おてごろワインの誘惑

年齢を重ねるにつれお酒に弱くなるけれど、逆にワインへの愛は深まっている気がします。金曜日や、仕事に区切りがついたとき、「あーワイン飲みたい!」と思うことが多い。

金曜日の夜、帰りの電車で飲むのは「ワインカップ」。イタリア産のシャルドネ、185ml300円。グラスが要らないので助かります。奥さんと同じ電車で帰るときはこれ+オーストラリアのジェイコブズクリークが定番。

画像


サイゼリヤに行ったらワインを頼まずにいられません。1杯100円。イタリア産、品種名不明。20年前、ファミレスのワインは飲めたものじゃなかったけれど、近頃は「まいっか」と思える品質になりました。

画像


以前も書いたチリの「アルパカ」。フルボトルで500円。コンビニやスーパーに置いてあるアサヒビールの商品です。飲むたびに「いいね」と思っちゃう。安すぎて申し訳ないくらいです。

画像


てごろな値段のワインばかりですね。

ボルドーの格付けワインに凝ってエチケットを集めた時期もあったけど、いまはとても1本5,000円も出す気にはなりません。むしろ500~1,500円のワインに惹かれます。

これってなぜだろう。

若いころは大きなクルマに憧れたけど、いまは軽自動車で充分。高級なレストランより近所の定食屋の方がいい。そういうのと同じなのかなぁ。

経験を重ねて「身の丈を知った」ということでしょうかねぇ・・・




この記事へのコメント

  • 監督

    サイゼリヤの一杯100円ワイン。
    こ、こ、怖い・・・。^^;
    2019年04月05日 15:45
  • 監督 再び

    ってか、昔のブログタイトルって『1,000円ワインなんとか・・・』とかじゃなかったでしたっけ?^^;
    (その後は『畑とワインとふたり暮らし』でしたね)
    2019年04月05日 15:47
  • ヴィーノ

    >監督さん
    100円ワイン、いろんな意味で怖いですよね。
    ブログタイトル懐かしいです。「単身赴任の八百屋はワインで癒されるのだ」という時期もありました(笑)。あの頃は2000円を基本にして選んでましたね。
    (^^)
    2019年04月05日 19:17
  • 監督 再び 再び

    私の初コメ、調べてみましたら2008年3月15日でした。
    もう11年も前なんですね!
    あの頃はワイン屋のオヤジになるなんて全くもって思っていませんでした。
    (ヴィーノさんのブログにはワイン記事検索からたどり着きましたが)
    今後ともよろしくお願いしますね♪ ^^)
    2019年04月06日 10:16
  • ヴィーノ

    >監督さん
    11年前ですか。長い間おつきあいいただきありがとうございます。そうですね。短いようで長い11年。いろいろありましたね。こちらこそ引き続きよろしくお願いいたします。
    2019年04月06日 13:55
  • アヒル

    スーパーで買えるチリの白ワイン、愛用しています。料理にも惜しげなく使えてありがたい。そのまま飲んでもいいけれど、半額叩き売りのカットフルーツに白ワインをドバー、一晩浸けてホワイトサングリアにして飲むのが最近のお気に入り。
    2019年04月06日 17:42
  • ヴィーノ

    >アヒルさん
    わぉ、ホワイトサングリアいいですね~。チリのワインは安くて美味しいですよね。そうか。カットフルーツを使えば簡単にサングリアが作れますね。今度やってみよう。
    2019年04月07日 12:57