不器用な男ですから

初夏に旬を迎えるイサキ。小田原産で鮮度抜群。こういうのを見つけると居ても立っても居られません。迷わず購入して、得意の昆布じめを作ることにしました。 しかし・・・ 久しぶりのイサキに悪戦苦闘。包丁を入れようとしたら鱗取りが不十分だったらしく入らない。ようやく切り込んだら位置が悪く、身をえぐってしまいました。さらに皮がうまく引けず身がぼろぼろに。写真では判りにくいのですが。  …

続きを読む

肉祭り!

取引先からいただいた熊本の「りんどうポーク」肩ロース2.5kg。冷蔵庫を占拠する巨大な肉塊。すごい迫力です。 さすがに食べきれないので、2kg分は500gずつに切り分けて冷凍しました。 残る500gは得意の「アリスタ」に。軽く塩をして半日ほど冷蔵庫で寝かせ、各面に入れた深さ1cmの切れ込みに、にんにくとローズマリーのみじん切りをつめ込む。これをたこ糸で縛り21…

続きを読む

チーズの備忘録 -プレジデント サンモルゴン

わが家のゴールデンウィークは例年大掃除と帰省。前半の三連休は大掃除でした。冬物の服をクリーニングに出して衣替え、リビングのクッションカバーを夏物に交換、風呂のカビ取りと台所の掃除。さっぱりとした気分で、明日、明後日の出勤に臨みます。 さて。 このブログは開設当初、自分が飲んだワインの印象を記録することが目的でした。ボトルの写真を撮ってどんな味だったかを記すのはけっこう面倒だし、読むほ…

続きを読む

開けアサリ!

春に旬を迎えるアサリ。奥さんが好きで、とても美味しそうに食べてくれるので、最近よく買います。ワイン蒸しやパエリアにすると食卓が華やぎますね。 ただ問題は砂抜き。ネットで何度も調べて書かれているとおりに実行しても、なかなか口を開けてくれません。ポイントは3%の塩水、貝が隠れる程度の水量、薄暗く静かな場所といったところでしょうか。もちろんすべて守っています。前回塩を4%にしたら上手くいったので…

続きを読む

絶滅近し?

今年3本目のたけのこは、そら豆と一緒に混ぜごはんに(ちょと焦げちゃった)。これだけでは食べきれないので、素焼き、バター醤油焼きなども作り、週末はたけのこ三昧でした。 このたけのこを買うために、4軒のスーパーマーケットを物色しました。駅ビルの地下「生鮮市場」、わが家から徒歩1分の「相鉄ローゼン」、ららぽーと湘南平塚の「イトーヨーカドー」、その近くの「ヤオコー」。これで…

続きを読む

料理はただの趣味ではないという問題

週末の料理は相変わらず好調。得意メニューが徐々に増えています。こんな料理であればお茶の子さいさい。目をつぶっていても作れます(嘘)。 男の趣味として料理はとても優れている。と、先日も書きました。でもね、実は問題を孕んでいることに気づいちゃった。 あれほど心血を注いだギターやバイク、バスフィッシングも、あるとき「限界」を感じて急速に情熱を失いまし…

続きを読む

春の祭典 Ⅱ

たけのこがようやく手の届く値段になりました。今年初のたけのこ。グリーンピースもはじめて。春の祭典が続きます。 あく抜きのためにたけのこを茹でたら、キッチンが春の香りでいっぱいになりました。ベランダのハーブと一緒にオリーブオイルでマリネしてオーブン焼き。今年も食べられた。あぁシアワセ。 農業新聞によるとこの春はたけのこが豊作だそう。来週はもっと安くなる…

続きを読む

春の祭典

今年の春は駆け足でやってきて、逆戻りすることなく突き進んでいます。僕はその勢いに圧倒されて、呆然と立ち尽くすばかり。まさかこのまま初夏に突入するのでは・・・ 食卓にも春がやってきました。千葉の花鯛、熊本のアサリ、厚木のアスパラガス。ベランダでわんさか採れるハーブを使って、鯛はオーブン焼きに、アサリはワイン蒸しに、アスパラは軽く茹でて。賑やかな春…

続きを読む

料理は続くよ

何度も書いてしまいますが、男にとって料理はとてもいい趣味だと思っています。いつでもできる、お金がかからない、家族が喜ぶ。僕がハマってきた熱帯魚、ギター、バイク、釣り、カメラで、この3要素を満たすものはありません。 奥さんとの距離が縮まるのもいい。彼女の家事の負担を減らせるし、ふたりの話題も増える。これに匹敵するのは日曜大工ぐらいかなぁ。掃除や洗濯が趣味だという人はいないでしょうからね。{%…

続きを読む

ごはんの壁

リゾットやパエリアは僕の得意料理。でも味つけなしの白いご飯をこれまで炊いたことがありません。わが家には炊飯器がなく、奥さんは土鍋で炊飯します。これがとても難しそう。だから僕は手を出さなかったんです。 先日の三連休、この壁を破る決意をしました(大げさ)。ただし土鍋では奥さんに敵わないのでル・クルーゼで。同社のサイトを参考に、米1合に水200ml、沸騰したら弱火で12分、火を止めて15分。初め…

