クリザール

最近、切り花保存剤を国産の「キープ・フラワー」からオランダの「クリザール」に変えました。

PA110322.jpg


「キープ・フラワー」を使うと花持ちは良いのですが、葉が黄化しやすいと感じていました。理由はよくわかりませんし、きちんと比べたわけではないので「濡れ衣」かもしれません。そこで一度違う商品を使ってみようと、こちらも古くからある「クリザール」を買ってみたというわけ。


クリザールは世界の花の中心地=オランダに本拠を置き、農家向けの「前処理剤」(収穫直後に処理して花もちを良くする薬剤)を販売する専門企業です。今回買ったのは消費者向けの商品「切り花用フラワーフード」。使い方は「キープ・フラワー」とまったく同じで、50倍に薄めて活け水にするだけです。


PA110319.jpg


今のところ結果は良好!

こちらはピンクッション。撮影日は上が9月21日、下が10月11日。花は老化していますが、葉の黄化は皆無です。

P9210003.jpg


PA110314.jpg


こちらはミニバラ。上が10月4日、下が10月11日。花も葉も良好です。

PA040125.jpg


PA110338.jpg


他にもいろいろな花で試しましたが、どれも長持ちし葉の傷みもない。結論を出すのは早いかもしれませんが、好感触を得ています。

ところで、コロナ禍で在宅時間が長いせいか、雑誌で「自宅に花を飾ろう」という記事をよく見かけます。花のある生活の魅力や活け方などが記載されていて、切り花を長持ちさせる方法も書かれています。でもその方法は「茎を斜めに切る」とか「毎日水を替える」というのが多く、「切り花保存剤を使う」と書かれていることはほとんどありません。これはとても不思議です。

指南しているのは華道家や生花店主なので、毎日水を替える大変さを知っているはずだし、仕事で「キープ・フラワー」や「クリザール」を使っているはず。どうして便利な商品を紹介しないのかなぁ。

もしかして大人の事情があったりして・・・





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

  • 監督

    えぇ、間違いなく大人の事情でしょう…。
    しかし、国産メーカーのネーミング、べたやなぁ。 ^^;
    2020年10月23日 11:46
  • ヴィーノ

    >監督さん
    「キープ・フラワー」ベタすぎですよね。和製英語的ですしね(笑)。

    雑誌は広告で成り立っているものでしょうから、いろいろな事情があるんでしょうね。真実を知りたいような知りたくないような・・・(^.^)
    2020年10月23日 23:11