リモートワークの悩み

<わが家の掟>第7条 仕事を持ち帰るのはやむを得ないが、「仕事の気分」を持ち帰ってはならない 誰だって仕事では神経質になったりイライラしたりするもの。忙しくて風呂敷残業(死語?)するときも、「仕事の気分」は職場に置いてきて、家庭には持ち帰らない。うちの中まで険悪なムードになっちゃうからね〜。 でもリモートワークだとこれがなかなか難しい。出勤する日は帰りの電車で気分を切り替えられます…

続きを読む

次の趣味は釣りに決定? 朝獲りアジのマリネ

先日駅ビルの「ラスカ」で食材を物色していたら、平塚産の朝獲りアジを発見しました。平塚には須賀港という小さな漁港がありますが、漁獲量が少ないのか、「平塚産」の魚を見ることは滅多にありません。このアジちょっと小ぶりでしたが、地元産が嬉しくて、思わず購入してしまいました。 いつもどおり出刃包丁で三枚におろしてみると、身も内臓もぷりぷりとしまっていて、鮮度の良さが伝わってきます。魚を捌く作…

続きを読む

赤い誘惑

ストロボや照明の技術をマスターすれば、美味しそうな料理の写真が撮れると信じていたけれど、そう甘くはありませんでした。おそらくこの道も、一つハードルを超えたら次が待っている、終わりのない障害物競走なのでしょう。 最近僕が気になっているのは色です。味は素晴らしくても、鮮やかな色がないと魅力的に見えない。とくに赤の存在が重要だと感じています。 というわけで、この日は得意の「ペペロナータ」(…

続きを読む

カレーなるギャツビー

夏はカレーの季節。今年も多くの雑誌がカレーやインド料理を特集しています。でもこれってなぜなんだろう。食欲が落ちる夏でも食べやすいから? 暑い国の料理だから?  スパイスカレーブームも手伝って、さらに盛り上がるカレー界。同じ国で発生したデルタ株は怖いけど、カレーは旨い。日本のカレー熱は、オリンピック以上かもしれません。 という僕は、エリックサウス稲田俊輔さん著「だいたい15分!本格イン…

続きを読む

大胆レシピ ー渡辺麻紀さん「かつおの黒こしょう、赤ワインマリネ」

毎度おなじみ磯野さんちのカツオくん。あいかわらず手頃な値段で売られているので、ついつい手が伸びちゃいます。とはいえ、燻製、たたき、コンフィと、持ち駒は使い果たしました。 そこで今回は、僕の座右のレシピ本、渡辺麻紀さんの「ごちそうマリネ」に載っている、「黒こしょう、赤ワインマリネ」を作ることにしました。 カツオに塩と砂糖をまぶして冷蔵庫で1時間。一口大に切ったら、赤ワイ…

続きを読む

30分の恩恵

50代ともなると、奥さんと一緒に出かけることは滅多になく、週末も思い思いに過ごすのが通常です。 とはいえそこは共同生活。最低限のルールは決めています。 目が覚めるのは7時頃。紅茶を淹れ、ベッドでゆったりと過ごして8時半に活動開始。9時半頃から朝食。夜は20時からそれぞれ風呂に入り、21時に夕食開始。23時頃就寝(というか、酔っぱらって沈没)。 でも最近は季節のせいか歳のせいか、…

続きを読む

おすそ分け

先日の日曜日、奥さんは実家に帰省して、母親と姉、姪とで持ち寄りランチ会。70代、50代、20代と年齢層は広いものの、いちおう「女子会」です(笑)。 彼女からここに出す料理を2種類作ってほしいと頼まれたので、快諾することにしました。土曜日に多めに料理を作り、2人分をその日に食べ、残りを翌日のランチ会に回せばいいだけなので、さほど手間はかかりません。 さて、一皿目は「枝豆とモッツァレラ、…

