プラスチックの憂鬱

世界的にプラスチックごみを削減する機運が高まっている昨今。日本はやや遅れているのかな。ポートランドのスーパーマーケットはどこも紙袋を使っていました。

わが家は食材の買い物にトートバッグを持参するので、レジ袋が無くなっても影響ありません。むしろ困るのは、生ものや冷凍食品を入れるためにスーパーに置いてある薄い半透明の袋。浅漬けやマリネをこの袋で作るので、もらえないとちょっと困る。

この日は「パプリカの焼きびたし」「トマトの浅漬け」「カツオのヅケ」をこの袋をで作りました。ボウルやバットで作るより出汁やマリネ液が少量で済み、洗い物も減らせる。僕にも奥さんにも無くてはならないモノです。

P8030002.jpg


P8030005.jpg

(Olympus E-M1 Mark II,Olympus M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)

エシカルな消費には大賛成なので、世の趨勢には逆らえませんが、無くなるとちょっと困るなぁ。というマインド自体が、すでにエシカルでないかもしれないけど・・・


<備忘のためのレシピ>

パプリカ 1個
アスパラガス 2本
生姜 薄切り3枚
麺つゆ 大さじ2

1.食べやすい大きさに切ったパプリカとアスパラガスを、焼き網で焦げ目がつくまで焼く。

2.粗熱がとれたら、千切りにした生姜、麺つゆとともにポリ袋に入れる。

3.冷蔵庫に2~3時間置いたらできあがり。




この記事へのコメント

  • トリバン

    そういえば、発展途上国でポリ袋の散乱は酷いものでした。
    それがそのまま海域へと考えると、恐ろしい。
    日本では、散乱こそしていないものの、そこにトレイが加わり。
    正直不燃ゴミが嵩張って閉口します。
    パックにしないで量り売りの習慣を、これスーパーなんかでも有効だと思うのですが。セルフで量って商品名を入力して出て来たバーコードのシールをペタ。あれは、ヨルダンだったかな?
    2019年08月12日 23:25
  • 監督

    日本はいろんな意味で遅れてると思います。
    消費者第一主義っていうか、嫌われるのが怖くてコクれない10代のへなちょこ男子的な・・・。^^;
    こういうとこにこそ政治が大きく関与(バッサリとね)しても良いと思うのですが、わたし。
    後々のこと、オトナなんだから考えましょうよ。
    2019年08月12日 23:45
  • ヴィーノ

    >トリバンさん
    確かにトレイは不要な気がしますね。野菜だと1パックに30円くらいかかるので、そのぶん売価が高くなっていると思います。量り売りの方が、鮮度も良く見えるんじゃないかなぁ。(^.^)
    2019年08月13日 07:26
  • ヴィーノ

    >監督さん
    やっぱりそうですかねぇ。「老後2000万円問題」のときに、不思議だなぁと思いました。年金だけじゃ足りないことは誰でもわかっているのに、蓋をする。誰に忖度してるのかなぁ。(・・?)
    2019年08月13日 07:32