達成!3,000日間京都一周 ―はじまり

初めて「3,000日間京都一周プロジェクト」を記事にしてから、今日で2,676日目になります。関西への出張を利用して、隙間時間に京都の主要観光地を巡る一人プロジェクト。訪れたのは祇園、清水寺、平安神宮、嵐山、桂離宮、銀閣寺、哲学の道、きぬかけの道(龍安寺)、建仁寺。ブログ記事にしませんでしたが、仁和寺、妙心寺も訪ねています。そして今回・・・ これだけ行けば「京都一周」と言ってもいいのではな…

続きを読む

スーパー難民

わが家から徒歩3分のスーパー「そうてつローゼン」の閉店が決まり、僕らは小さなパニックに陥っています。食料品の8割を依存していたスーパーがある日突然姿を消すというのは、信頼していた友人を失うような衝撃です。これから誰を頼りにすればいいものか・・・ ま、ちょっと大袈裟ですけどね(笑)。 というわけで、本田くんを飛ばして5分。レディバードさんもおすすめのヤオコーを久しぶりにチェックしてみ…

続きを読む

バカンスはフランス

毎週土曜日は料理で世界旅行。といっても、行ける国はヨーロッパとアジアの数か国に限られているけどね。この日の旅先はフランスでした。 フランス料理で最初はアミューズ。セロリのピクルスからスタートです。食欲を誘うワインビネガーの酸味は夏向きですね。まぁアミューズがピクルスってことはないでしょうけどね。 オードブルは2品。まずは「枝豆とモッツァレラのサラダ」。…

続きを読む

丈夫で長持ち

週末の夜、ふたりでワインを酌み交わすのが結婚以来の楽しみ。28年続いている習慣です。でも以前に比べると酒量が減りました。50歳を過ぎた頃からとくにその傾向が顕著です。 40代前半までは、ふたりでワイン1本+ウィスキー5〜6杯。9時から始めて12時過ぎまでというのが普通でした。でも最近は1時間もすると眠たくなり、10時半にはベッドに沈没。滅多にウィスキーに辿り着きません。燃費がいいのか悪いの…

続きを読む

Sing, Sing, 寝具

ベッドのシーツ、どのくらいの頻度で交換しますか? わが家では毎月最初の週末に交換すると決めています。月1回。「え、汚い」と思う人もいるかも知れませんね。 このネタ、以前も書いた気がするなぁ・・・ こちらシーツを剥がしたところ。ベッドはシモンズを愛用しています。 寝心地が良く気に入っていますが、この小枝の模様とSの縫い込みは「やりす…

続きを読む

サザエさんは手強い

この春で、会社勤めを始めて丸29年が経ちました。年間52週×29年=1,508ですから、これまで1,508回月曜日を迎えたことになります。これだけ多くの経験したというのに、いまも日曜日の「サザエさん症候群」、月曜日の「ブルーマンデー症候群」は継続中。仕事を続ける限り、この症状は続くのでしょうか。 かつての同僚(女性)は、「仕事が好き。サザエさん症候群なんて知らない」と豪語していました。以前…

続きを読む

たかが水筒と言うなかれ

2年半前に購入したサーモス。毎朝職場に着いたら、奥さんが淹れてくれたコーヒーを飲む。気が重い仕事に臨む前の「小さな幸せ」です。 コーヒーを飲み終えたら、職場の給湯器で白湯を入れて持ち歩いています。会議ではペットボトルのお茶が配られることが多いのですが、「これがあるから」と辞退しています。朝のコーヒーのために購入した水筒ですが、ごみや費用の削減にも一役買っています。 た…

続きを読む

六本木心中 後編

グランドハイアット東京から10分ほど歩いて向かったのは国立新美術館。黒川紀章によるこの建築は、何度見てもカッコイイなぁ。 新美術館は予想以上に混み合っていました。終盤を迎えた「メトロポリタン美術館展」が人気のようですね。 でも僕らの目的はこちらです。「ダミアン・ハースト 桜」。 ダミアン・ハーストはイギリスを代表する現代アーティスト。以前…