続きを読む

アイツを見つけた! -アニサキスの恐怖

先日、近所の魚屋で鮮度のいいサバを発見。即座にしめサバ作りを決意し、三枚におろしてもらいました。ちょっと高かったけどね。 自宅に帰ってすぐに調理に取りかかるつもりでしたが・・・ 昨冬、自作のしめサバでアニサキスらしき症状に苦しんだことを思い出しました。アニサキスを殺すには、48時間冷凍する必要がある。でも、きっと味は落ちるだろうな・・・ しばし逡巡の末、安全を優先して冷…

続きを読む

爪痕

2つの台風が去り、久しぶりに清々しい天気の週末がやってきました。青空に映える富士山。やっぱり秋はこうでなきゃ。 でもベランダには台風21号の爪痕が残っています。窓にこびりつく潮風の汚れ。猛烈な風で傷ついた植物たち。2週間前の荒れ狂った夜を思い出します。 さて。三連休は、窓の掃除から始めましょうか。

続きを読む

適材適所 -ペティナイフと出刃包丁 

一時1尾300円もしていた今年の秋刀魚。ようやく手が届く価格になってきました。この日はイワシも安かったので両方購入。夕食は魚祭りとなりました(笑)。 ところで・・・ お気に入りのツヴィリングのペティナイフ。カミソリのように鋭利な切れ味が嬉しくて、購入以来どんな料理もこれ1本でやってきました。でもこの日、珍しく出刃包丁で魚をおろしたら、何と扱いやすいこと! 厚手の出刃包丁は頑強…

続きを読む

酢豚にパイナップルとか

料理にフルーツを入れるのは、日本人には「禁じ手」なのかなぁ。酢豚のパイナップが嫌いだという人は意外と多いらしい。そう言えば、和食で甘い果物を使う料理は少ないなぁ。 僕はフルーツを使った料理が好き。ちょっとシャレた感じがするじゃん。ま、西洋かぶれですからね。 この日はマリネにりんごを使ってみました。りんごときゅうりを一口大に切り、ディジョンマスタ…

続きを読む

朝食系男子・・・にはなれないな

最近、奥さんが作る朝食がパワーアップしています。以前は、冷凍しておいたアジの開きや鮭+ごはん+味噌汁というパターンが多かったのですが、最近はストウブのホットプレートを使った炒めものや焼きものが主役。ごはんは都度土鍋で炊いています。 ホットプレートを買ったこと、近所に深夜営業のスーパーができたこと、面白いレシピアプリを見つけたことなど、いくつかの要因が重なった模様。け…

続きを読む

浅漬けにはきゅうりなのだ

わが家では相変わらず浅漬けブームが続いています。このところ僕がハマっているのは梅肉和え。野菜に玉露園のこんぶ茶をかけて、2~3時間おいてから梅肉と和える。超簡単だけどなかなか旨い。 この浅漬けブームで再認識したのはきゅうりの美味しさです。いやもちろんキライだったわけではありません。でもきゅうりは味がなく、「食感だけ」の野菜だと思っていました。 ところがこうして浅漬けを…

続きを読む

ひとりの朝ごはん

帰省や仕事で奥さんがいないひとりの週末は、朝食にファミリーレストランを利用することが多い。この日は本田くんを飛ばして、ららぽーと近くのサイゼリヤに行ってきました。 サラダ、パスタ、ソーセージに一杯100円のワインをつけて、ゆっくりと朝食を楽しむ。いつも賑やかなサイゼリヤも、日曜の朝は静かです。スピーカーから流れるイタリア語のポップスや、安っぽいシチリア風のお皿は好みではないけれど、まぁ細か…

続きを読む

おフランス料理を作ってみた

弊社ビルの地下にある直営のフレンチレストランでは、ブルゴーニュの郷土料理「ジャンボン・ベルシェ」が定番になっています。スープにゼラチンを加えて固めた冷菜。これがいつ食べても旨い。とくに暑い時期にはいいですね。 この料理を自分でも作ってみようと、「ワインがおいしいフレンチごはん」というレシピ本を購入。「俺流」は封印して、忠実にレシピを再現してみました。 とはいえゼラチンを扱うのは初めて…

続きを読む

きらいな夏のいいところ

今年も枝豆の季節がやってきました。わが家で枝豆と言えば、モッツァレラチーズ、ブラックオリーブと和えたこちらのサラダ。うん。何度食べても美味しい。 このところ料理の写真が多く、ブログネタに困りません。これは夏のいいところです。 (Olympus OM-D E-M5, Voigtländer Nokton 25mm F0.95) …

続きを読む

二度目のベランダ

海の日の三連休、今年2度目のベランダごはん。今回も奥さんがパンを焼いてくれました。休日らしい幸せなブランチの図。 (Olympus OM-D E-M5, Voigtländer Nokton 25mm F0.95) これらの写真を撮るのに、久しぶりにフォクトレンダーのNokton 25mm F0.95を引っぱ…

