末永く幸せに

昨年まで勤務していた研究所の若者が結婚式に招いてくれたので、この週末、会場となった福岡のホテルに行ってきました。「仕事で世話になった人を多く呼ぶべきだ」というお父様の意向があったそう。弊社から10数人が出席するという、いまどき珍しい大規模な披露宴となりました。 とても優秀な彼は、九州随一の大学出身。彼女は同じ研究室の聡明で愛らしい女性。そんな二人が多くの親戚や仲間に囲まれて幸せそうにしてい…

続きを読む

鉄鍋3兄弟

わが家に新しいストウブがやってきました。直径20㎝、深さ5㎝の両手フライパン。リゾット、パエリア、パスタ、餃子など、幅広く使えそう。深さ7㎝のココット・ジャポネーズ(ル・クルーゼ)、3㎝のホットプレート(ストウブ)と合わせて、直径20センチの鉄鍋3兄弟。2人分の料理なら、この3つですべて対応できそうです。 こんなふうに僕好みの道具が増えることを、奥さん…

続きを読む

うちにないもの

モノが少ないわが家には、多くの家庭にあるものが無かったりします。最近気づいたのは電気ポット。結婚して20年経ちますが、一度も買おうと思いませんでした。 コーヒーを淹れるときは、ハリオの小さなコーヒーケトルでお湯を沸かします。もっと多くのお湯が必要な時は、柳宗理のヤカンを使う。お湯が沸くまでの2~3分がもどかしい、なんてことはないから、うちはこれで十分。 でも先日、魅力的な電気…

続きを読む

夫、父親

僕が奥さんの実家で驚いたのは、女3人(義母、義姉、奥さん)が何かにつけて義父に文句をいうことでした。やれ服のセンスが悪い、考え方が古い、お酒飲みすぎ。口を開けば悪口ばかりで、傍で見ていて気の毒なほど。女性中心の家庭はたいへんなんだなぁ・・・ それが病気になったとたん全員が優しくなり、精いっぱい義父を看病する。亡くなってからは、「ほんとうにいい夫だった」「私たちを大切にし…

続きを読む

月夜

コーヒーを淹れ、一息つこうとリビングの椅子に腰かけると、鎌倉の方向にみごとな月。慌ててOM-Dを持ってベランダに飛び出しました。 でも写真はイマイチだなぁ。三脚を立ててスローシャッターを切ったせいか、薄くかかった雲が目立ってしまいました。実物の月の美しさには到底及びませんね。 (Olympus OM-D E-M5, Voigtländer No…

続きを読む

ぼっちの難点

奥さんが毎週帰省するので、週末の一人時間が増えました。僕は基本的に「ぼっち」好き。時間を持て余すことはなく、けっこう楽しんでいます。 でも一人だとついつい無精なるのが難点ですね。二人のときは朝起きたらベッドを整えますが、一人だとずっとそのまま。台所の片づけも後手にまわり、流しには食器が山積みです。 脱サラして農業を始めた久松達央さんが、「小さくて強い農業をつくる」のなかで、一人で働く…

続きを読む

大人になるって

入院中の父親と看護に追われる母親を気遣って、奥さんは毎週末帰省。僕もときどき同行します。おかげで僕らの生活のリズムは乱れ、家事が滞るために家のなかは荒れぎみ・・・ でも僕も彼女も、お互いを見る目が以前より優しくなった気がします。 僕は家族を思いやる彼女に、自分にはない女性らしさを感じています。自分の両親が同じ状態におかれたとき、彼女のようにふるまえる自信はありません。 一方彼女…

続きを読む

人生は無限ではない

僕のブログが9周年を迎えました。いよいよ節目の10年目。早いものですね。 これを機にというわけではありませんが、諸事情あって、火、木、土だったブログ更新日を月、水、金にしようと思います。誠に勝手ながら、ご容赦のほどを。  さて。 近ごろ気になっている「健康寿命」という言葉。男性は70歳くらいだそうです。僕は来年50歳。ってことは、健康寿命はあと20…

続きを読む

充電 -その5 アンダーズ東京

わずか2泊の滞在で2週分のネタを提供してくれたアンダーズもこれで最後です。 この夏、奥さんは父親の看病と仕事で疲労困憊。夏休みは「何もしたくない」という状態。休み数日前に「やっぱり3泊にしよう」「美術館に行こう」と僕が提案しても、まったく相手にされず。結局いつにも増して「なにもしない」滞在になりました。 アンダーズ東京は、そんな僕らにとって良い選択だったようです。 …

続きを読む

姉妹

先日奥さんの実家に帰省すると、義姉が妹(奥さん)の服をとっかえひっかえ着て、「どれが似合うかなぁ」と悩んでいました。それを見て奥さんが「こっちのほうがいいんじゃないの」「やっぱりさっきのかなぁ」とコメント。同窓会に着ていく服がないので、妹から借りるらしいのです。 姉妹会議の結果、ようやく黒のワンピースに決まると、今度はそれに合わせるアクセサリー選びで会議再開。僕は「海街ダイアリー」の4姉妹…

続きを読む

充電 -その3 プール&ブレックファースト

僕にとってホテル泊の最大の愉しみは朝食です。アンダーズ東京の朝食はもちろんブッフェスタイル。51階のレストランで東京の街を見下ろして、好きなものを好きなだけ食べるシアワセ。 最近これに加わったのが「朝飯前」のプール。早起きして出かけた朝7時のプールは閑散として、水面は鏡のよう。標高100mの清々しい湖を占有して泳ぐ気持ちよさといったら! 

