HDを破壊せよ

先日のWi-Fiルーター増設の際、NASを40cmほどの高さから落として壊してしまいました。この程度の衝撃で読み書きできなくなることに驚きましたが、幸いパソコンのバックアップ用だったので大事には至らず。新しいNASを購入し、一晩かけてパソコンからデータをコピーして復旧しました。

意外と困ったのは壊れたNASの処分。中には銀行口座のパスワードを記したメモなど、他人に見られたくないファイルがたくさん入っているので、そのまま不燃ごみに出すのは怖い。

画像


まずは自力で破壊を試みました。プラスチックの筐体を外して本体を取り出し、ハンマーで叩く、ドライバーでこじ開ける、プライヤーで潰す。わが家にある道具を駆使してみましたが、まったく歯が立ちません。あの程度でデータが読めなくなったのに、これほどの力で壊れないなんて・・・

かれこれ1時間近く格闘しましたが、無理だということが分かりました。戦いに敗れて次なる策をネットで検索・・・

画像


画像


結局秋葉原のソフマップに持ち込んで、ハードディスクに穴を開けてもらいました。予約不要。店頭で依頼し待つこと数十秒。あっというまに作業が完了しました。拍子抜けするほど簡単で、料金は税込み1,004円。1時間の攻防はなんだったのか・・・

教訓。簡単に壊れるものでも、完全に壊すのは難しい。50歳を超えても、学ぶべきことはたくさんあるようです。

画像






この記事へのコメント

  • 監督

    ありゃ、ヴィーノさん家にはドリルが無いんですか?
    う~ん、無いわなぁ、んなホテルみたいなお宅には似合わない道具やもんねぇ。
    うちなら、ギュイーン!って即時解決っす。^^)/
    2018年11月07日 13:06
  • アヒル

    簡単に壊れるけど完全に壊すのは難しい。そういうもの、他にもありそうですねえ。ある種の人間関係とか、、、
    2018年11月07日 23:29
  • ヴィーノ

    >監督さん
    そうか、ドリルがあれば自分でできたんですね。うちにあるのは自転車のメンテナンスができる道具ぐらいで、電動工具はないんです。(-.-)
    2018年11月08日 00:12
  • ヴィーノ

    >アヒルさん
    人間関係もそうですね。文化とか風習もそうかもしれません。我ながら、奥深いことを言っちゃいましたね。(^^)
    2018年11月08日 00:17