こぶみかん日記

5月に静岡からやってきたこぶみかん。移植してからずっと成長が止まっていました。 上は5月23日、下は6月27日撮影。1か月も経ったのにあまり変化がありません。タイ・マレーシア原産のこの植物には気温が低いのか、それとも永年作物である果樹は成長が遅いのか。理由はよく分かりませんが、葉色も悪く心配していました。 でもよく見ると、小さな新芽ができていました。赤ちゃんみたいな初…

続きを読む

大葉 vs. ミント

わが家のベランダでは大葉がモリモリ成長しています。一時アブラムシにやられて心配しましたが、完全復活。ここまでくれば怖いものはありません。 ミントは予想どおり強靭です。ランナーが伸びて隣の大葉に襲いかかる勢い。領土問題に進展するかも。 ディルは花が咲いて最終版。早く食べきったほうが良さそうです。 元気な植物は僕を癒してくれます…

続きを読む

こぶみかんがやってきた

静岡からこぶみかんの苗がやってきました。 タイ料理に欠かせないハーブこぶみかん。「バイマックルー」(タイ語)や「カフィアライム」(英語)のほうが通りがいいのかな。 こぶみかんを初めて知ったのは、2012年のチェンマイ旅行。機内で配られたお菓子に入っていて「この味なんだろう」と思い、現地に着いてからこぶみかんと知りました。 とても気に入り、自分たちへの土産として購入しまし…

続きを読む

初夏のベランダ

今年のゴールデンウィークは何かと忙しく、家のことに手が回りませんでした。それでもなんとか秋冬作のハーブを片づけて、ベランダはきれいサッパリ。 タイムがかわいい花をつけています。 新たに青じそを植えました。 3月25日に植えたパクチーとディルは、良苗が手に入ったおかげで絶好調。でも写真ではわかりませんが、すでに花芽がついています。やはり長日条件にならないよ…

続きを読む

最近の読書事情 ―「心淋し川」

西條奈加「心淋し川」読了。昨年下半期の直木賞受賞作。しっとりとした静謐な文章、胸に沁みる物語。期待を裏切らない名作でした。 週末は終日J-WAVEをかけっ放しにするのが結婚以来の習慣でしたが、最近日曜の午後は2時間だけNHKの「ジャズトゥナイト」を、残りはジャズやクラシックのアルバムを聴いています。この時間が僕の読書タイム。インストゥルメンタルは大きめの音量でも読書の邪魔になりませ…

続きを読む

さよならの向こう側

とう立ちして下葉が枯れ始めたパクチー。秋から冬のあいだ何度も食卓に上り、僕らをタイにいざなってくれた名脇役ですが、そろそろお別れの季節です。先週末は、パクチーの消費に主眼をおいたメニューになりました。 まずはたけのこのオーブン焼き。今年たけのこは裏年で生産量が少ないと聞いていましたが、近所のスーパーではずっと手頃な値段で売られています。3週連続たけのこ料理。オリーブオイル、レモン、…

続きを読む

ぜんぶコロナのせいだ。

ベランダのパクチー、ディル、イタリアンパセリがとう立ちし、植え替えの時期を迎えました。 今年はまだ寒い2月に花芽をつけ、とう立ちも早くて驚きました。原因は冬の後半暖かったこともありますが、僕はコロナ禍の影響を疑っています・・・・・・? 緊急事態宣言下、奥さんはほとんど在宅勤務で、リビングルームは毎晩灯りがついていました。この光に長日植物が感応し、春が来たと勘違…

続きを読む

冬のベランダ

暖冬だった昨年に比べると、今年は寒い日が多いですね。それでもまだ雪は降っていないし、暖房器具には余力があるので、特別な年ではないのでしょう。 とはいえベランダの植物たちはいま寒さに震えています。 地中海沿岸が原産のパクチーは半分枯れた状態。春に復活するのかちょっと心配です。 ディルも辛そう。低温のために新芽が褐色化しています。 予想外にがん…

続きを読む

白い粉の恐怖

大分からやってきたセルフィーユ。あまり元気がありません。 よく見ると葉の表面が白い粉をまとっています。写真だと見にくいのですが、実物だと一眼で「うどんこ病」だとわかります。 苗が届いた直後から発生し、これまで3回殺菌剤をかけました。でも一向に良くならない。このまま放置すると、今は好調のパクチーやディルも感染する恐れがあります。しばらく悩んでいましたが、…

続きを読む

Herb a nice day!

この秋のベランダガーデニングはおおむね順調。食べきれないほどのハーブが採れるようになり、先日の土曜日の料理はハーブづくしでした。 まずは大分からやってきたディル。無事根づいてモリモリ成長しています。初収穫の料理は得意の「砂肝のコンフィ」。 春に植えたバジルもまだ収穫できます。これで5回目かな。今回は北海道産キタアカリで「じゃがいものジェノベーゼ」。これが最後の…

続きを読む

苗か、苗以外か。

大分から海峡を越えてやってきた苗を植え、2週間が経ちました。 こちらはディル。好調とは言えませんが、なんとか活着した様子。新芽が出始めました。 チャービルは安心できません。葉の褐変が止まらず、一部にうどんこ病が発生しています。でもまだ2週間。冬が来るまでには十分な時間があります。 9月6日に植えたわけぎとイタリアンパセリは元気いっぱい。少しずつ収穫できる…

続きを読む

海峡を越えた苗

平塚市内2か所のホームセンターでは手に入らなかったディル。やむなくネットで探してみたら、苗を販売しているショップが見つかりました。「大神ファーム」。口コミの評価も良いので、注文してみることにしました。 予定どおり9月21日に到着。想像より箱が大きいぞ。 開けてみると、お、いるいる。苗も大きいなぁ。 こちらがディル。やや徒長気味。 一緒に買ったチャー…

続きを読む

秋のベランダ始まる

在宅時間が長く手入れが行き届いた春夏のハーブ栽培は、過去最高の豊作となりました。シソは巨大な株になり、いまも食べきれない量の大葉を供給してくれます。 バジルは一時の勢いがなくなり、妙な枯れ方をする株も出てきましたが、しばらくは収穫ができそうです。 それでももう9月。秋冬作を準備する時期になりました。予報に反して晴れて暑かったこの週末、平塚東端のユニディと西端の…

続きを読む

植物は裏切らない

コロナ禍の影響で在宅時間が長いので、植物にたっぷり愛情を注いでいます。通常は週末しか無理ですが、いまは平日も植物の状態をチェックできます。早朝ベランダに出て、病気や虫が発生していないか、水は足りているか確認しています。 そのおかげでバジルは、これまで経験がないほど生育旺盛。初収穫を迎え、奥さんがガパオを作ってくれました。 リベンジを目論むシソも…

続きを読む

二度と来ない春

初夏を迎え、ベランダのハーブが次々と花を咲かせています。 とはいっても、ハーブの花は地味ですけどね・・・ もっとも目立つのはディル。花芽がつくと葉が収穫できなくなるので。早く片づけても良かったのですが、きれいなのでとっておきました。これが最後の一輪です。 タイムとパクチー。パクチーはあの独特な味からは想像できない可憐な花を咲かせます。 …

続きを読む

セージを干す

昨年植えたセージが絶好調。次々と柔らかな新芽を伸ばしています。料理や盛りつけの飾りに使っていますが、とても追いつきません。大量に消費する方法はないものか・・・ しばらく悩んでいましたが、結局乾燥して貯蔵することにしました。ネット上には吊るして陰干したり、オーブンを使う方法が掲載されていますが、僕はサーキュレーターによる風乾を選択。洗濯物の部屋干し用に購入したアイリスオーヤマのサーキ…

続きを読む

それでもバジルを植えるのだ

ステイホームウィークにホームセンターの混雑が問題になっていましたね。僕もそれに加担した一人です。すみません。苗と土を買いに行きました。今年は園芸用品が売れたそうですね。ステイホームですからねぇ。 3月にルッコラ、ワケギ、レタスを植えたので、この日購入した苗は2種類だけです。 まずはシソ。簡単に栽培できそうなシソですが、僕は5年前に失敗して枯らしてしまいました…

続きを読む

ドイツ生まれの植木鉢

わが家のベッドサイドの「エバーフレッシュ」。根づまりを起こしているようで最近元気がありません。そこでステイホームウィークのミッションとして植え替えを決意しました。 まずは植木鉢探し。いまと同じような素焼き鉢が好みだけど、一回り大きいものにするとかなり重い。鉢に合う受け皿もなかなか見つかりません。時間をかけて探索した結果、ようやく納得のいく商品に出会いました。。 ドイツ…

続きを読む

春にバトンタッチ

この冬は記録的な暖冬でした。だったら春の訪れも早いだろうと、例年より1ヶ月早い春分の日の三連休に苗を購入しました。と思ってブログを調べたら、去年も同じ時期に植えていました。春が待ちきれないってことかな〜。 今春のハーブ。まずはルッコラ。しっかり根づいてくれたようです。春はすぐに花芽がつくので、短い収穫期間を楽しもう。 絶好調のわけぎ。球根植物は育てやす…

続きを読む

春は必ずやってくる

3月14日、東京で桜の開花宣言が発表されました。全国でもっとも早く、観測史上もっとも早い開花だとか。確かにこの冬は暖かかったもんね。 わが家のベランダも今年は春の到来が早い。 パクチーは早々2月末にとう立ち。もうすぐ栽培終了です。 ワケギは冬中枯れることなく生長を続け、まだ元気を維持しています。 室内のエバーグリーンも新芽が伸…

