五十肩との戦い

昨年末から肩の痛みに悩まされています。上腕を水平より高くあげるとギクっと痛む。後ろに手を伸ばすのも辛く、ジャケットを着る動作がとくに危ない。

ボーリングをきっかけに発症したので筋肉の炎症だと思っていましたが、どうやらこれが「四十肩」「五十肩」と呼ばれる症状のようです。

検索してみると、五十肩にこれといった原因はなく、治療方法も不明。でも半年から1年で自然に治るのだとか。まさに老化現象ですね。

心配なので、ジムでは上半身の運動をやめていましたが、一向に改善の兆しなし。ネット情報によると、大事にしすぎて肩を動かさないのはかえってよくないとか。「それじゃあ」と、先週からダンベルカールやショルダープレスを再開しました。

めまいや五十肩のような体の不調は、精神的にも辛いですね。何となく気分がふさぎます。最近は考えを改めて「自分はアスリートなのだ」と考えることにしました(?)。アスリートは誰もが体のどこかに故障を抱えながら闘っている。僕ももう万全の体調は帰ってこないのだから、この体で試合に臨むしかありません。

画像


画像


画像


ベランダでは、ゴールデンウィークに植えたレタスとイタリアンパセリが絶好調。オリーブが可愛い花を咲かせています。その溢れる生命感がうらやましいなぁ・・・






"五十肩との戦い"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: