バミューダトライアングルの獲物

楽しみにしていた、というより「心の支え」にしていたお盆休みが終わっちゃいました。昨日から「日常」に戻っています。僕らに限らず、今年はお盆休みに帰省や旅行した人が多かったようですね。新幹線は行きも帰りも満席で、コロナ前と変わらない印象でした。 写真の整理が間に合わないのでこの間のことは改めて書くことにして、今日は夏休み前に記事にできなかった料理の写真をアップします。 前回「スーパー難民…

続きを読む

壊れちまった悲しみに

予告なしに2回もブログを休んでしまいました。 5月30日(月)、頭痛がひどいので帰宅してから体温を計ってみると38.7℃! それから熱が下がらず、火~金4日間仕事を休みました。PCR検査は「陰性」、症状は高熱と頭痛。下痢をともなった前回と違いほかに症状はなく、病院でも原因がわからず。抗生物質と解熱剤を飲み続け、ようやく週末に回復したという次第です。 4月…

続きを読む

Eureka! シャンパーニュグラス見つけた

リーデルのシャンパーニュグラス「ヴィノム キュヴェ・プレスティージュ」が壊れてから3ヶ月。同じ商品が以前より高価になっていたので購入を見送り、食器棚の奥で眠っていた無印良品で代用していました。 でもなんとなく気分が盛り上がらない。スパークリングワインを飲むのは土曜日の夜。一週間でもっとも華やぐこの日の夕食が、以前の輝きを失ったようです(ちょっと大げさ)。 実際に飲み比べてみると、リー…

続きを読む

遠くへ行きたい ー冬の金沢編ー 序章

首都圏で大雪が降った翌朝、平塚の家々の屋根には、まだ雪が残っていました。 この雪の影響もあり、僕らが乗った東海道線が遅延。東京駅で乗り換える予定の新幹線に間に合いませんでした・・・ まぁでも出張と違って急ぐ旅ではありません。1時間後の新幹線に変更し、待ち時間をグランスタのイータリーで過ごしました。平日11時半の店内は貸し切り状態。

続きを読む

Lover, Come Back to Me

「タカムラワインハウス」との逢瀬は案の定一度だけで終わり、また正妻のエノテカに戻ってきました。 タカムラの平均922円(税抜き)という価格は魅力的でしたが、やはりワインは値段相応ですね。赤ワインは糖度が足りず、スパークリングは泡が足りない。価格を知っているので先入観があることは否めませんが、やはり「ものたりない」という思いがつきまといました。 2か月ぶりに再会したエノテカ。以…

続きを読む

料理を10倍美味しくする方法

先週の金曜日は休みをとって、老朽化した給湯器の交換工事に立会い・・・ の予定でしたが、給湯器の製造が遅れているとのことで、直前にキャンセルになってしまいました。半導体不足の影響でしょうか・・・ 突然空いた時間をどう使おうか考えましたが、遠くに出かけるのも億劫なので、2駅だけ電車に乗ってテラスモールに行くことにしました。近所にこういう場所があるのはありがたいですね。 この日は清々しい秋…

続きを読む

ワインに溺れる

フォーシーズンズホテル「EST」のランチでは、レストランでお酒が飲める幸せに酔いしれました。 思えばコロナ禍以降、何度か二人でレストランに出かけましたが、いつもお酒はおあずけ。奥さんにとってこれはかなり不満だったようです。春に出かけたアマン東京では、あまり飲めない僕でさえ「ワインのないイタリア料理はこんなに味気ないのか」と心底思いました。 久しぶりに外で飲むお酒。食前酒はキールにしま…

続きを読む

浮気の心情

どれほど誰かを愛していても、別の女性に目移りするのが男というもの。できる限り多くの遺伝子を残すため、生来浮気にできているのです。まぁ目移りは女性も同じかもしれませんけどね。 ワインにおける僕のパートナーはエノテカです。これまで飲んだ数千本のワインの95%をエノテカで購入しています。いまもほぼ毎月、週末用のワインをまとめ買いしています。 でも数年に一度浮気したくなるんですよね〜。エノテ…

続きを読む

足るを知る者は富む?

