僕にはもったいない オリンパスE-M1X発表に思うこと

半月ほど前にオリンパスが新しいカメラを発表しました。OM-D E-M1X。僕のE-M1 Mark IIに縦グリップをつけ、オートフォーカス、防塵防滴、手ぶれ補正の性能を向上させたプロフェッショナルモデル。売り出し価格は30万円超えだそう。(E-M1 Mark IIは現在約20万円)

これまで僕はオリンパスのフラッグシップを追いかけてきましたが、今回は見送りです。まぁMark IIを買ったばかりということもあるけど、それよりもE-M1Xは僕には高性能すぎると思う。Mark IIでさえ「宝の持ち腐れ」と感じているんだから。

画像

↑OM-D E-M1 Mark II


デジタルカメラはイメージセンサーの大きさが同じなら画質はそれほど変わりません。オリンパスのOM-Dは約5万円のE-M10、約10万円のE-M5、約20万円のE-M1、約30万円のE-M1Xがラインナップされていますが、どれもイメージセンサーはフォーサーズなのでほぼ同じ画質。極論すれば、ですけどね。

じゃあ価格差は何かと言えば、動体に強いオートフォーカスとか、雨の中でも撮影できる防塵防滴性能、連写の速さといった機能。でも部屋の中で花や料理を撮るだけの僕にこうした機能は不要です。これらに秀でたE-M1 Mark IIはもったいない。

僕には、小さくてカッコ良く、ほどほどの画質があればいい。いまも手元にある6年前のモデル=初期型E-M5で十分という気がします。E-M1 Mark IIを買って、初めて気づきました。

画像

↑OM-D E-M5

もちろんE-M1 Mark IIは素晴らしいカメラです。使うたびに「やっぱりいいなぁ」と思っています。でもなんだか街中で高性能な4輪駆動車に乗っているような気分。乗りこなす腕も必然性もないのに・・・ 今度買い換えるときはもっと下位の安価なモデルでいいかもね。



追伸

カメラ業界ではフルサイズセンサーのミラーレスが注目の的になっていますが、オリンパスは小さな「マイクロフォーサーズ」に専念するそうです。素晴らしい! 僕のようなユーザーには嬉しい限り。誰もがフルサイズを必要とするわけじゃないもんね。ますますオリンパスが好きになりました。






この記事へのコメント

  • 監督

    私なんざぁ7年半前に買ったNikonのP300をいまだに愛用してますがね。
    昔は一眼と一緒にジュラルミンタイプのカメラバックにレンズも4本入れて持ち歩いたり、今じゃ~信じられないデカい三脚まで買ったりしたのに、結局は自分の腕を考えればP300でもおつりが来るってか、そもそも画角すら適当なんだからもうどうでもいいやね!って感じです。^^;
    でも、三男のEOS Kissがちょっと羨ましかったりするのは内緒です。
    2019年02月12日 00:41
  • ヴィーノ

    >監督さん
    監督さんにそんな時期があったとは。レンズ4本って、かなりのモノですね。
    EOS KISS いいですね。コストパフォーマンスめちゃ高いですよね。カメラはEOS KISSで十分という気がします。
    (^O^)
    2019年02月12日 21:30
  • トリバン

    遅レス失礼します。
    おっしゃるとおりですよね。
    私もAPS-Cと誓っております。(笑)
    間違いなく今のカメラと古いKISSで画質が違うのでしょうが、それはもっと上のレベルの人の話。私の場合も、愚息のサッカー撮影故、オートフォーカスとシャッタースピートの必要性でこのサイズのフラッグシップとなった訳です。確かにここは圧倒的な差があります。
    でも、やっぱフルサイズへの嫉妬と憧れ、、、、。
    これに抗いつつなんですよね。(^^ゞ
    2019年02月18日 07:48
  • ヴィーノ

    >トリバンさん
    そうですね。同感です。ただ僕は最近フルサイズが欲しいと思わなくなってきました。E-M1ですら重いと感じるので、フルサイズは厳しいなぁと思ってます。_| ̄|○
    2019年02月18日 21:39