日本酒ことはじめ -2%の難敵

吟醸、大吟醸、日本酒度など、日本酒の瓶にはよく分からない言葉が並んでいます。銘柄を選ぶ前にそういう知識が必要なので、こんな本を買ってみました。初心者向けに分かりやすく解説されていて、とてもいい本です。

画像


この本に目を通したあと、静岡発のワインショップ「ヴィノスやまざき」有楽町店に行きました。ここはワインだけでなく、静岡の地酒を扱っているんです。最初のお酒として選んだのは、静岡市の隣、藤枝市(旧岡部町)にある初亀醸造の「特別純米」。初亀は静岡ではよく知られた老舗の蔵です。

画像


これを白ワインと同様よく冷やし、リーデルの純米グラスでいただきました。うん、うまい! 詳しくないので分析的な表現はできませんが、フルーティでクセがなくとにかく美味しい。この日奥さんが作ってくれた料理(富士宮焼きそば、野菜のソテー素焼き、冷や奴)によく合い、食中酒として懐の深さを感じます。

画像


ただねぇ、やっぱり強いなぁ。日本酒はアルコール度15%くらいが多く、この初亀も同様。ワインとは2%しか違わないのに、これが難敵。僕だけでなく、強者の奥さんも盃が進みません。結局720ml全部を飲みきれず残してしまいました。日本酒は僕らには合わないのかなぁ・・・

考えてみると、僕らは25年もの間毎週3本ずつワインを飲み、適切なペースや量が身体に染みこんでいます。これに比べると日本酒は初心者に近く、身体がどう対処すればいいのかわからない。きっとそんな状態なのでしょうね。

グラスも買ったことだし、これに懲りずに日本酒の海に乗り出してみようと思っています。次はどんなお酒を選ぼうかな。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 監督

    無濾過生酒とかになると18度越えとかもありますからねぇ。
    でも、これなら一人でも行けちゃいます、オイラ。^^)
    見慣れないラベルですが、特別純米枠囲と読めました。
    日本酒にはいろいろな製法がありますが(特に搾り方)、枠囲は聞いたことありませんので製法ではないのかもですね。^^;
    2019年01月18日 11:27
  • ヴィーノ

    >監督さん
    さすがお詳しい。さすがお強い。(^^)
    この初亀はヴィノスやまざきのオリジナルだそうです。静岡の酒米「誉富士」100%。枠囲は聞き忘れました(笑)。
    2019年01月18日 20:04