続きを読む

タイに行きタイ! ―イサキのカルパッチョ ナンプラージュレ添え

このところ、月1回くらいのペースでタイ料理(っぽいもの)を作っています。この日も「タイに行こう」と決めてから、食材を買いに出かけました。。 それなのに、今が旬のイサキちゃんが潤んだ瞳で僕に猛烈アタック。タイ料理にイサキはないよな〜。と思ったものの、この子を逃したら当分イサキには会えない気がして決断しました。値段も手頃だったしね。 何はともあれ、まずは3枚おろし。多めの塩を振っ…

続きを読む

愛と憎しみのダイソン ーDyson Digital Slim Fluffy (後編)

前編で書いたように、ダイソン「Digital Slim」の性能は満足のいくものでした。吸引力、メンテナンス性、デザイン、いずれも良好。とくにデザインは毎回惚れ惚れします。不満があるとすれば、重さとトリガースイッチくらいかな。 でも、病的なきれい好きの僕にとって、この気高い英国紳士は大いなる矛盾をはらんだヤツでした。ルンバやブラーバは確実に家事の負担を減らしてくれたのに、ダイソンは逆…

続きを読む

愛と憎しみのダイソン ーDyson Digital Slim Fluffy (前編)

昨年末、自分へのクリスマスプレゼントとして購入したダイソンのコードレス掃除機「Dyson Digital Slim Fluffy」。僕がこれを持ち出すと、「ゴーストバスターズだ!」と奥さんに笑われます。同世代にしかわからないネタですね。 半年が経ち、良いところ悪いところがわかってきたので、そろそろレビューを書いてみようと思います。 まず購入前に心配だっ…

続きを読む

きみに残したい料理 ―かつおのコンフィ、ひよこ豆のトマト煮

このところ仕事に追われ余裕のない奥さん。この前の土曜日は出勤、日曜日は在宅で資料作りでした。 こんなとき、土曜日料理担当の僕は、日曜日担当の奥さんに残すことを前提に、多めに料理を作ります。 まず最初はかつお。「もう見飽きた」と言わないでください(笑)。この日は売れ残りのかつおが半額=100g当たり50円! 素通りなんてできません。 鮮度にやや不安があったので、翌日も安心…

続きを読む

道は険しいのだ

料理の写真はほんとうに難しい。 こちら土曜夜の撮影風景。5,400KのLED光を壁と食器棚にバウンスさせ、手前が暗くならないよう画用紙のレフ板を設置。試行錯誤の結果、いまはこの方法に落ち着いています。 その結果が前回の3皿の写真。もう少し色温度の研究が必要ですが、まぁライティングはギリギリ合格としておきましょう。 ライティングの次は盛りつけや演出が気になります。…

続きを読む

大葉 vs. ミント

わが家のベランダでは大葉がモリモリ成長しています。一時アブラムシにやられて心配しましたが、完全復活。ここまでくれば怖いものはありません。 ミントは予想どおり強靭です。ランナーが伸びて隣の大葉に襲いかかる勢い。領土問題に進展するかも。 ディルは花が咲いて最終版。早く食べきったほうが良さそうです。 元気な植物は僕を癒してくれます…

続きを読む

シュウマイは二度と作るマイ

久しぶりに新しいメニューに挑戦してみました! といっても焼売ですけどね。 餃子は一時マイブームがあって何度も作りましたが、焼売はなぜか未体験。「身近すぎてあえて手を出さなかった」というところかな。幼なじみの女の子みたいな?(笑) 作り方を検索してみたら、「ポイントは挽肉をよく練ること」とあったので、わが家でいちばん大きいボウルをひっぱりだし、10分近くネリネリしてみました。この作業け…

続きを読む

夏支度

この時期の恒例行事。クッションカバーを夏仕様に換えました。 ほぼ毎年記事にしているこの話題。えぇ、ブログのネタも限られるものですからねぇ。 掛け布団もいちばん薄いものにしました。この一連の作業をすると、「夏が来るんだなぁ」と思います。 キッチンには初夏の花アスチルべ。 ところで、東海地方が5月16日に、史上2番目の早…