続きを読む

充電 -その2 いつもと違う夏  

最後にお盆休みを国内で過ごしたのはいつのことでしょうか。途中八百屋時代は夏休みがなかったので、これを除くと15年ぶりくらい?・・・ お盆には帰省して墓参り。日本的な慣習を無視して、毎年海外に出かける僕らを、両親は呆れて見ていたのかもしれません。 今年、僕は仕事が変わり、以前より休みがとり難くなりました。さらに義父の体調を案じて、海外旅行は見送り。 仕事のこと、両親のこと・・・ …

続きを読む

充電

例年なら「夏季休暇」5日をまとめてとって7連休にするお盆。今年は8月11日からの4連休だけ。それでも少しは楽しもうと、都内に2泊3日の小旅行に出かけました。 行先はこちら。 滞在中、ホテルのある虎ノ門ヒルズから出たのはほんの30分ほど。ホテル内で食べて飲んで寝るだけの怠惰な休暇でした。ジムとプールには行きましたが、焼け石に水。昨日体重計に乗ったら、2kgも増えていまし…

続きを読む

時差

このところ、僕と奥さんの間に1時間ほどの「時差」があります。 朝起きるのは、僕が6時、奥さんが6時半。僕は彼女を起こさないよう気を遣いながらベッドを出て、静かに身支度をはじめます。6時50分に出かけるので、ふたりの時間は20分だけ。 帰宅は僕が10時半、奥さんが11時半。僕は早寝なので、彼女が家に着いたときはもうベッドのなか。 平日は話す時間がなく、LINEがコミュニケーション…

続きを読む

褒めて育てる

看病や家事に追われる母親を気遣って、奥さんは帰省するたびに小さなおかずを持ち帰っています。僕も料理を多めに作ってこれに貢献。先週は「自家製ツナ」と「夏野菜のココナッツミルク煮」を、今週は「かぼちゃのオートミール煮」を提供しました。 幸いなのは、義母が西洋風やエスニック風の味つけに抵抗がないこと。毎回「美味しい」と言って食べてくれます。半分以上はお世辞だとしても、作ったほうは嬉しいも…

続きを読む

大切な時間

週末の朝はいつもより1時間半遅くはじまります。アラームに急かされることなく、自然に目が覚めるのはだいたい7時半。奥さんはまだ夢の途中。 わが家はもともと3LDKですが、購入時に壁を取りはらい、リビングとキッチン、寝室をひと続きにしました。東南角のこの部屋は、まぶしいほどの光が降り注ぎ、ベッドから空と海が見えるスウィートルーム。 やさしいボサノヴァとソーダ水。雑誌をめくりながらベッドで…

続きを読む

節約モードなわけ

ときどき届く「ねんきん定期便」を見ると、「加入実績に応じた年金額」の少なさに愕然とします。この案内を受け取った人は、誰もが同様に感じるのではないでしょうか。 僕の世代のおじいちゃん、おばあちゃんは、年金で豊かな老後を送っていました。でも自分自身の引退後はそうはいかない。わかっていたこととはいえ、それが10年後に迫ってくると、急に現実味を帯びてきますね。 あらためて家計簿を見てみると、…

続きを読む

やっぱり和食か

毎週2泊の北海道出張。休日は自宅で資料作り。さらに闘病中の父親を訪ねて週1回は帰省。多忙を極める奥さんに代わり、僕が土曜日の朝食を作ってみました。 メニューは得意のラタトゥイユ、セロリのスープ、昨秋ベランダバジルで作ったジェノベーゼのパスタ(写真撮り忘れ)。いずれも上々のデキで、僕としては合格点。  気をよくして「来週も僕が作ろうか」と言った…

続きを読む

少数派の嘆き

先週の土日は両日とも出張で、家事がまったくできませんでした。僕は週末にまとめて家事をします。土日がつぶれると、洗濯、アイロンがけ、靴磨きが滞り、仕事に支障が出てしまう。やむを得ず月曜日に半休をとって、これらをかたづけました。 このことを職場で話すと、思いのほか理解者が少なくて驚きました。「奥さんがやってくれないの?」という反応が多い。「うちでは自分でやるんです」と答えると、ポカンとされます…

続きを読む

小さな懸念

あさ目を覚まし、小声で「おはよう」と声をかけると、眠そうに微笑んで「おはよう」と返してくれる。ふたりのベッドには、毎朝小さなシアワセが訪れます。 でも来週から、そうはいかなくなりそう。 いま僕らが目を覚ますのは6時45分ですが、これからは僕だけ1時間早く起きなくてはいけません。通勤時間は1時間45分。彼女を起こさないように静かにベッドを出て、ひとり身支度を始めます。 こういう些…

