不都合な真実 ―オリンパスは何処へ―

6月24日にオリンパスが映像事業の分社化・譲渡を発表しました。赤字続きでいずれ大なたが振るわれると思っていましたが、事実を目の当たりにすると、悲しすぎて言葉が出ません。

僕の写真生活はデジタル時代のオリンパスPENで始まりました。その後OM―Dに移行し、10年間浮気することなくオリンパスと過ごしてきました。他社に比べてコンパクトで安価。それでいて高度な手ブレ補正や連写性能を持つオリンパスは、判官贔屓の僕にとって愛すべき存在でした。

P1120624.jpg


この先オリンパスのカメラはどうなるのでしょうか。サポートは? 新製品の開発は? オリンパスというブランド名は?

売却先の日本産業パートナーズは、ソニーのPC「VAIO」を引き受け再生させた実績があります。その手腕には期待しますが、じゃあ現在の「VAIO」にかつての輝きがあるかと問われれば、Yesとは答え難い。オリンパスのカメラも同じようになってゆくのでしょうか。

P6280394.jpg

いまは不安でいっぱいですが、これだけのレンズ資産があると、易々と他のフォーマットに乗り移ることはできません。カメラが売れない時代、乗り移った先だってどうなるかわかりませんしね。幸い同じマイクロフォーサーズのパナソニックが生き残っていますし、当分静観するしかないでしょう。

次はニコンでしょうか、フジでしょうか。日本が世界一と胸を張れる残り少ない製品であるカメラも、家電と同じ道を歩むのでしょうか。考えれば考えるほど塞ぎ混んでしまいます。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 監督

    ハーフサイズで一世を風靡したペン。
    5年ほど前に医療事業分野を本社に組み戻して以来、映像事業部門の売り上げに占める部分は10%ちょいと小さくなったため、いつかはこうなるだろうなと思っていました。
    JIPはブランドを残して再生を目指すとは思いますが、ケータイのカメラ性能が著しく向上している現在において、本格的カメラの需要はますます厳しくなることを鑑みるに、いつかは・・・・・・。
    日本の産業、大きな方向転換の時期は既にずいぶん前から始まっていますので、企業各社は新しい何かを創設しなければ生き残れないのではないでしょうか。
    厳しい時代ですが、若者の新しい考えを積極的に取り入れて(旧態依然の爺は引っ込んでもらって)変革を進めていってほしいものです。
    2020年06月29日 11:12
  • ヴィーノ

    >監督さん
    カメラ市場はほんとうに厳しいですね。ソニー、キャノン、ニコンも余裕はないでしょうね。いろいろなビジネスが改革を迫られている時代に襲来したコロナ禍は、淘汰のスピードは加速させるんだろうな。オリンパスのカメラ事業分社化は、その前奏曲でしかないのかもしれません。
    2020年06月29日 18:54
  • トリバン

    カメラのシステムの選択って、悩ましいところですよね。
    結局のところ、どっかで妥協ということになるのでしょうが。
    その筋道が定まらないと難しいうえに、外的要因が加わると、、、。
    それにしても、ミラーレス市場を席巻していた印象さえあったのですが、カメラ業界栄枯盛衰が激しいですよね。
    2020年07月01日 00:06
  • ヴィーノ

    >トリバンさん
    技術の進歩が速い本体と、長く使うレンズという組み合わせが、カメラを独特な商品にしていますね。ほんとうに選択は難しいですよね。
    いま比較的安心して選べるのは、キャノンとソニーでしょうか。この先業界再編が進みそうなので、さらに選択が難しくなりそうです。(・_・;
    2020年07月01日 07:12