花も嵐も踏み越えて

9月7日に播種したパクチーとディルは1週間経たないうちに出芽して、僕を喜ばせてくれました。春と比べると気温が高いんだなぁ~、と思っていた矢先に台風襲来。しかも2週連続。ベランダガーデナーは気が抜けません。 ただ休日の嵐だったので対処する時間がありました。スマホのウェザーニューズとにらめっこして、5mを超える南風が予想される時間帯はコンテナを室内に移動。辛くも難を逃れました。かなり面倒だった…

続きを読む

ベランダの秋

朝、植物に水をやろうとベランダに出ると、涼しいと感じることが多くなりました。優しくなった日差しは、初秋の匂いを含んでいます。 厳しかった夏を乗り越えて、大葉、イタリアンパセリ、コブミカン、クレソンが好調を維持。初めて挑んだ早春の育苗は、長日で花芽がつくディルとパクチーでは無残な結果でしたが、クレソンは生き残りました。今夏のハーブ栽培は失策もありましたが、まぁ「合格」のハンコを押してもいいで…

続きを読む

夏色

今夏のベランダガーデニングは概ね順調です。 白眉は何と言ってもコブミカン。基部から強いシュートが伸び、空をめざしています。 背が高くなると強風で倒れる恐れがあるので、そろそろピンチして脇芽を伸ばそうかな。 ミントはもっさもさ(笑)。根詰まりしているはずですが、恐るべき頑強さを発揮して領土を広げようとしています。 大葉とクレソンの成長…

続きを読む

ディルよさらば

夏至は過ぎましたが、当分日が長い時期が続きますね。 この日長に反応して、春植えのディルが花ざかり。 野菜やハーブの花は素朴なものが多いけれど、これは別格の華やかさです。切り花としても通用しそう。とはいえ、花が咲いたら栽培終了です。 春分の日に播種したパクチーはまだおチビちゃんですが、もう花をつけています。長日植物のなかには、小さいときは日…

続きを読む

愛しのカフィアライム

一年前、手のひらに乗る小さな赤ちゃんだったコブミカン(カフィアライム)が、見違えるほど大きくなりました。 先週末、ついに初収穫! 冬は凍死寸前で、屋外の冬越しは無理かと心配しましたが、春先から力を取り戻し、ようやくこの日にこぎ着けました。 初収穫を祝って作ったのはグリーンカレー。採れたてのコブミカンの香りは鮮烈でした。ベースはいつもと同じメープロイのペー…

続きを読む

2勝3敗

春先からの天候不順の影響か、ベランダのハーブたちは元気がありません。 春分の日に播種したディルとパクチー。2ヶ月も経ったのにまだ弱々しい。 待ちきれずにコンテナに移植しましたが、ちゃんと根づいてくれるでしょうか。先行きが不安です。 一足先に植えたクレソンも力強さがない。寒さと風を避ける「コンテナ作戦」は間違っていなかったと思いますが、結果はいま一…

続きを読む

グリーン・ベイビー

春分の日の三連休に播種したハーブが、本葉を広げはじめました。 上からディル、パクチー、クレソン。どの子も可愛い〜。 コンテナ温室作戦は功を奏したようで、ここまで生育は順調です。在宅勤務中の奥さんにも協力してもらい、天候や気温に応じて蓋を開け閉めするのは面倒でしたが、その甲斐はありました。ゴールデンウィーク後半には本圃に移植でき…

続きを読む

モデルナ3回戦

4月7日(木)に3度目のワクチン接種を受けました。今回は職場接種ではなく、会社が斡旋する近隣クリニックで各自受けるという方式。すでに国民の半数近くが接種済みなので、少々出遅れてしまいました。 前回経験した高熱と節々の痛みはもう懲りごりです。でもネットで調べると、だいたい同じ副反応が出るようですね。年度始めで仕事に追われていますが、諦めて翌日は休暇をとり、決戦に備えました。 仕事を終え…

続きを読む

選手交代

少し前のことになりますが、春分の日の三連休は、ベランダの植え替え作業を行いました。花芽ばかりになったルッコラを除けば、ほかのハーブはまだ収穫できるのですが、すぐにとう立ちするのが分かっています。 イタリアンパセリとワケギの良い苗が手に入りました。 パクチーとディルはイマイチ。ホームセンターの店頭で納得できるものはパクチー3本、ディル1本だけでした。 これ…

続きを読む

香草階のベランダガーデン

今週前半は寒かったですね。政府の呼びかけに応じてエアコンやヒーターを使わずに過ごしたので、いっそう寒さが身に染みました。でも週末は気温が上がりそう。季節は着実に春に向かっています。 ベランダのハーブが新しい葉を伸ばし始めました。早々にとう立ちしたルッコラは栽培終了ですが、ディル、アサツキ、パセリはしばらく楽しめそうです。 3か月におよぶ冬枯れの時期を経験すると…