続きを読む

セロリが好きだったり

ますます深まるセロリ愛。週末の僕の料理にはセロリが欠かせません。セロリは生でも火を入れても食べられるのがいい。値段が手ごろだし、週末で使いきれるのもいい。土日にしか料理しないわが家には最適な野菜です。 いまわが家では野菜の浅漬けが流行っていて、セロリはその材料に最適。味ぽんや白だし、昆布茶などに漬けて、爽やかな味を楽しんでいます。 こ…

続きを読む

初夏のシアワセ

この週末、予定どおりラタトゥイユを作りました。玉ねぎ、なす、ズッキーニ、パプリカ、セロリ、にんにく、トマトの缶詰め。野菜を買いすぎて、6人分もできちゃった。 初夏は野菜の品質が良くかつ安い。定番のトマトやなすだけでなく、ズッキーニやオクラ、みょうがなどの夏野菜も出そろって、目移りしちゃいます。梅雨はうっとうしいけれど、料理には楽しい季節ですね。いい食材が手に…

続きを読む

野菜不足を解消せよ

平日100%外食の僕は、慢性的な野菜不足。その日食べた野菜は「弁当に少しだけ入っていた煮物と牛丼の玉ねぎだけ」なんて日が少なくない。 カロリーはスマホで調べられるので、1食700kcalを目安にメニューを選んでいます。体重を測れば過不足が分かるので、自分でコントロールできる。でも野菜にはそういう目安がありません。毎日野菜ジュースをコップ1杯飲むようにしていますが、効果…

続きを読む

野菜を食べるなら

サラダも悪くないけれど、僕はどちらかと言うと加熱調理した野菜のほうが好き。トマトやセロリなどは、火を通した方が断然美味しいと思います。 パプリカもそういう野菜のひとつ。焼き網で真っ黒に焦がして皮をむき、オリーブオイルに漬ける「ペペロナータ」は僕の好物です。 テクスチャーが重要な野菜は、火入れ加減が難しいですね。ちょっと油断すると、焼きすぎ、茹…

続きを読む

「いい加減」がむずかしい

料理の心得がない者にとって、レシピ本の「塩少々」とか「好みの固さに茹でる」という表現はとても困ります。確かに塩加減や野菜の固さには好みがあるし、材料の大きさによっても違うから、慣れた人にはそれで十分なのでしょう。でもレシピを参考にするのは、その料理に慣れていない人ですからねぇ。 理系の僕にとってレシピは実験の「プロトコル」。もっと数値化してほしいなぁ。正…

続きを読む

食べきれないシアワセ

初夏に旬を迎えるイサキ。皮の下にある旨さを味わうために、皮を引かずにバーナーで焙ってみました。味つけはレモンと塩だけ。思わず笑顔がこぼれる美味しさ。 「目には青葉・・・」の時期は過ぎましたが、カツオの旬は続いています。手ごろな値段が嬉しくて、毎週のようにカツオ料理。この日はフライパンで40秒ずつ焼いてたたきにし、ワインビネガーとごま油のドレッシングでいただきました。 …

続きを読む

嗜好のベクトル

先日、取引先のひとりと食事に出かけました。お店は僕が選んだちょっと上等な串揚げ屋。ホタルイカ、アユ、アスパラガスなどを、ひと串ずつ揚げたてで出してくれる。季節感のある食材と丁寧な仕事に僕は大満足。でも肝心な取引先はあまりお気に召さなかったようです。魚介類が得意ではなく、焼き肉のようなガッツリ&こってり系が好みだとか。 リサーチ不足を深く反省。自分の嗜好で店を選んだことを悔やみました。{%が…

続きを読む

賞味期限、気にしますか?

先日、奥さんが作ってくれたツナマヨネーズが微妙な味だったので、マヨネーズの容器を見てみたら、2年前に賞味期限が切れていました。それじゃあと、冷蔵庫や棚を調べてみたら、あるある、期限切れ。とんかつソースはなんと8年前。う~ん。 うちは週末しか料理をしないので、こういうことが起こりがち。小さいパッケージを選ぶようにしていますが、…

続きを読む

ノー残業デーの使いみち

働き方改革の流れに乗って、弊社もノー残業デーを設定することになりました。曜日は部署によって違い、僕のところは木曜日。え、木曜日? 僕は金曜日に早めに退社して、週末に備えて部屋を掃除します。だいたい8時半に帰宅して10時ごろに掃除完了。風呂に入り、11時くらいから、ピカピカになった部屋で奥さんとお酒を飲むのが楽しみ。だからノー残業デーは金曜日がいいんだけど・…

続きを読む

料理に3時間かかるワケ

料理を始めて6年も経つと、さすがに少しは腕が上がります。最近は3皿を並行して作るなんてお茶の子さいさい。当然一品にかかる時間は減っているはず。なのにいまも土曜日は3時間もキッチンに立っています。 おかしいなぁと思っていたのですが、理由が分かりました。問題は「キレイ好き」。僕、料理が終わったときにキッチンがピカピカでないとイヤなんです。何しろ僕のキレイ好きは「病的」ですから。 料理をす…

続きを読む