続きを読む

六本木心中 前編

ゴールデンウィーク前半を襲った急性腸炎は数日で回復。5月4日は当初の計画を果たすべく、六本木に向かいました。 目的地はここグランドハイアット東京。といっても宿泊するわけではなく、このホテルのレストラン「フレンチキッチン」のランチブッフェが目当てです。 11時半のランチ開始時刻はまだ人影もまばらでしたが、しばらくすると満席になりました。「フレンチキッチン」の名物とも言えるランチ…

続きを読む

桜2022

この週末は寒かったですね。日曜日は湘南でも冷たい雨が降り、気温は終日一桁。まったく春の天気は気まぐれです。毎年そんなふうだから、花見には瞬発力が必要です。思い立ったが吉日。油断するとすぐに葉桜になっちゃう。 というわけで4月2日の土曜日、厚手の上着を着こんで奥さんと桜散歩に出かけました。といっても出かけた先はわが家から徒歩5分。10本ほどの桜が植わっているだけの新宿公園ですけどね。{%トホ…

続きを読む

覚醒の光

ベッドを出てから20分。まだ朝日は地平線に顔を出しません。日の出が遅くなり、平日の起床時刻=5時45分は真っ暗です。日に日に朝起きるのが辛くなってきました。 このとき奥さんはまだとなりで寝ています。彼女を起こさないよう、これまで目覚まし時計を使っていませんでした。それでも朝日が当たると自然に覚醒し、寝坊することはありません。 でも日の出が遅い冬のあいだは、そうは行きませんね。…

続きを読む

ワインに溺れる

フォーシーズンズホテル「EST」のランチでは、レストランでお酒が飲める幸せに酔いしれました。 思えばコロナ禍以降、何度か二人でレストランに出かけましたが、いつもお酒はおあずけ。奥さんにとってこれはかなり不満だったようです。春に出かけたアマン東京では、あまり飲めない僕でさえ「ワインのないイタリア料理はこんなに味気ないのか」と心底思いました。 久しぶりに外で飲むお酒。食前酒はキールにしま…

続きを読む

ホテルに溺れる

東京駅の丸の内口を出て、パレスホテルの横を通り・・・ って、通勤経路とまったく同じですが、向かったのは弊社のお隣さん、「大手町One」のフォーシーズンズホテル。 エレベーターで39階に上がると、眼前に広がるこの景色! ロビーの奥、ライブラリーを抜けてドアを開けると・・・ このホテルのメインダイニング「EST」に到着。先週の日曜日…

続きを読む

決戦の金曜日 ―モデルナワクチンの副反応

先日の金曜日、二度目のワクチン接種を受けました。 弊社職域接種のワクチンはモデルナ。ファイザー製に比べて副反応が出やすく、二度目の接種後、8割が高熱に見舞われるという報告があります。先に接種を終えた同僚に話を聞くと、まさに死屍累々。39℃以上を経験した人も多く、「辛かった」「3回目は拒否したい」という声が聞こえてきます。 これほどの確率だと、僕も同じことになるだろうと覚悟し、事前にい…

続きを読む

ふりむけばヨコハマ

この国は誰しも忙しく、1年のなかで気がねなく休みが取れるのは「盆と正月」しかありません。感染拡大が続き不安な状況ではありましたが、リスクは覚悟のうえで、今年のお盆は少しだけ出かけることにしました。 オリンピックの閉会式が行われた3連休は、レンタカーを借りて義父の墓参りと、実父の様子を見に静岡に行ってきました。日帰りで両方の実家を訪ねる弾丸帰省。電車ではなくレンタカーにしたのは、ほんの気休め…

