつま先の修理が必要になる。 初めは靴が硬いためにカエリが強くて、 どうしてもつま先が削れてしまうためだ。 本底が削れる…

続きを読む

雨の日用の靴を買いました。

雨の日用の靴を買いました。 どうせ雨の日用だから安価なものでいいと思っていたんですが、 そこは靴好き、やっぱりそれなりのモノを買ってしまいました。 スコッチグレインというブランドの伊勢丹別注モデル。 山長よりはだいぶ安価ですが、一般的なリーガルより高価。 ソールはもちろんラバー。 これなら底から水が入ってくる恐れはない。 そもそも雨の日用の靴…

続きを読む

ゲリラ豪雨と靴

いつまで続くのだろうか、このゲリラ豪雨とやらは。 おそらく靴好きの多くが、この天気で困っていることだと思う。 雨が降るかもしれないと思うと、 どうしても気に入っている靴を履く気にならない。 革靴は、たとえラバーソールであっても、 雨に濡れると染みができたりアバタ状になったりと、 決していいことがない。 だから雨の日に履く靴は、古くて廃棄寸前のものや、 雨の日専用のかっこ悪…

続きを読む

靴が帰ってきた!

先月修理に出した、イギリス、アルフレッド・サージェントのストレートチップが帰ってきた。 仕上がりは文句なし。 キレイで素晴らしいできばえ。 ちなみに修理を頼んだのは新宿高島屋のミスターミニット。 靴底はレザーソールからダイナイトソールに変更。 昨日一日履いてみて、 ダイナイトソールにして良かったと感じた。 何よりも滑らないのがいい。 レザーソールだ…

続きを読む

勇之介、何度も褒めちゃう

今日は梅雨の中休み。 雨の心配がないので、 お気に入りの三陽山長「勇之介」を履いて仕事に出かけた。 何度でも褒めちゃうけど、この靴、ほんとうにいい。 朝出かけるときは「ちょっとゆるいかなぁ」という履き心地。 でも、足がむくんでくる夕方には若干きつめのフィット。 サイズ完璧。 靴全体が面で足を包み込んでいる。 なので、どこかが変に当たって痛いということがない。 革…

続きを読む

靴磨き

「靴を磨きなさい。そして、自分を磨きなさい。」 フランスの靴ブランド、ベルルッティの当主、 オルガ・ベルルッティのありがたきお言葉。 近ごろ自分磨きはおろそかになってますが、 靴はちゃんと磨いています。 休市の昨日、3足の靴磨き。 三陽山長の勇之助、YANKOのパンチドキャップトゥ、REGALのUチップ。 上等な靴は、履いても磨いても気分がいい。 パンツ…

続きを読む

靴を修理に出してきた

イギリスの靴、アルフレッドサージェント。 Tomorrow Landによる別注もの。 セレクトショップらしく、なかなかキレイな靴でしょ。 とても丈夫にできているいい靴。 でも革が硬いために、はじめは足が痛くて泣かされた。 次第になじんできたけれど、イギリス靴らしい頑固さは変わらない。 買ったのはたぶん2003年だから今年で5年目。 毎週1日×約50週×5年、250日…

続きを読む

スペインの靴 Yanko

Yankoのパンチドキャップトゥ。 昨今流行のロングノーズやチゼルトゥとは一線を画す、 クラッシックな顔立ち。 ちょっと古いとも言う なにせ2004年に購入して今年で5年目。 でもまだまだ元気。 新たに買う靴は毎年1足だけと決めている。 そして毎週1回、最低5年間履く。 この靴はあと半年で5年になるが、もう少し長持ちしそうだ。 ラバ…

続きを読む