海外出張 (火)オランダらしさ

今回オランダで泊まったホテルは、アムステルダム中央駅の目の前で、ダム広場まで歩いて数分の好立地。そんな賑やかな場所ですが、近隣には売春婦が客引きする「飾り窓」や、大麻などを扱う「コーヒーショップ」があり、犯罪も頻発しているとか。

P2180462.jpg

↑アムステルダムの中心ダム広場


現在飾り窓は約450あり、ここで行う売春は合法なのだそうです。実際に窓の向こうに下着姿のセクシーなお姉さんが立って客を誘っていました。観光客も多いけれど、彼女たちの営業は本気。撮影禁止なので、窓の中は写せませんでした。

P2180486.jpg


P2180484.jpg

↑飾り窓.集団行動禁止、写真禁止.こっそりノーファインダーで撮影.


ドラッグは合法ではありませんが、マリファナなどは2gの所持なら捕まらないそうです。コーヒーショップではそうしたソフトドラッグを扱う店。喫茶店と間違えて入ってしまいそう。ホテル周辺の裏通りには何店かコーヒーショップがあり、葉巻のような匂いが漂っていました。

P2170100.jpg

↑コーヒーショップ.喫茶店だと思って入ってしまいそう.


売春やドラッグは禁止にしても根絶はできない。だったら合法化あるいは黙認して顕在化させようというのが、この国の考え方のようです。こういういうところオランダ的なのかもしれません。

P2180354.jpg

↑町中の公衆トイレ.男性用.


オランダ名物といえば風車。でもいま風車の多くは観光用だそう。ここはアムステルダムからほど近いザーンセ・スカンスの風車村。風車を移設して作った観光施設です。ミッフィーがいたり木靴作りやチーズ作りの実演があったりと、日本で言えば忍者村みたいなところ。観光地が苦手な僕と奥さんだけならまず来ないでしょうね。

P2180520.jpg


P2180546.jpg


P2180524.jpg


でもここ思いのほか楽しかった。とくに数十種類もあるチーズの売り場が秀逸で、本気モードで試食して選んでしまいました。購入したのはヤギとヒツジのチーズ、チーズグラインダー。自分たち用のお土産です。

P2180534.jpg


P2180533.jpg


P2241698.jpg


この日の午後は移動。トランザビア航空でビューンと3時間、スペインの南の町マラガに飛びました。

P2190585.jpg

(Olympus E-M1 Mark II,Olympus M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)


<海外出張> オランダ・スペイン

1.哀愁のヨーロッパ
2.(日)オランダ到着
3.(月)アールスメール花市場
4.(月)国際園芸センター
5.(火)スーパーマーケットを視察




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 監督

    マリファナも売春も合法ですって?
    公衆トイレにもビックリ!
    なんか、すんげぇ国だなぁ。
    でも、チーズが安くてうらやましい。
    2020年03月06日 11:40
  • ヴィーノ

    >監督さん
    そうですね。オランダ、ちょっと変わってますよね。「個性的」というべきかな。
    チーズやばかったです。こんな店が日本にもあったらいいのになぁ。(^^♪
    2020年03月07日 11:43