失って気づくもの

ドアを出て徒歩3分。わが家の食生活を支えてきたスーパーマーケット「そうてつローゼン」が、梅屋とともに9月25日をもって閉店。ついにスーパー難民になりました。 先週の三連休はローゼンに別れを告げ、バミューダトライアングル=ヤオコー&ららぽーとで食材を仕入れ、夕食を作りました。 まずは豚肩ロースとソーセージの燻製。ヤオコーもららぽーともローゼンと比べると食材の価格は低めです。その…

続きを読む

愛のサイゼリヤ

先週末は奥さんが早い時間からWebで学会に参加していたため、朝食を作ってもらえませんでした。自分で作ればいいのですが、一人飯だったら僕は外食を選びます。本田くんを飛ばして最寄りのサイゼリヤに行ってきました。 頼んだのはアスパラガスの温サラダ、もつ煮込み、ペンネ・アラビアータ。 サイゼリヤで感心するのは、料理がとても美味しく、ファミリーレストランのチープ…

続きを読む

平塚カレー対決 日本 vs インド

「湘南スタイル」のスパイスカレー特集に掲載されていた「ケムリカレー」に行ってきました。 お店は平塚駅の西口から徒歩5分、この街が誇る(?)歓楽街「しんしく横丁」にあります。 この通り、わが家からも3分くらいと近所ですが滅多に来ません。なにしろ風俗系の店ばかりですからねぇ。カレー屋さんとしての立地は良いのか悪いのか・・・ い…

続きを読む

バミューダトライアングルの獲物

楽しみにしていた、というより「心の支え」にしていたお盆休みが終わっちゃいました。昨日から「日常」に戻っています。僕らに限らず、今年はお盆休みに帰省や旅行した人が多かったようですね。新幹線は行きも帰りも満席で、コロナ前と変わらない印象でした。 写真の整理が間に合わないのでこの間のことは改めて書くことにして、今日は夏休み前に記事にできなかった料理の写真をアップします。 前回「スーパー難民…

続きを読む

スーパー難民

わが家から徒歩3分のスーパー「そうてつローゼン」の閉店が決まり、僕らは小さなパニックに陥っています。食料品の8割を依存していたスーパーがある日突然姿を消すというのは、信頼していた友人を失うような衝撃です。これから誰を頼りにすればいいものか・・・ ま、ちょっと大袈裟ですけどね(笑)。 というわけで、本田くんを飛ばして5分。レディバードさんもおすすめのヤオコーを久しぶりにチェックしてみ…

続きを読む

イタリア ×(日本+中国)= ?

平塚の老舗百貨店「梅屋」。平塚駅から徒歩1分の好立地にあるこの建物は1963年竣工で、当時は湘南を代表する百貨店だったそうです。 でもさすがに老朽化は否めず、10年前の耐震工事の甲斐なく、今年9月下旬に閉店することが発表されていました。 すでにテナントの撤退が始まって、ビルは廃墟になりつつあります。 僕らが去就を心配していたのは、地階のスーパー「相鉄ロー…

続きを読む

カレーの市民

平塚は自ら「湘南ひらつか」と名乗っているのに、周囲からは「湘南番外地」として扱われています。雑誌やネットの「湘南のお店紹介」のような記事でも、平塚から選出されることは多くありません。 それが先日読んでいた「湘南スタイル」のスパイスカレー特集では、掲載9軒のうち2軒が平塚の店でした。これは驚き。そもそも平塚にスパイスカレーの店があることを知りませんでした。 そうい…

続きを読む

カラータイマーは必要ない

三連休はいつもの週末と変わらず「ほぼ引きこもり」で過ごしました。湘南で「海の日」なのに超インドア。平塚の海水浴場は3年ぶりの海開きだったというのにね。 唯一出かけたのは、近所のジンギスカン「あきらや」さん。と言ってもマンションを出て30秒。「出かけた」というほどではありません・・・ この店、七夕まつりの前日にオープンした新店で、開業からわずか10日。…

続きを読む

70回目の逢瀬

この週末、3年ぶりとなる「湘南ひらつか七夕まつり」が開催されました。今年は市制施行90周年記念、七夕は第70回だそう。長い歴史があるんですね。 ここ2年はコロナ禍で中止。特段このイベントを楽しみにしているわけではありませんが、25年も平塚に住む者としてちょっと淋しい気もしていました。人口約26万の小さな町に、3日で150万を超える人が来るというのはスゴイことですから…

続きを読む

桜2022

この週末は寒かったですね。日曜日は湘南でも冷たい雨が降り、気温は終日一桁。まったく春の天気は気まぐれです。毎年そんなふうだから、花見には瞬発力が必要です。思い立ったが吉日。油断するとすぐに葉桜になっちゃう。 というわけで4月2日の土曜日、厚手の上着を着こんで奥さんと桜散歩に出かけました。といっても出かけた先はわが家から徒歩5分。10本ほどの桜が植わっているだけの新宿公園ですけどね。{%トホ…

