初めての花?

いまわが家を彩っているのは小輪で可愛いトルコギキョウ。八重咲きや覆輪など華美なものが多いのでこれまで目を向けなかったけれど、こういう可憐な品種ならいいなぁ。もしかするとトルコギキョウを自分で買うのは初めてかも。

画像


画像


大学時代の僕の恩師はトルコギキョウ研究の第一人者でした。彼がいなかったら、この花の普及は10年遅れていたかもしれません。恩師の指導のもと、常に3~4人の学生がトルコギキョウを早く咲かせる研究をしていました。僕の担当は別の花でしたけどね。

「自分で買うのは初めて」と書いたのはこのためです。当時は草丈や重さを測り、いらなくなった花がもらえたから、とても身近でした。あまりに身近過ぎて、その後もお金を出して買おうと思わなかったんです。

画像


上の2枚は8月下旬に撮ったもの。その後傷んだ花を取り除き、少しずつ姿を変えて、いまは3枚目の状態。ちょっとカタバミみたい。でもこの時期にこんなに長く楽しめるとは思わなかったなぁ。花もちの良さもトルコギキョウの魅力なんですね。まぁ今さらではありますが。




この記事へのコメント

  • サチ

    まさに「可憐」という言葉がぴったりですね。 ところで トルコギキョウ、なんですね。トルコキキョウ、と発音していました^^;

    そして、教えていただいた「キープ・フラワー」買いました!
    夏の間大活躍  書かれていた通り本当に花の持ちがいいです。
    いいものを教えて下さってありがとうございました
    2018年09月19日 20:26
  • ヴィーノ

    >サチさん
    「キープ・フラワー」ありがとうございます。わかっていただけて僕も嬉しいです。トルコギキョウ、トルコキキョウ、両方使われているようですね。トルコ原産でもキキョウの仲間でもないのに、不思議な名前ですね。
    2018年09月19日 22:08
  • サチ

    トルコ原産でもキキョウの仲間でもない のですね~
    2018年09月21日 21:11