フリージアにあやまろう

花持ちの良さに驚かされたオキシペタルム(ブルースター)。7週間も僕らを楽しませてくれました。これに続き、ひと月半ぶりに訪ねた花屋で購入したのは、春の花のフリージア。1週間で満開となり、リビングに甘い香りを振りまいています。

画像


フリージアは僕が好きな秋植え球根の代表格ですが、購入するのは初めてです。フリージアってどこか古臭いイメージがあり、なかなか手が伸びなかった。花色や花型が限られて目新しさがないからかなぁ。

画像


画像


と思いつつ購入しましたが、改めてこの花を見直しました。つぼみが五線譜に並ぶ音符みたいで可愛い。香りも魅力的ですね。わが家を銀座のクラブに変える妖艶なカサブランカの香りも好きだけど、ほのかで爽やかなフリージアの香りもいい。

フリージアへの20年にわたる無礼を謝りたい気分。これからはときどき購入することにします。



ところで、僕と奥さんの世代にとって「フリージア」いえば聖子ちゃんの「風立ちぬ」。キッチンに飾ったこの花を見るたび、「すみれ、ひまわり、フリージア~♪」と歌ってます。でもこれ、38年も前の歌なんですね。歳食っちまったなぁ。




この記事へのコメント