続きを読む

終わりなき旅

マンションの部屋から生活臭を取り除こうと日々腐心しています。コンセントやケーブルを隠す、不要なものは置かないなどなど。そんななかで、もっとも効果が高いのはこのバーティカルブラインドではないかと思っています。カーテンに比べると無機質で、存在感がないのがいい。 ちなみに書斎は横型のブラインド。こちも生活臭少なめながら、毎日開閉するリビングには不向きです。縦型と比べ埃が溜まりやす…

続きを読む

餅は餅屋

先週の土曜日は久しぶりに本田くんを飛ばしてヤオコーに行ってきました。 ヤオコーは埼玉県川越市に本社を置くスーパーマーケットチェーン。その名のとおり出自が八百屋で、野菜には並々ならぬこだわりがあります。売り場がきれいで品質も良く、青果業界で一目置かれる存在なんです。 僕も八百屋時代、ヤオコーを担当している同僚にいろいろ教えてもらいました。自宅から自転車で5分の場所に「平塚宮松町…

続きを読む

小さい春みつけた

日曜日の湘南は、時折冷たい雨が降る真冬の一日でした。 寒さに凍えるベランダの植物たち。 今年の冬は寒さが厳しいですね。コブミカンは、晩秋に伸びた新芽が枯れてしまいました。暖かくなったら切り戻して脇芽を伸ばそう。 パクチーとルッコラも冬枯れ。 でもよく見ると、ルッコラは花芽が伸びています。早くもとう立ちです。 アサツキは…

続きを読む

クルマがなくても

駅前に引っ越し、クルマを手放してからもうすぐ15年になります。いまはもう不便に感じることはありませんが、そうはいっても湘南暮らしはクルマがあったほうが楽しい。昨年行った「ボージャン」のようなレストランや、T-SITEのような郊外の施設は、クルマだとアクセスがぐっと楽になります。 この三連休、奥さんとランチに出かけたのは、またもやテラスモールでした。 お気に入りのロンハ…

続きを読む

初日の出?

あけましておめでとうございます! 年末年始は例年どおり静岡に帰省し、昨日が仕事始めでした。僕のアタマとカラダはまだアイドリング中ですが、職場は平常運転です。 さて。今年初のブログは、新年らしく初日の出の話題です。僕らの部屋は地上50m。南と東に窓があり、房総半島に昇る朝日がよく見えます。 夜明け直前。中央は江ノ島。 やがて房総半島にかかる雲が輝き出し・・・ …

続きを読む

月光価千金

湘南はこの週末もよく晴れて、夕焼けがきれいでした。 窓から忍びこむ冷気に耐え、カーテンを閉めずに海を眺めていると、東の地平線上に月! 慌ててSLIKの三脚「スプリント230」をひっぱり出し、E-M1を取りつけてベランダへ。レンズは大砲M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO。感度をISO400に設定して、かじかむ手でシャッターを押しまし…

続きを読む

トワイライト貴族

気持ちよく晴れた日曜日。楽しみのひとつは夕焼けです。 冬至が近いこの時期は日暮れが早く、16時を過ぎる頃から空が色づき始めます。ベランダに出てみると、近くの建物が黄金に染まっていました。その向こうに微かに江ノ島が見えます。 同じ方向(南東)を引いた画角で。三浦半島の上に見慣れない雲がかかっていました。 こんな日は富士山もきれいだろうと思い、エレベーターホールに出…

続きを読む

空を見上げる

暖かく過ごしやすい日が続いた秋の湘南ですが、先週後半から急に冷えてきました。寒がりの僕は早くも手袋を着用。いよいよ冬の到来です。 空気が澄んで遠くまで見渡せるこの時期は、空を見上げることが多くなります。 こちらは11月21日の朝。あいにくの曇天でしたが、朝日が顔をのぞかせました。 11月23日。雲間からさす光が神々しく、思わずベランダに飛び出しました。 1…

続きを読む

料理を10倍美味しくする方法

先週の金曜日は休みをとって、老朽化した給湯器の交換工事に立会い・・・ の予定でしたが、給湯器の製造が遅れているとのことで、直前にキャンセルになってしまいました。半導体不足の影響でしょうか・・・ 突然空いた時間をどう使おうか考えましたが、遠くに出かけるのも億劫なので、2駅だけ電車に乗ってテラスモールに行くことにしました。近所にこういう場所があるのはありがたいですね。 この日は清々しい秋…

続きを読む

秋深し

朝ベッドから出てみると美しい朝焼け。いよいよ起床時刻が太陽と同じになりました。少しすれば僕の方が早起きになります。 身支度を終え部屋を出ると、眩しく輝く富士山。このところの冷え込みで冠雪しました。やはり雪があるほうが富士山らしいですね。 大山の麓には霧。この日はかなり冷えたようです。 東京駅で下車し、行幸通りを歩くと、銀杏が色づき始めていました。 …