続きを読む

行き当たりばったり

僕は仕事でもプライベートでも事前によく調べ、綿密に計画を立ててから行動するタイプ。趣味の料理もあらかじめメニューを練って、必要な材料をメモしてから買い物に行きます。 でも最近は「行き当たりばったり」が多くなってきました。季節的なものか指向の変化か。事前に考えておいても、店頭で魅力的な食材に出逢って再構築することになるので、だったら「ま、いっか」というカンジです。 この日出逢った食材、…

続きを読む

在庫を一層せよ

こぶみかんの苗が届き、「生葉が料理に使える!」と喜んだところですが、実は大量の在庫を抱えています。 こちら昨年11月に「アジアスーパーマーケット」で購入したもの。使いきれず冷凍しました。 こちらはその前からあるモスコットの乾燥葉。未開封。 僕が料理するのは土曜日の夜だけ。タイ料理を作るのは1〜2か月に1回なので、消費量は多くありません。これでは苗に追い越されると…

続きを読む

こぶみかんがやってきた

静岡からこぶみかんの苗がやってきました。 タイ料理に欠かせないハーブこぶみかん。「バイマックルー」(タイ語)や「カフィアライム」(英語)のほうが通りがいいのかな。 こぶみかんを初めて知ったのは、2012年のチェンマイ旅行。機内で配られたお菓子に入っていて「この味なんだろう」と思い、現地に着いてからこぶみかんと知りました。 とても気に入り、自分たちへの土産として購入しまし…

続きを読む

八百屋は語る

初夏は野菜の季節です。 日射量が増加し気温が上がるこの時期は野菜が急速に成長し、出荷量が激増して価格が下落。八百屋時代は価格が下がると辛かったけど、消費者としては嬉しい限り。 この日はそら豆、アスパラガス、新じゃが、なすを仕入れてきました。ほかにもトマトやきゅうり、ピーマンも安価で、目移りしてしまいます。 一皿目は「そら豆とアスパラガスのグリルパン焼き」。そら豆はこの食…

続きを読む

料理の趨勢 ―イワシの玉ねぎマリネ

最近以前ほど魚を料理しなくなりました。一時は毎週のようにアジやイワシを下ろしていたのに、今年はまだ1度だけ。激減です。 理由はわかりませんが、コロナ以降魚の生臭さが気になるんです。絶賛していたららぽーとの「鈴木水産」にもスーパーの鮮魚コーナーにも足が向きません。マスクや「気分」と関係があるのかなぁ。まぁ料理にもマイブームがあるので、単純に飽きただけかもしれませんが。{%ブロっくま考えるde…

続きを読む

春の誘惑

週末近所のスーパー「相鉄ローゼン」に行くたびに、カゴに入ったたけのこちゃんが「私を食べて」と誘ってきます。今年は手の届く値段に下がるのが早く、その価格がずっと維持されているので、たけのこ好きにはタマリマセン。ここひと月、彼女の蠱惑的な手招きに負け続けています。 先日のたけのこ料理。まずは「グリルパン焼き」。STAUBのグリルパンで20分焼き塩を振っただけで…

続きを読む

ごはん愛

歳をとったせいなのか、近ごろ「ごはん」好きが止まりません。勤務先がお米を扱っているから、というわけではありません。とにかくお米が美味しくてたまらないんです。 普通に炊いた白いごはんだけでなく、炒飯もパエリヤもピラフも好き。輸入米も厭いません。インドのバスマティライスの魅力は既報のとおり。タイ料理屋から漂ってくるタイ米の香りにもうっとり。 この日は「たけのことアスパラガスのピラフ」を作…

続きを読む

春はたけのこ

先日の土曜日は「インドに行こう」と決め、「カレー」2種、「チャナ・カチュンバル(豆のサラダ)」、「鶏肉のスパイス煮」の材料をメモして買い物に出かけました。前夜にひよこ豆を水に漬け、「基本のマサラ」を冷凍室から出しておき、準備万端。 ところがスーパーに行ってみると、好物のたけのこが安くなっているじゃないですか。先週まで980円だったのが一気にお手頃に。これは買わずにはいられません。 ち…

続きを読む

やっぱり本が好き?