続きを読む

朝活のごほうびは

遅くまで寝ていてもいい日曜日。8時半にベッドを出てジムに向かう。 さほど早起きではないけれど、継続するのは結構たいへんです。それでも何とか続いているのは、朝食という「ごほうび」が待っているからかもしれません。 1時間のウェイトトレーニングで疲労と空腹はMax。いつもは小食の僕ですが、この時ばかりは食欲旺盛。奥さんによると日曜日の朝は「食いがいい」そう。まぁそうでしょう。 {%音符we…

続きを読む

扇情のメリークリスマス

今日は柏の葉、大手町、大手町、本郷三丁目と、1日で4つの打ち合わせをこなすハードスケジュール。さすがに疲れました。 仕事のあとは奥さんにおねだりされた手袋を探しに丸の内へ。今夜はクリスマスイヴ。数多のカップルが幸せそうに僕の前をとおり過ぎていきます。 (Panasonic LUMIX DMC-LX100) 丸ビル、新丸ビル、仲通りのショップを20軒近く探し回…

続きを読む

彼女の音楽

うちの奥さんは僕ほど音楽に興味がありません。 いま聴きたいアルバムを訊ねると、 いつも原田知世の「music & me」かクレモンティーヌの「アニメンティーヌ」をリクエストされます。 彼女にとって音楽はたいして重要なものではないようです。 「結婚するなら趣味を共有できる相手がいい」と人は言います。 音楽でいえば二人ともジャズが好きで、 新譜の良し悪しを一緒に語り合うような相手…

続きを読む

キラースマイル

6時45分。 目覚まし代わりのテレビがつくと、先に目が覚めるのは僕の方。 となりでまだでうとうとしている奥さんに「おはよう」と声をかけると、 彼女は僕に気づき、にっこり微笑んで「おはよう」と返す。 毎朝、僕はこの「キラースマイル」にハートを射抜かれています。 いくつになっても、女性の笑顔は可愛いもの。 彼女は意識していないのでしょうか・・・ でもこのスマイルには、危険な…

続きを読む

本を見ていた午後 @湘南T-SITE

テラスモールによって求心力を得た湘南エリアに、新たな魅了が加わりました。 湘南T-SITE。 蔦屋書店を軸に30の専門店が軒を連ねる複合文化施設。 本を、文庫本、雑誌といった切り口ではなく、旅行、料理などのテーマごとに分類するのが、昨今流行中の陳列。 これを進化させ、旅行本の横でトラベルグッズを、料理本の横で包丁や鍋を売る。 それも飛びきりスタイリッシュに売…

続きを読む

水曜日の休日は

昨日はめったにない週なかの休日。 こんな日は出かける派? それとも家に引きこもる派? ふだんは出不精の僕らですが、今回は「がんばって」出かけることにしました。 そうでもしないと、共働きのふたりが一緒に出かける機会はほぼ皆無ですからねぇ。  いつもの週末より少し早起きしてブランチに向かったのは、昨年12月にオープンした湘南の新名所「T-SITE」。 TUTAY…

続きを読む

D判定 ○| ̄|_

先日職場で遺伝子検査を受けました。 遺伝子検査と言っても大げさなものではなく、お酒の強さを調べる「アルコール体質検査」。 アルコールをアセトアルデヒドに分解する酵素と、アセトアルデヒドを酢酸に分解する酵素の遺伝子を調べ、 活性の高低でアルコール体質を5段階に分類というものです。 結果はA~Eの5段階で「D」でした。  Aがもっともお酒に強いということですから、僕はかなり弱いとい…

続きを読む

うっかりすると20年

子供がいない僕らの暮らしは、結婚したころと何も変わらない・・・ 最初に住んだ小さなアパートに比べ、今のマンションはとても快適ですが、 それを除けば、多くが「あの頃」のまま。 家の中にはタイムカプセルのような「あの頃」の品が散らばっています。 ふたり暮らしを始めたときに購入したダイニングテーブルは今年で21年目。 何のこだわりもなく選んだ安手の包丁も同い年。 い…

続きを読む

こんな料理でいいのなら

風邪のせいか胃腸の具合が悪く、食欲がない奥さん。 こんなとき夫はどんな料理を作るべきでしょう。 定番は柔らかいおかゆや雑炊、煮込みうどんといったところでしょうか・・・  けれどわが家には炊飯器がなく、僕はご飯が炊けません。 あいにくうどんも在庫切れ。 そういえば・・・ イータリーで買ったミックスビーンズが余っていることを思い出し、これで「豆のミネストローネ」を作ることにしまし…

続きを読む

デカダンスな日曜日

週末の朝は、奥さんが作ってくれる土鍋ご飯と焼き魚ではじまります。 でも今日奥さんは休日出勤・・・  やむなく自作となった朝食は、クロックムッシュ(もどき)と野菜スープ、野菜ジュース、オレンジジュース・・・・  そして赤ワイン。   ワインの酔いが醒めたところで、いつもより早めにジム。 ウェイトトレーニング7種目を…

続きを読む