今年のクリスマスソング(マンネリ)

今年もクリスマスソングの季節になりました。12月に入ってから、週末聴く音楽はほとんどがクリスマスソング。昨年までは「クリスマスソングが1年遅れる問題」が発生していましたが、Apple Musicを始めた今年、そんな心配はありません。

いま僕のライブラリには40枚のクリスマスアルバムがあります。ビングクロスビーやフランクシナトラといった定番から、一昨年のペンタトニックスまで。

このなかでベスト5を挙げるとしたらこの5枚。どれもスタンダードナンバーを歌った少し甘めのアルバム。僕こういうのが好きなんです。ブログを見直してみたら、ディアナカーターとナオミ &ゴローは、12年前からわが家の定番小野リサについても9年間に書いていました。マンネリでスミマセン。

1.ディアナ・カーター / Father Christmas
2.小野リサ / Boas Festas
3.ナオミ&ゴロー / Presente De Natal
4.ダイアナ・クラール / Christmas songs
5.マイケル・ブーブレ / Christmas

今年アップルミュージックで見つけたなかでは、ロイス・キャンベルの「A Jazz Guitar Christmas」が一番かな。ウォームなセミアコースティックギターの音色がこの季節にピッタリ。



さて。

今週の花はチューリップ。本来は春の花ですが、球根の貯蔵温度を段階的に変えて擬似的に季節を進めることで、早出しが可能になります。あざやかな黄色が小さな春を呼び込んでくれました。

とはいえ、まったくクリスマスっぽくないですね。

PC080309.jpg


PC080314.jpg


PC080141.jpg

(Olympus E-M1 Mark II,Olympus M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

  • 監督

    クリスマスシーズンだからといってもクリスマスソングは聴かない。ましてや店でそれらだけをローテーションもしない監督です。
    いやいや、嫌いなわけではないのですがね、なんかそればっかりだと浮かれポンチ的に感じちゃう天邪鬼なんですわ、わたし。^^;
    Let it snow ...... 、この楽曲を知ったのはブルース・ウィリスの『絶対死なない』ダイ・ハードのエンディングでした。
    クリスマスっていえばコレ、もしくはワムですかねぇ。^^)/
    2019年12月22日 11:27
  • 監督 再び

    Nat King ColeのThe Christmas Songも好きです。^^)/
    2019年12月22日 11:30
  • ヴィーノ

    >監督さん
    浮かれポンチのヴィーノです(笑)。
    Nat King ColeのThe Christmas Songいいですね~。僕も1曲だけ選ぶならこの曲です。いろんな人が歌っていますが、やっぱりNat King Coleがいいですね。今日みたいな寒い日に暖炉の前で聴きたいです。(^^)/
    2019年12月22日 15:18