洗剤のついた手を滑らせて、またリーデルのグラスを割ってしまいました。「機能的に、かつワインを楽しむために最高のグラス」リーデルは、薄くて脆い。僕は同じ失態を10回以上演じています。 一脚だけ残ったリーデル「ヴィノム」の「キュヴェ・プレスティージュ」。この老舗の良いところは、商品を長く作り続けているので、同じモデルの新品が購入できること。今回もすぐにネットで注文しようと思ったのですが…

続きを読む

風呂ビールをやめたわけ

週末、お酒を飲みつつ入る風呂は、一週間の疲れを癒す極楽時間。以前は缶ビールや缶チューハイを飲むのが習慣でした。 でも最近はきっぱりとやめました。といっても風呂酒をやめたわけではなく、ワインに切り替えたというだけですけどね。 理由は単純。ワインの方が安くて美味しいからです(僕の好みってことですけどね)。 お酒に強くない僕にとって、風呂酒の適量はビールなら3…

続きを読む

Happy Birthday to me

歌手の今井美樹さんが58歳になったのと同じ日に、僕は54歳になりました。この歳になるとパーティーなんてありません。今井美樹さんはファンや布袋さんが祝ってくれたのかな。うちの奥さんは仕事が忙しく、ほぼ放置。何もないのもナンなので、自分のために少し手の込んだ料理を作ることにしました。 前菜は「春野菜とスモークサーモンのゼリー寄せ」。アスパラガス、さやいんげん、スモークサーモンを容器に重ねて、ゼ…

続きを読む

夢と現実のブルゴーニュ

近所のスーパーで買う「アルパカ」を除けば、自宅で飲むワインのほとんどはエノテカのWebサイトで購入しています。1,000円台の安価なものばかりですが、毎週金、土、日1本ずつ飲むと年間150本以上になり、わずかな還元率でも3,000円くらいのポイントが溜まります。これを使ってちょっと贅沢なワインを買ってみました。 フランス、ブルゴーニュのボーヌ・クロ・デ・モンスニエール。作り手はオリヴィエ・…

続きを読む

シュワシュワの幸せ

クレマンでもカヴァでもプロセッコでも、テーブルを華やかにしてくれるスパークリングワインが大好きです。なかでもシャンパーニュは別格。いつもの「夕飯」を豪華な「ディナー」に変えてくれます。 毎週末3本のワインを開けるわが家ですが、ほとんどは500〜1,000円台の手頃なもの。安価なものでも5,000円以上するシャンパーニュは滅多に飲めません。いつからか恒例となった、互いの誕生日にシャンパーニュ…

続きを読む

シャンパーニュの夜に・・・

先週の土曜日は、奥さんと二人でシャンパーニュを開けました。 緊急事態宣言直後、僕の誕生日に彼女が贈ってくれたペリエ・ジュエのロゼ。コロナ禍が去り、解除宣言が出たら開けようと決めていたワインです。 特別な夕食なので、いつも以上に丁寧に料理を準備しました。 まずは今季初のカツオ。ひと手間かけて燻製にしてみました。常温で風を当てて…

続きを読む

今年はペリエ・ジュエ

先日またひとつ歳をとりました。 一生懸命監督さん、トリバンさんを追いかけていますが、なかなか追いつけません(笑)。 奥さんがくれたプレゼントは今年もシャンパン。ペリエ・ジュエの「ブラゾン・ロゼ」。 かつてワインブログだったこのサイト。いまもあの頃と変わらず毎週3本を開けていますが、2,000円を超えるワインを飲むことはほとんどありません。誕生日に互いに贈るシャンパーニュだけが、上物…