続きを読む

愛される理由 ー茅ヶ崎「ボージャン」

♪ 砂まじりの茅ヶ崎 人も波も消えて〜 というわけで、久しぶりに隣町の茅ヶ崎に行ってきました。ここは、結婚した1994年から4年間暮らした懐かしい街。平塚に引っ越してから四半世紀がたちますが、いまでも愛着があります。 鉄砲通りのおしゃれな店を眺めながら、辻堂方面にクルマで10分。目指したのはインド料理店「ボージャン」です。 この店、茅ヶ崎時代に何度か…

続きを読む

何もしない休日

この4連休は、初日に食事に出かけたことを除けば、ほんとうに「何もしない休日」でした。後半2日は一歩も外に出ない引きこもり生活。音楽三昧、読書三昧。 テレビもネットもほとんど見なかったので、連休明けは浦島太郎でした。さすがにオリンピックの開会式は見ましたが、バッハ会長の演説で沈没。まぁそれは僕だけではないかもしれないけどね。 そうそう。天気が良かったので、一度だ…

続きを読む

ぜんぶ、アイツのせいだ。 ―清澄白河

予定どおり14時にチェックアウトして、ホテル直下の三越前駅から半蔵門線に乗り込みました。めざすは2駅先の清澄白河。マンダリンオリエンタルを選んだ一番の理由は、清澄白河に近いことでした。 3月の「デート」で恋に落ちた清澄白河。また来るだろうとは思いましたが、こんなに早く再訪が叶ったのは意外。 地下鉄を降りて最初に向かったのは、リバーサイドのレストラン「PITMANS」。ここは「清洲橋醸…

続きを読む

ぜんぶ、アイツのせいだ。 ―いいこともある

翌朝は日の出とともに目覚めました。 朝日とスカイツリーの共演。 この3625号室はスカイツリー側(東側)の最上階。今回のプランは部屋を指定できないので、反対側のもっと下になる可能性もありましたが、おそらく客室に余裕があり、良い部屋を割り当ててくれたのでしょう。 昨日は不満を書き連ねてしまいましたが、悪いことばかりじゃありません。 朝食は37階のレストランで。僕らの…

続きを読む

ぜんぶ、アイツのせいだ。 ―マンダリンオリエンタル

大手町のアマンで昼食を終え日本橋に移動。三井タワーのマンダリンオリエンタルホテルにチェックインしました。 ここに泊まったのは13年前の八百屋時代。好印象でしたが、プールがないのがもの足りず、長らく遠ざかっていました。 今回は、レイトチェックアウト(14時)、ホテル内で使える10,000円分のクーポン、スパークリングワイン1本付きというプランに惹かれて、再訪を決めました。 50㎡…

続きを読む

ぜんぶアイツのせいだ。 ―AMANホテルで昼食を

ゴールデンウィーク終わっちゃいましたね。 5連休前半は静岡に帰省。27回目の結婚記念日は郷里で過ごしました。後半は都内にお出かけ。自宅で過ごした昨年に比べるとあわただしい連休でした。明けて5月6日は出勤しましたが7日は有給休暇を取り、最後の金土日はのんびりできました。 静岡から戻り、たまった家事をかたづけた5月4日。結婚記念日のお祝いに都内のレストランを予約しま…

続きを読む

明日、春が来たら ー清澄白河

素晴らしいランチのあと、清澄白河の街を歩いて半蔵門線の駅に向かいました。このシリーズ、ようやくこれが最終回です。 初めて来た清澄白河について僕が知っていることは、サードウェーブブームのきっかけとなった「Blue Bottle Coffee」の海外1号店があるということぐらい。意外と東京駅から近いことも、とても魅力的な街だということも、まったく知りませんでした。 「フジマル醸造所」から…