続きを読む

小さい春みつけた

日曜日の湘南は、時折冷たい雨が降る真冬の一日でした。 寒さに凍えるベランダの植物たち。 今年の冬は寒さが厳しいですね。コブミカンは、晩秋に伸びた新芽が枯れてしまいました。暖かくなったら切り戻して脇芽を伸ばそう。 パクチーとルッコラも冬枯れ。 でもよく見ると、ルッコラは花芽が伸びています。早くもとう立ちです。 アサツキは…

続きを読む

週末のミッション

毎度おなじみ、初冬のハーブ祭り。今週はディルが14g、パクチーが49g採れました。 さらに、たくさんもらって食べきれなかった柿。このハーブと柿を料理に使うことが、僕に課せられたミッションでした。 まずはディル。鈴木水産で入手した小ぶりのアジ(4尾350円!)をコンフィにして、ディルとオリーブオイルのドレッシングをかけていただきました。悪くはなかったけれど、手間…

続きを読む

牛を喰らう 牛すね肉のラグー

牛肉って食べますか? 僕にとって牛肉といえば吉野家の牛丼。週1で食べてます。でもそれ以外はほとんどないなぁ。自分の料理は鶏と豚ばかり。牛はすじ肉専門です。ほかの部位は美味しいけど高価ですからねぇ。 先週の木曜日、奥さんから「これ買う?」というLINEが送られてきました。「2割引」のシールが貼られた牛すね肉の写真といっしょに。イータリーの「牛すね肉ラグーのパッパルデッレ」が気に入って、…

続きを読む

わんさか採れた

絶好調のベランダハーブ。先週あんなに収穫したのに一週間で元どおりになりました。 パクチーが58gも採れちゃった。これはジェノベーゼを作るしかないでしょう。バジルで作るのが正統ですが、パクチーも悪くない。ディルやルッコラでも美味しくできます。 チーズはパルミジャーノではなくグラナパダーノ、松の実の代わりにカシューナッツ。正統ジェノベーゼより安価な食材を使…

続きを読む

ハーブを使いきれ

晩秋の湘南は好天が続き、ベランダの植物たちは絶好調。ルッコラもディルもパクチーも、たくましく成長しています。 週末に、大きくなった葉を間引くように収穫すると、ふたりでは食べきれないほど採れる。これを消費するのが、僕に課せられた任務となっています。 とくにパクチーを使いたいので、先週末はタイ料理にしました。 一皿目は「焼き野菜とベランダハーブのタイ…

続きを読む

地産地消

ベランダのルッコラが収穫の秋を迎えました。 小さなベランダガーデンでは株を引き抜かず、大きくなった葉を少しずつ収穫していきます。冬が来るまでのあいだ、毎週これくらい収穫できそうです。 ディルはまだ小学生ですが、間引きができるほどになりました。毎週食卓を飾るようになるのに、あと2週間くらいかかるかな。 パクチーは成長が遅れていますが、それでも昨年よ…

続きを読む

ルッコラ収穫祭

播種から1ヶ月。ルッコラは小学生になりました。このくらいになると、風が吹いても雨に当たっても大丈夫。父ちゃんひと安心だよぉ。 丁寧に間引きしたら、ベビーリーフがこんなに採れました。 ディルは幼稚園児、パクチーは赤ちゃん。まだ気が抜けません。とくにパクチーはいつもぐったりしているし欠株もある。もっとたくさん種子を播けばよかったなぁ。同じ日に同じよう…

続きを読む

台風一過

湘南も大荒れか?・・・ と心配していた台風は、幸いたいした被害もなく過ぎ去っていきました。週末は一転、清々しい晴天。キモチイイ。 富士山も顔を出してくれました。 前夜室内に避難したよちよち歩きのおチビちゃんたち。 風が止んだので、ベランダの日当たりのいい場所に出しました。たっぷりの光を吸い込んでご機嫌です。 僕は朝から汚れた窓の掃除。 …

続きを読む

始まりと終わり

少し前のことですが、9月16日にあさつきを植えました。 本当はわけぎが良かったのですが、最寄りのホームセンター「ユニディ」では入手できませんでした。新型コロナの影響で春のガーデニングコーナーは驚くほど充実していたのになぁ。やっぱり秋は春ほどは売れないのでしょう。 もうひとつは初めて購入したパセリ。 こちらもイタリアンパセリが希望でしたが、…

続きを読む

静かな三連休

週末どこにも出かけなくなったのはいつ頃からだろう。居心地のいいこの部屋に越してからかなぁ。以前は三連休にレストランに行くことがあったけれど、最近はちょっとご無沙汰。自分で作ったほうが・・・ なんて思っちゃう。案の定、敬老の日の連休も引き篭もり生活でした。 土曜日は台風の影響で湘南も大荒れ。芽生えたばかりのハーブは前夜のうちに部屋の中に避難させました。よち…

