変わり者でいこう@ポートランド  ―連戦連敗

ポートランド4回目のブランチは、直球和食の「SHIZUKU by Chef Naoko」へ。こちらはデルタ航空のビジネスクラスに料理を提供する有名店。

画像


画像


奥さんはうどんとシュウマイを、僕はとんかつ定食を頼みました。食材はもちろん現地調達で、スイスチャードのような馴染みのない野菜も使われていましたが、味つけはまごうことなき和食。やっぱりほっとしますね。

画像


画像


画像


画像


今回の旅行では日本食が恋しくなることが多く、そのたびに僕らは「また負けた」と言っていました。外国の料理や文化への好奇心が、母国の慣れ親しんだものを求める保守性に「負けた」という意味。今回の旅は連戦連敗でした。

ベトナムラオスカンボジアといった異国でも、和食が食べたいと思ったことはありません。むしろ積極的に現地料理を楽しんでいた。なのにどうして今回は負け続きだったんだろう、アメリカは日本にとって親戚のような国なのに。

まぁ確かにホイアンにもルアンパバーンにも、「SHIZUKU」や「Bamboo」のような魅力的な和食店はありませんでした。選択肢がなかったことは事実。でもそれだけでは連敗を説明できない気がする。帰国して1か月を経たいまも、納得のいく理由が見つかっていません。

ちなみにこの秋スペイン旅行を計画してる奥さんは、インスタントのお吸い物を持参するつもりだとか・・・



<変わり者でいこう@ポートランド>

1.出国前夜の悪夢
2.到着!
3.新緑
4.時差
5.日本庭園
6.怪我の功名
7.フードカート
8.アジア人
9.空中散歩
10.春の喜び
11.ウィラメットバレー
12.言葉よりスマホ
13.連戦連敗
14.単独行動
15.ethical
16.ワイン事情
17.The Porter Portland
18.花




この記事へのコメント

  • 監督

    う~ん、デルタか!?
    っちゅうことは、オイラも何回か食ってるな、機内で。
    でもさぁ、シューマイは中華なんじゃね?^^)
    とかいうオイラも、仕事で行ったサンディエゴで自ら選ぶディナーは殆んど和食だったし、ハーレーで遊びまわったときも和食率高かったっすね。
    東南アジアへの出張だと現地食ばかり選んでたのになんででしょうねぇ。^^;
    2019年06月15日 19:44
  • ヴィーノ

    >監督さん
    仕事ではビジネスクラスだったんですね。いいなぁ。弊社は役員以外はエコノミーです。
    そうですか。監督さんもアメリカでは和食率が高かったんですか。どうしてでしょうかね~。東南アジアの料理よりアメリカ料理のほうが身近だと思うんですけどね。とても不思議です。
    2019年06月16日 15:33