僕の本棚には30冊を超えるレシピ本が並んでいます。cookpadやクラシルなど、ネットを探せばいくらでもレシピは見つかるので、いまどきレシピ本を購入するのは時代遅れかな。でもこっちの方が完成度が高く写真もキレイ。ネットよりも信用できる気がする。と思っちゃうこと自体が時代遅れ? 信用できると言っても、気に入って何度も繰り返し作るレシピは多くはない。それ…

続きを読む

Spring has come!

花粉が舞い、天候が安定しない春は、正直あまり好きではありません。でも食材に関しては春は特別な季節ですね。「春のパンまつり」ならぬ「春の食材まつり」。毎週がお祭り騒ぎです。 先週末は佐賀産の「太アスパラガス」を見つけて小躍りしちゃいました。アスパラガスは僕の大好物。 グラナパダーノをたっぷりかけオーブンで焼いたアスパラガスに、温泉たまごをあしらった俺流…

続きを読む

胸と脚、どちらがお好き?

胸と脚、どちらが好きですか?  僕は女性のパーツなら圧倒的に胸ですが(笑)、鶏肉は断然脚。もも肉派です。もも肉の方が脂が多くて美味しいですよね。カオマンガイもよだれ鶏もチキンカレーももも肉で作ります。 でも最近はむね肉も人気だそうです。カロリーが低くタンパク質が多いので健康的。サラダチキンもヒットしてますね。 この日いつもどおりもも肉で「よだれ鶏」を作るつもりで買い物に出かけま…

続きを読む

失敗は成功のもと?

初めて「アリスタ」を作ったのは9年前。まだ料理を始めたばかりで塩加減がわからず、ひどく塩辛くなってしまいました。そんな僕もあれから成長し、今回のアリスタは絶品でした。。 まずは前夜、豚肉に塩を振ってラップに包み「塩豚」を作ります。ポイントは塩加減。肉に対して1.5%になるよう正確に計量します。翌朝これを冷蔵庫から取り出し、たこ糸で縛ったのがこちら。 以前はオーブンだけで火を入…

続きを読む

本格インドカレーの構造

カレーは日本人の国民食。クミンの香りにうっとりする人は少なくないでしょう。簡単で美味しい料理の最右翼ですね。でももしルーを使わず、玉ねぎを炒めて本格的なカレーを作ろうと思ったらけっこう面倒。時間もかかります。 そこでこんな本を購入してみました。著者は僕も通う南インド料理店「エリックサウス」の料理長=稲田俊輔さん。「本格インドカレーをだいたい15分」で作るという意欲的なレシピ本です。 …

続きを読む

This is me

僕はなにごとも慎重派。仕事でもプライベートでも事前によく調べ、綿密に計画を立ててから行動するタイプ。それが功を奏することも多いけど、逆に融通が利かず突発的な対応が苦手・・・・・・ 土曜日の夜、週に1回だけ作る料理もあらかじめメニューを練って、必要な材料をメモしてから買い物に行きます。料理はいま唯一の趣味で、準備自体が楽しみですしね。 この日は久しぶりにインド料理にしようと決めました。…

続きを読む

「キャッシュレス化大作戦」の4年後

家計と小遣いのキャッシュレス化をめざして、新たにカードを作ったのが4年前。当時「完全キャッシュレス化」は霧の彼方だと思っていましたが、コロナ禍の影響もあるのかな、ゴールが見えてきました。 吉野家やなか卯など、頻繁に行く牛丼チェーン店は比較的早くSUICA等に対応しました。続いて小規模な飲食店もpaypayの普及でキャッシュレス化が進みました。 会社ビル地下の飲食店が店の前で売っている…

続きを読む