続きを読む

ヴァカンスは新宿で ―夜のパークハイアット

ウェイトトレーニングのあとプールとジャグジーでくつろいでいたら、あっというまに時間が経っちゃった。20時までの「トワイライトタイム」に出かけたのは19時。1時間しかないけど、無料なので、ま、いっか。 「トワイライトタイム」はカクテルやワインが飲み放題。これにフィンガーフードがついて本来なら2人で9,600円。開始時刻の17時に来て20時まで居座ればけっこう楽しめま…

続きを読む

これでいいのだ

先日仕事の宴席で、珍しくワインの話題になりました。僕と年齢の近いAさんは若いころワインスクールに通ったそうで、かなり詳しい。30代半ばのBさんは父親がワインのコレクターで、本人もワイン好き。Aさんが選んだピノグリージョを飲みながら、ワイン談義に花を咲かせました。 そんな場で僕が「最近コンビニの500円ワインが気に入っている」「ファミレスのワインが美味しくなった」という話をしたら、ちょっと引…

続きを読む

変わり者でいこう@ポートランド  ―ワイン事情

ワイン好きの僕らは、アジアへの旅行では日本から1~2本ワインを持っていきます。ホテル周辺でワインが買えない恐れがあり、初日の夜に部屋飲みができないと淋しいからです。でも今回は持参せず。ポートランドは都会だし産地も近いので、全く心配していませんでした。 思ったとおりダウンタウンではコンビニ、スーパー、リカーショップなどで簡単に購入することができ、ワイン切れの心配なし。ワイナリーツアーにも行っ…

続きを読む

ボランジェにノックダウン

先週末、僕の誕生日を奥さんがシャンパーニュで祝ってくれました。創業190年。名門「ボランジェ」のスペシャルキュベ。 最近安いワインが美味しくて、それで十分と思っていましたが、やっぱりこのクラスはレベルが違います。泡がきめ細かく、口に含むとシュワっと弾ける。ボディがしっかりとして複雑な奥行きを感じる。キリリとしたブランドブランもいいけれど、ピノノワールを多く使うこのシャンパーニュには…

続きを読む

おてごろワインの誘惑

年齢を重ねるにつれお酒に弱くなるけれど、逆にワインへの愛は深まっている気がします。金曜日や、仕事に区切りがついたとき、「あーワイン飲みたい!」と思うことが多い。 金曜日の夜、帰りの電車で飲むのは「ワインカップ」。イタリア産のシャルドネ、185ml300円。グラスが要らないので助かります。奥さんと同じ電車で帰るときはこれ+オーストラリアのジェイコブズクリークが定番。 サイゼリヤ…

続きを読む

日本酒ことはじめ -まずはグラスから

ワイングラスって面白い形ですよね。大きなボウルの下にわざわざ長いステムを付けてとても不安定。でもそれが優雅さや華やかさを生み出していると思います。 より美味しく飲むために、品種や産地でグラスを替えるという考え方もいい。僕はワインが好きだけど、それと同じくらいワイングラスが好きかもしれない。いまわが家には赤用2、白用2、スパークリング用1、水用1、合計6種類のリーデルグラスがあります。 …

続きを読む

ベトナムの小さな街 ーホイアンのワイン事情

ホイアンでまともなワインが買えるのか。この旅最大の不安材料でした。まぁフランスが統治していた国だからワインを飲む人は少なくないはず。でもホイアンには日本のようなスーパーや大型酒店はないので、どこで買えばいいのやら。もしかするとタクシーで1時間近くかけてダナンまでいかなきゃだめ? でもこの不安はすぐに払拭されました。ホテルから徒歩5分のところに、エアコンの効いた洒落たワ…

続きを読む

ワインのつまみ備忘録 ベレッタ アンチパストミスト(イタリア)

