男と女とエスニック

わが家に(ていうか僕に)謎のアジア料理ブームが到来していることは既報のとおり。週末に自分で作るだけでなく、平日の一人飯もその手の店に行くことが多くなっています。この日は仕事で立川に用事があったので、事前にリサーチしてこちらのタイ料理店に行ってきました。

P1130582.jpg


P1130577.jpg


P1130580.jpg


IMG_4052.jpg


タイ料理やベトナム料理の店でいつも不思議に思うのは、女性のお客さんが多いことです。この店は内外装が可愛く「さもありなん」とは思いますが、ここに限らずどこに行っても女性比率が高い気がします。拡大解釈しすぎかもしれませんが、「エスニック料理を好むのは、男性よりも女性」というのが僕の仮説。この仮説が正しいとすると、その理由はなんだろう、というのが本日のお題です。

これまで僕は「遺伝的に女性の方が未知の食べ物に対する好奇心が強いから」だと考えていました。出産という大仕事を担う女性は、食べ物に対して貪欲なほうが子孫を残す可能性が高く、その結果新しい味を探究する遺伝子が残ったのではないかと。

でも最近ちょっと違う気がしてきました。エスニック料理への興味に男女の差はなく、自分で料理を作るかどうかが影響しているような・・・ 料理を作ると食材や調味料に興味が湧くし、初めての味に寛容になる。時代は変わりつつありますが、日本では料理男子はまだ少なく、結果としてエスニック料理好きは女性比率が高くなる・・・ ということじゃないかなぁ。

僕自身料理を始めるまでは、イタリア以外の外国料理に興味がありませんでした。でもいまは行ったことのあるタイやベトナムだけでなく、行くあてのないインドやトルコ、メキシコの料理にも興味津々です。それは未知の食べものへの好奇心、新しい料理を作ってみたい欲求に根差しているものだと思います。

PC130779.jpg


PC130776.jpg


PC130792.jpg


さて。先週末の料理は、キャベツとキュウリの浅漬け(ナンプラー味)、ツナとアボカドのタイ風サラダ、野菜のグリーンカレーでした。「謎のアジア料理ブーム」は当分続きそうです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

  • 監督

    男性が好む料理は隣人と会話もせず一心不乱にその一皿と向き合う「猪突猛進型」。(ラーメンが代表格)
    女性は食感も含めて変化を求める「五感総動員型」。女性は男性に比して臭覚が優れているので、スパイシーなアジアンフードをより好む。
    ・・・ってなことを、どっかで読んだ記憶があります。
    これって、ヴィーノさんは女性的ってこと?^^;
    2020年12月18日 10:39
  • ヴィーノ

    >監督さん
    「猪突猛進型」と「五感総動員型」ですか。なるほど〜。
    ちなみに僕は自分が女性的だとは思いませんが、嗅覚は鋭い方かもしれません。嫌なニオイが気になって仕方ないタイプです。(^_^;)
    2020年12月18日 19:31