続きを読む

つぼみの誘惑

毎年2月になると、スイセンやムスカリといった球根植物の鉢植えが出回ります。花芽が伸び始めたところで出荷され、購入者は開花までのクライマックスだけを楽しむ商品。まっとうな園芸家にとっては邪道かもしれませんが、まっとうじゃない僕にはちょうどいい。 今年は久しぶりにヒヤシンスを購入しました。 芽生えや若い芽と同様、この時期の花芽はなんともカワイイ。「どんな花が…

続きを読む

暖冬

先月出席した仕事のパーティーでテーブルに飾られていたビオラ。参加していた種苗会社の差し入れだとか。パーティーが終わったら捨ててしまうというので、主催者にお願いしても2株もらってきました。 ビオラは寒さに強く、冬の花壇を彩る貴重な花。晩秋に植えれば春まで花が楽しめます。とはいえ昨日まで温室で栽培されていた苗を、いきなりベランダに出したらすぐに枯れてしまうだろうなぁ。だからといって室内…

続きを読む

穏やかな冬

週末に通過した低気圧は、温暖な湘南に今季初の雪をもたらしました。さすがに積もりませんでしたが、富士山は真っ白。丹沢も積雪。 とはいえ今年は暖冬ですね。例年雪によるトラブルが風物詩の成人式もセンター試験も、何事もなく終わりました。心底寒いと感じる日は、まだ一度も経験していない気がします。 通常なら冬枯れとなるわが家のベランダですが、今年はまだ青々としています。ディルもパ…

続きを読む

Herb a nice weekend !

アザミウマとウィルスにやられて元気がないバジル。葉が変形し色も悪い。 それでもなんとか2度目の収穫を迎えました。今回はニンニクとレモン汁、オリーブオイルを加えて「ピストゥ」を作り、茹でた鶏肉のソースにしてみました。 ワケギと好調のパクチーで奥さんが作ってくれたのは、ささみのフレッシュサラダ。新鮮でクセがなく、爽やかな一皿になりました。 …

続きを読む

一転好調 パクチー&ディル

11月に入って好天が続いているおかげで、ベランダのハーブが活気づいています。 不調を訴えてきたパクチーとディルは、何ごともなかったように元気を取り戻し、初収穫を迎えました。ここまでくれば怖いものなし。安心して冬を迎えられます。 今秋のガーデニングは75点かな。一気に20点のアップです。 種子から育てたパクチーとディルが好転した一方で、苗か…

続きを読む

マリーに首ったけ

ハーブ栽培初心者に「オススメは?」と聞かれたら、ローズマリーと答えることにしています。といっても、聞かれたことは一度もありませんけどね。 ローズマリーは宿根草。一度根づいてしまえば何年も放っておけます。強い光を必要とせず半日陰で十分育つし、乾燥にも強い。逆に水のかけすぎは苦手かな。 独特な香りのせいか害虫がつきにくく病気にもかかりにくい。そういえば今ま…

続きを読む

ナエとタネ

9月6日に苗を植えたセージとタイムはその後順長に生育。先日初収穫を迎えました。 さっそく「お茶パック」に入れて、牛すじ煮込みに投入。 同じ日に播種したパクチーとディルは徒長してグダグダ。風が吹くたび室内に取り込んで大切に育てていますが、なかなか上手くいきません。やっぱりタネからのスタートは難しいなぁ。改めて実感しています。{…

続きを読む

ハーブがある暮らし

定植から1ヶ月半のバジル。あまり好調ではありません。サビダニとスリップス、それと風の影響で葉が傷んでいる。 株によって草丈がバラバラなので、剪定して高さを揃えました。順調なら1ヶ月もすれば脇芽がのびて、本格的に収穫できるはず。 剪定の結果とはいえ一応初収穫です。めでたい!  比較的きれいな葉を丁寧に選んで…

続きを読む

愛しすぎてはいけないのか

ガーデニング休暇を取ってスタートしたこの秋のベランダ園芸。直後の台風襲来、その後の低気圧など試練は続いていますが、なんとか好調を維持しています。 苗で購入したバジル、セージ、タイム、球根のワケギはいたって順調。そろそろ料理に使えそうです。 種子から始めたディルとパクチーも本葉が出てきました。幼い植物はほんとうに可愛い。でもまだ赤ちゃんなので、乾…

続きを読む

はじまりはいつも晴れ

9月6日に「ガーデニング休暇」を取って、秋のベランダガーデニングをスタートしました。もちろんそんな休暇はないんだけど、「有給休暇5日取得」の義務化に対応して、弊社では「9月末までに5日取得せよ」との指令。僕はまだ2日残っているので、焦って休みを取ったというワケ。 日本中が園芸熱に冒される春と違って、この時期は店頭に並ぶ苗が少ない。良苗を求めて平塚市内のホームセンター・種苗店を3店舗…

続きを読む