これまで食べたパックのプロシュートで、もっとも美味しかったのはベレッタ社のプロシュット・ディ・パルマ。でもこの商品、2回購入しただけで成城石井の棚から消えてしまいました。サポーリ・ディ・イタリアはなかなかイイけれど、ベレッタには及ばない。 先日成城石井で久しぶりに「Beretta」の文字を見かけました。残念ながらプロシュートではなく、コッパ、サラミ、パンチェッタのアンチパストミスト。でもベ…

続きを読む

チリワイン恐るべし

コンビニやスーパーで売っているチリワイン「アルパカ」。フルボトルで税込み600円弱と安価。最近このぐらいの値段のワインをよく買います。 わが家では週末の夕食時にワインを飲むのが恒例。1本1,500~2,000円を目安にエノテカでまとめ買いしています。 これとは別に、仕事から帰って1杯とか、休日の昼間に1杯とか、ちょっとだけ飲みたいときは、帰り道で買ったこの手の安ワインが多い。かつて1…

続きを読む

ワイングラス問題

「台南晶英酒店」のクラブフロアのスタッフに、「日本からワインを持ってきたので、ワイングラスを貸して欲しい」とお願いすると、案の定困った顔をされ、「そういうサービスはありません」と断られてしまいました。 「やっぱりなぁ」というのが率直な感想。むしろ快諾してくれるホテルのほうが少ないですからね。外国語が下手ということもあり、毎回ワイングラスを借りるのに四苦八苦します。面倒なので、部屋に備えつけ…

続きを読む

ワインと20年

エノテカの新店が東京駅「グランスタ丸の内」にオープンしました。エノテカは20年以上オツキアイしているワインのインポーター。結婚以来、毎週末3本ワインを空けていますが、その8割をエノテカで買っています。これからは帰宅途中、遠回りせずに寄ることができる! エノテカと出会った頃、ワインは気取った飲み物で、「キザな紳士が薀蓄を語りながらグラスを傾ける」ってイメージだったなぁ。バブルが弾けた頃。そう…

続きを読む

国産ワインのいま

いつもワインを購入している「エノテカ」に、国産ワインのラインナップが増えてきました。 わが家では相変わらず毎週末3本のワインを消費していますが、国産を飲むことはほとんどありません。20年前は、甘すぎたり個性が強すぎたりで、美味しいものは稀。10年前は「良いものもあるけれど高価」。そんな状況も変わってきたのでしょうか・・・ というわけで、山形・高畠ワイナリーの「嘉スパークリング・シャル…

続きを読む

ワイングラス グラスワイン

夏休みの海外旅行。ホテルで荷ほどきした後ひと息ついて、ワインを開けるのがいつものパターン。オープナーがなくても、冷やさなくても飲めるよう、スクリューキャップの赤ワインを持参します。 でもグラスはホテルで借りなくてはならず、毎回これで四苦八苦します。僕の拙い英語で電話すると、「ワイングラス」ではなくて「グラスワイン」が出てきてしまう。 “I bro…

続きを読む

四ツ谷駅前しんみち通り 「Bar NOBU」

昨晩、監督さんのお店Wine and Liquor 「Bar NOBU」に行ってきました。  場所は、中央線、総武線、丸ノ内線、南北線が乗り入れる四ツ谷駅から しんみち通りを歩いて3分ほど。 かなりの好立地です。 お店の1/3を占める巨大なワインセラーとシャレた内装から 「こだわりのワインバー」を想像していたので、 財布の現金を心配しながら伺…

続きを読む

シャンパーニュは美味しいけれど・・・ Pol Roger Blut Vintage 2004

記念日にワインをプレゼントするのがわが家の恒例。 今年の奥さんの誕生日には、チャーチルが愛したシャンパーニュ「ポルロジェ」を贈りました。 「贈る」と言っても、ふたりで飲むんですけどね。  近ごろ手ごろな価格のワインばかり飲んでいるので、 このクラスだと何を飲んでも美味しいですね。 自分で買っておいてナンですが、いまの僕にはもったいない。 何しろワインの舌が…

続きを読む