続きを読む

愛の芽モリー

9月5日に播種したハーブちゃんたちが、にょきにょきと生えてきました。 いちばん早かったのはルッコラ。すじ播きしたので種子数が多く、モサモサしてます。 次はパクチー。ハンマーで殻を割り、半日吸水させたのが功を奏しました。この角度で写真を撮ると、どの個体も太陽のほう(左)に曲がっているのがわかります。 頭に殻をかぶった子…

続きを読む

秋のベランダはじまる

先週から急に気温が下がったので、「そろそろいいかな」と思い、9月5日にハーブの種子を播きました。ブログを振り返ってみると、昨年、一昨年とも9月6日に播種しているので、ほぼ例年どおり。ディル、ルッコラ、パクチーという顔ぶれも同じ。マンネリとも言います。 今季特筆すべきは、初めて購入したトキタ種苗の晩抽性品種「サバイパクチー」。 長日植物のパクチーは日が長…

続きを読む

こぶみかん日記

5月に静岡からやってきたこぶみかん。移植してからずっと成長が止まっていました。 上は5月23日、下は6月27日撮影。1か月も経ったのにあまり変化がありません。タイ・マレーシア原産のこの植物には気温が低いのか、それとも永年作物である果樹は成長が遅いのか。理由はよく分かりませんが、葉色も悪く心配していました。 でもよく見ると、小さな新芽ができていました。赤ちゃんみたいな初…

続きを読む

大葉 vs. ミント

わが家のベランダでは大葉がモリモリ成長しています。一時アブラムシにやられて心配しましたが、完全復活。ここまでくれば怖いものはありません。 ミントは予想どおり強靭です。ランナーが伸びて隣の大葉に襲いかかる勢い。領土問題に進展するかも。 ディルは花が咲いて最終版。早く食べきったほうが良さそうです。 元気な植物は僕を癒してくれます…

続きを読む

こぶみかんがやってきた

静岡からこぶみかんの苗がやってきました。 タイ料理に欠かせないハーブこぶみかん。「バイマックルー」(タイ語)や「カフィアライム」(英語)のほうが通りがいいのかな。 こぶみかんを初めて知ったのは、2012年のチェンマイ旅行。機内で配られたお菓子に入っていて「この味なんだろう」と思い、現地に着いてからこぶみかんと知りました。 とても気に入り、自分たちへの土産として購入しまし…

続きを読む

初夏のベランダ

今年のゴールデンウィークは何かと忙しく、家のことに手が回りませんでした。それでもなんとか秋冬作のハーブを片づけて、ベランダはきれいサッパリ。 タイムがかわいい花をつけています。 新たに青じそを植えました。 3月25日に植えたパクチーとディルは、良苗が手に入ったおかげで絶好調。でも写真ではわかりませんが、すでに花芽がついています。やはり長日条件にならないよ…

続きを読む

最近の読書事情 ―「心淋し川」

西條奈加「心淋し川」読了。昨年下半期の直木賞受賞作。しっとりとした静謐な文章、胸に沁みる物語。期待を裏切らない名作でした。 週末は終日J-WAVEをかけっ放しにするのが結婚以来の習慣でしたが、最近日曜の午後は2時間だけNHKの「ジャズトゥナイト」を、残りはジャズやクラシックのアルバムを聴いています。この時間が僕の読書タイム。インストゥルメンタルは大きめの音量でも読書の邪魔になりませ…

続きを読む

さよならの向こう側

とう立ちして下葉が枯れ始めたパクチー。秋から冬のあいだ何度も食卓に上り、僕らをタイにいざなってくれた名脇役ですが、そろそろお別れの季節です。先週末は、パクチーの消費に主眼をおいたメニューになりました。 まずはたけのこのオーブン焼き。今年たけのこは裏年で生産量が少ないと聞いていましたが、近所のスーパーではずっと手頃な値段で売られています。3週連続たけのこ料理。オリーブオイル、レモン、…

続きを読む

ぜんぶコロナのせいだ。

ベランダのパクチー、ディル、イタリアンパセリがとう立ちし、植え替えの時期を迎えました。 今年はまだ寒い2月に花芽をつけ、とう立ちも早くて驚きました。原因は冬の後半暖かったこともありますが、僕はコロナ禍の影響を疑っています・・・・・・? 緊急事態宣言下、奥さんはほとんど在宅勤務で、リビングルームは毎晩灯りがついていました。この光に長日植物が感応し、春が来たと勘違…

続きを読む

冬のベランダ

暖冬だった昨年に比べると、今年は寒い日が多いですね。それでもまだ雪は降っていないし、暖房器具には余力があるので、特別な年ではないのでしょう。 とはいえベランダの植物たちはいま寒さに震えています。 地中海沿岸が原産のパクチーは半分枯れた状態。春に復活するのかちょっと心配です。 ディルも辛そう。低温のために新芽が褐色化しています。 予想外にがん…

続きを読む