海外出張 (水)アルメリアの農業①

アルメリア中央市場のあとに訪問したのは、トマトとパプリカを栽培する生産者。面積は2.2haで、オランダで見たパプリカ生産者の1/10。2.2haだと日本では大型農家に属しますが、オランダに比べるとぐっと身近な感じがします。

説明してくれた女性が親から農業を受け継ぎ、子供も後を継ぐ予定だそう。そういうところも日本の感覚に近いですね。

P2190780.jpg

↑ハウスは小型で日本に近い


P2190786.jpg


P2190799.jpg

↑養液栽培ですが、オランダのようには洗練されていません


この農場で驚いたのは、オランダ同様無農薬栽培を実現していることです。天敵昆虫を上手に使うことに加え、ニンニクエキスなどを散布しているそう。自慢の技術らしく丁寧に説明してくれました。

P2190825.jpg

↑天敵の使い方を説明したパネル


P2190837.jpg

↑天敵の餌になる花の咲くハーブが植えられていました


一年を通じて温暖なアルメリアでは、常に外から病気や虫が飛び込んでくるはず。ハウスには隙間が多く、オランダと比べリスクは段違いに高いでしょう。そんな場所で無農薬栽培なんて無謀では・・・と、日本の農業関係者なら誰もが思うでしょうね。

僕を含めて、日本の生産者や技術者は有機栽培や無農薬栽培に懐疑的です。高温多湿の日本では虫や病気が発生しやすい。収量を確保するために農薬散布は欠かせない。そう考えている人が多いと思う。

でもオランダでもスペインでも無農薬栽培が当然になりつつある現状を見ると、日本も本腰を入れて取り組むべきなのかも。そういえば昨年のポートランド、ファーマーズマーケットの野菜はオーガニックが多かったなぁ。そうそう、オーガニック専門のスーパーにも行ったんだ。

P2190838-2.jpg

↑視察の最後に野菜を試食されてくれました.こういう心遣いうれしいなぁ

(Olympus E-M1 Mark II,Olympus M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)


<海外出張> オランダ・スペイン

1.哀愁のヨーロッパ
2.(日)オランダ到着
3.(月)アールスメール花市場
4.(月)国際園芸センター
5.(火)スーパーマーケットを視察
6.(火)オランダらしさ
7.(水)アルメリア中央市場




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

  • 監督

    採れたて自然派野菜の試食、良いですねぇ。
    プラスチックカップの中身が白ワインなら言うことなし!^^)/
    2020年03月13日 11:47
  • ヴィーノ

    >監督さん
    サラダ好きの監督さんにはたまらないですね。ちなみにドレッシングはオリーブオイルと塩、あと蜂蜜でした。(^ ^)
    2020年03月13日 21:12