続きを読む

明日、春が来たら ーセレンディピティ

さて、デートの続きです。 「ライゾマティクス_マルチプレックス」を見終え、次はランチ。でも初めて来た清澄白河にはまったく当てがありません。僕は電車で移動してホテルのレストランに行くのが無難だと主張したのですが、奥さんはネットで見つけた「フジマル醸造所」というワイン工房が併設する店に行きたいとのこと。しばらく押し問答しましたが、結局僕が折れました。 とはいえ彼女も良い店だという確信があ…

続きを読む

Happy Birthday to me

歌手の今井美樹さんが58歳になったのと同じ日に、僕は54歳になりました。この歳になるとパーティーなんてありません。今井美樹さんはファンや布袋さんが祝ってくれたのかな。うちの奥さんは仕事が忙しく、ほぼ放置。何もないのもナンなので、自分のために少し手の込んだ料理を作ることにしました。 前菜は「春野菜とスモークサーモンのゼリー寄せ」。アスパラガス、さやいんげん、スモークサーモンを容器に重ねて、ゼ…

続きを読む

明日、春が来たら ーライゾマティクス

3月20日に始まった東京都現代美術館の「ライゾマティクス_マルティプレックス」。とても気になっていました。見るたびに「すごい」「どうやっているんだろう」と思うPerfumeのライブ映像。その舞台装置を手がけるライゾマティクスが個展をやると聞いて、いてもたってもいられませんでした。 こちらは2015年の圧巻のライブ!まさに「どうやっているんだろう」ですね。 入場して最初に目に飛…

続きを読む

明日、春が来たら

何か楽しいことないかなぁ。 引きこもり、超インドア派の僕ですが、そろそろ出かけたい気分になってきました。春ですからね。 コロナ前なら今ごろは夏休みの旅行が決まり、それを心の支えに忙しい日々をやり過ごすのですが、今年は先の予定が立てられません。 まだ桜が残っていた先日、そんな重い気分を晴らそうと、休みをとって奥さんと都内に出かけてきました。5…

続きを読む

スマートホーム?

ソファー横のフロアランプは、30年前近く愛用している無印良品。壊れる気配は皆無で、一生モノになりそうです。 このランプのスイッチは本体頂部にあるのですが、就寝直前にベッドから消灯できるよう、赤外線リモコンを使っています。本体のスイッチは常時オンにして、リモコンで電源供給をオン/オフする方法。もっとも簡易な遠隔操作ですね。 リモコンは枕元に置いています。でもこれ…

続きを読む

ねぇ 今年もあの花が咲いたね

今年も「あの花」が店頭に並ぶ季節になりました。リューココリネ。学生時代、リューココリネを早く咲かせる方法を研究していた僕にとって特別な花。花屋で見かけると一も二もなく購入してしまいます。 研究材料の花は写真のように綺麗には咲きません。たいがいは2〜3輪しか花がつかず草丈も短い。花数や重さを測った後のちょっとさびしい切り花を数本新聞紙に包んで、当時つきあっていた彼女の部屋をよく訪ねま…

続きを読む

在宅時間に気づいたこと

緊急事態宣言で在宅時間が増えたことへの反応は人それぞれ。僕は人と話をするのが苦手なので、この状況嫌いではありません。 意外だったのはうちの奥さん。社交的で外に出かけるのが好きなタイプなので、きっと苦痛だろうと思っていたら、そうでもないみたい。在宅率は僕より高く、いまは週6日自宅にいますが、けっこう楽しそうにやっています。コロナ前、平日は100%外食だったのに、今はすべて自炊。思いがけない良…

続きを読む

ステイケーション@パレスホテル その3

3日目も前日と同じ時刻に目覚めてグランドキッチンで朝食。定刻の12時にチェックアウトして、ステイケーションが終わりました。アーティゾン美術館を除けば、ホテルから一歩も出ない引きこもりの2泊3日。コロナ禍らしい滞在でした。 パレスホテルに泊まるのは今回が初めてなので、感想を残しておこうと思います。 <良いところ> 1.眺望 期待以上の眺望に感激しました。…

続きを読む