続きを読む

台風一過

湘南も大荒れか?・・・ と心配していた台風は、幸いたいした被害もなく過ぎ去っていきました。週末は一転、清々しい晴天。キモチイイ。 富士山も顔を出してくれました。 前夜室内に避難したよちよち歩きのおチビちゃんたち。 風が止んだので、ベランダの日当たりのいい場所に出しました。たっぷりの光を吸い込んでご機嫌です。 僕は朝から汚れた窓の掃除。 …

続きを読む

静かな三連休

週末どこにも出かけなくなったのはいつ頃からだろう。居心地のいいこの部屋に越してからかなぁ。以前は三連休にレストランに行くことがあったけれど、最近はちょっとご無沙汰。自分で作ったほうが・・・ なんて思っちゃう。案の定、敬老の日の連休も引き篭もり生活でした。 土曜日は台風の影響で湘南も大荒れ。芽生えたばかりのハーブは前夜のうちに部屋の中に避難させました。よち…

続きを読む

愛される理由 ー茅ヶ崎「ボージャン」

♪ 砂まじりの茅ヶ崎 人も波も消えて〜 というわけで、久しぶりに隣町の茅ヶ崎に行ってきました。ここは、結婚した1994年から4年間暮らした懐かしい街。平塚に引っ越してから四半世紀がたちますが、いまでも愛着があります。 鉄砲通りのおしゃれな店を眺めながら、辻堂方面にクルマで10分。目指したのはインド料理店「ボージャン」です。 この店、茅ヶ崎時代に何度か…

続きを読む

ベランダの誘惑

先週の土曜日。湘南は薄曇りで穏やかな天気でした。江ノ島がうっすらと見えています。頬をなでる風は優しく、日差しは柔らか。こんなにベランダが気持ちいい日はそうそうありません。 というわけで、さっそく30年もののSnow Peakのテーブルを組み立てました。 事前に用意していたわけではないので、メニューはいたって普通。麻婆茄子丼、キャベツのスープ。 …

続きを読む

わがまま

わが家の自慢は窓からの眺め。 ベランダに出ると、「湘南といえば」の江ノ島や烏帽子岩がすぐそこに見え、空気が澄んだ日は房総半島や伊豆大島まで見渡せます。(この日は見えませんでしたが・・・) 写真だとわかりにくいので動画を撮ってみました。都内のタワーマンションほど高層ではありませんが、東も南も遮るものがなく、ストレスがありません。 ところが、…

続きを読む

春はあけぼの

今朝の東京の日の出は5時39分。ついに僕の起床時間に太陽が追いつきました。 窓を開け日の出を待つ。青と赤が混じりあう美しい時間。 地平線から太陽が顔を出しました。僕らの部屋からだと江ノ島の左側に昇ります。 朝日を吸いこみ、わが家も赤く染まります。 太陽が昇るのは思いのほか速い。 こんな写真を撮っていたら、危うくいつもの電車に乗り遅れる…

続きを読む

北インドに通う

マンションを出て徒歩30秒で行けるインド「バルティヤ・ザイカ」。もう4回目です。かなり密に利用していますね。いやぁほんとう美味しいんです。 改めてメニューを見てみるとけっこう本格的なカンジ。 今回マダム(日本人)に聞いていろいろなことが分かりました。この店は北インドの家庭料理に軸足を置いている、カレーは作り置きせず毎日仕込む、ナンは炭火…

続きを読む

江之浦測候所とは何なのか 3

さて。江之浦測候所の続きです。 「明月門エリア」を後にしてみかん畑のなかを下り、「竹林エリア」に向かいます。この日は湘南らしい清々しい冬の日。温暖なこの地では菜の花が満開でした。 みかん畑の先に現れたのは立派な祠。ここ案内の冊子に載っていないので、名前が分かりません。 さらに歩を進めると、農家の作業小屋のような…

続きを読む

江之浦測候所とは何なのか 2

江之浦測候所の続きです。 「光学硝子舞台」に沿って海に伸びる飛び込み台のような金属は「冬至光遥遥拝隧道」。冬至の朝日はこの方向から昇り、陽光は隧道を抜けて山側に置かれた石を照らすのだそうです。 海側から見るとこんなふうに突き出しています。 中を通り抜けることもできる。 抜けた先は寺のような風情。門をくぐり先に進むと茶室が現われました。 …

続きを読む

江之浦測候所とは何なのか 1

2017年秋の開館以来ずっと気になっていた「江之浦測候所」。先週の建国記念日にようやく訪ねることができました。自宅から1時間かからない身近な場所なのになかなか好機が訪れず、3年が過ぎてしまいました。 メディアにしばしば登場する「江之浦測候所」。著名な写真家、芸術家である杉本博司が設立に深くかかわった文化施設。美術館でも公園でもなく「測候所」。雑誌の記事を見てもホームページを見ても、どんな場…

続きを読む